愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1008
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1008

誰もが憧れる!光熱費0円住宅の特徴とメリット

近年メディアなどでも大きく取り上げられている、光熱費0円住宅は、誰もが憧れる最先端の住宅として、大きな注目を浴びています。ではその名の通り、本当に光熱費を0円に抑えることは可能なのでしょうか。実際にはどのような家なのでしょう。その特徴やメリットについて、光熱費0円住宅について詳しく紹介していきます。

電力を買わない!光熱費0円住宅とは?

光熱費0円住宅とは毎日の生活を快適に過ごすために必要不可欠なエネルギーを購入せず、自宅でエネルギーを自ら生み出せる住宅のことです。膨大な電力を消費する冷暖房や家電または照明など、月々にかかる光熱費を抑えることはなかなか容易ではありません。しかし光熱費0円住宅であれば光熱費が発生しないように作られた住宅であるため、毎月発生してしまう余計な光熱費の支払いに頭を抱えることもないでしょう。

また光熱費0円住宅は自然エネルギーを利用しているため省エネに特化しており、環境破壊の抑制にも繋がります。さらには高断熱が主流であるため、冬場の寒い時期でも毎日暖かく過ごすことができるのが特徴です。このように、環境保護にも特化した光熱費0円住宅。毎月かかっていた余分な光熱費を貯蓄やその他の使途に回すこともできるため、近年世界中から大きく注目されています。

光熱費0円住宅の基本システム1.太陽光発電

光熱費0円住宅の基本システムとして、一番に挙げられるのが太陽光発電です。太陽光発電とは太陽光エネルギーをソーラーパネルを仲介して電力に変えるシステムであり、自宅で生活に必要な電力を自ら作り出すことができます。それゆえに太陽光発電は光熱費0円住宅において必要不可欠なシステムであり、まずは太陽光発電を購入することこそが光熱費を発生させないための第一歩となるでしょう。

また太陽光発電システムには、自家消費の他にも売電というシステムもあります。太陽光発電システムが導入された当初は売電価格が高かったため、売電収入によって住宅ローンをなくすという画期的なシステムを備えた住宅が流行しました。しかしながら近年では年々売電価格が減少しているため、自家消費に切り替えている住宅が多くなっています。このように様々な使い道がある太陽光発電は、光熱費を抑えるために非常に有効なシステムです。もしも太陽光発電において電力を全て賄うことができるのであれば、光熱費を0円に抑えることも実現可能となるでしょう。

光熱費0円住宅の基本システム2.省エネ設備

光熱費0円住宅の基本システムとして、その他にも様々な省エネ設備が挙げられます。最近メディアなどでも多く耳にすることがあるエコキュート、空気中の二酸化炭素から発生する熱を集めてお湯を作る給湯システムです。このシステムはヒートポンプ式と呼ばれ、給湯器だけに限らず家庭用のエアコンなどにも使用されています。従来の燃焼式とは違い二酸化炭素の発生を抑えつつ還元するためエコ的な要素も強く、熱効率も燃焼式の3倍と省エネに特化しているのが特徴です。エコキュートは電気給湯器よりも導入するためのコストは高くなってしまいますが非常に長持ちするため、トータル的にみるとランニングコストは抑えることができます。

近年需要が一気に高まっているLED照明も、省エネ設備の代表格。白熱灯よりも消費電力が少ないにもかかわらず長持ちするため、家庭用だけにとどまらず様々な設備においてLED照明が普及しています。また低コストで購入できることも、照明の大きな魅力の一つと言えるでしょう。

その他にも節水機器や高効率冷蔵設備など様々な省エネ設備が、市場に出回るようになりました。このように多くの省エネ設備を住宅に設置することによって、消費電力を大きく節約することが可能となります。

光熱費0円住宅のメリット1.光熱費の節約

光熱費0円住宅のメリットとして一番に挙げられるのは、やはり光熱費を大きく節約できる期待が高いことでしょう。太陽光発電システムを取り入れることによって、光熱費の節約が大きく望めます。さらに様々な省エネ設備を設置することによって、より細いところまで光熱費を抑えることも可能です。

また住宅をオール電化にすることによって、ガス代は一切かからなくなります。オール電化とは、調理や給湯などに使用されている熱エネルギーを全て電力で賄っている住宅のことです。ガスの代わりに電気を使用して調理するIHクッキングヒーターは特に近年普及が著しく、IHクッキングヒーター用のフライパンや鍋なども数多く市場に出回るようになりました。給湯器に関しても、ガスでお湯を沸かすという一般的なシステムが変貌しつつあります。それは深夜電力という低コストの電力を使用し、深夜にお湯を沸かし日中に使えるようにしておくシステムです。エコキュートや電気温水器などがこのシステムを取り入れており、さらには暖房においてもエコキュートを活用した床暖房や深夜に蓄熱しておいた熱エネルギーを日中に利用する蓄熱ヒーターなどが、大きく注目を浴びています。このようにガスから電気へと使用するエネルギーを変えることは、経済面だけではなく安全面に関しても非常に有効的と言えるでしょう。

光熱費0円住宅のメリット2.使用電力の節約をしなくていい

光熱費0円住宅には、電気代節約のために無理をするというストレスを和らげるメリットもあります。使用電力を無理に抑える必要がないため、細かいことを気にせずに快適な毎日が過ごせるでしょう。

LED照明やエコキュートなど様々な省エネ設備を揃えていたとしても、過度に電気を使用してしまえばそれ相応の電気代はかかってしまいます。しかしながら太陽光発電を住宅に設置すれば電力を購入する必要もないため、電気代は一切かかりません。太陽光発電システムの導入コストはまだまだ高いですが、将来的に長い目で見ればトータル的なコストは断然低くなってくるでしょう。また例え大家族であっても使用電力の節約というストレスには悩まされないで済み、一人ひとりにかかる生活費も大きく抑えることができます。

さらには太陽光発電と省エネ設備を取り入れオール電化にすることによって、電気やガスの使い過ぎなどをいちいち心配する必要もなくなってくるはずです。

光熱費0円住宅のメリット3.夏は涼しく冬は暖かく

光熱費0円住宅では、夏は涼しく冬は暖かくと1年中快適に過ごすことができます。なぜならば光熱費0円住宅は、自然の風や光が住宅内に入ってくるような工夫された作りになっているからです。自然の風や光が入ってくることによって、人工の電気によって作られる風や光を使用する時間は自ずと減ってくるでしょう。

クーラーや扇風機の風は直に当たり続けると、免疫力を下げるなど身体に悪影響を与えてしまいます。人工の照明も然り、特にパソコンやスマートフォンなどのブラックライトを長時間見続けることによって自立神経を狂わせてしまうため注意が必要です。逆に自然の風に当たり光を浴びることは生物本来の姿でもあるため、自然と体の調子も良くなり免疫力も上がってくるでしょう。そして免疫力が高まることによって体温調節も正常になるため、人工的な電化製品を使わずとも自然が作る風や光によって夏でも涼しさを冬でも暖かさを実感することが可能になります。光熱費0円住宅とは、イコール自然の中で過ごしていた人間本来の生活を取り戻すことのできる住宅でもあるのです。

光熱費0円住宅のメリット4.余剰電気の売電が可能

光熱費0円住宅では、余剰電気の売電が可能な点も大きなメリットとして挙げられるでしょう。余剰電気とは太陽光発電システムで生み出した電力のうち、自宅で自家消費した分を差し引いた残りの電力のことです。この余剰電気は法令に定められた条件に則って、大手の電力会社が買取を実施しています。このように電力会社に余剰電気を買い取ってもらうシステムを売電と呼び、太陽光発電システムの普及に伴い一般人でも電気の売買が可能となりました。

ただし住宅用の太陽光発電システムにおいては、売電収入はそこまで多く期待はできません。しかしながら電気代の節約面から見れば十分過ぎるシステムでもあり、売電を継続することにより少額ではありますが貯蓄に当てることも可能です。

太陽光発電システムは、低炭素化社会の実現に向けて導入が推進されています。また市場拡大を図るために、「太陽光発電の余剰電力買取制度」が開始。売電システムの導入により無駄な電力を浪費することなく、電力の還元そして再利用が実現化されました。また一般家庭でも売電することが可能となったために、残った電力を放置させないという意識も高まっています。

光熱費0円住宅のメリット5.電力の貯蓄が可能

光熱費0円住宅には、電力の貯蓄が可能という大きなメリットもあります。太陽光発電システムで作った電気は、蓄電池や電気自動車を使用することによって電力を貯めることが可能です。電力を貯蓄することは生活をしていく上でも非常にプラスであり、様々なシーンによって大いに役立ってくれるでしょう。

例えば電気自動車であればガソリンなどの燃料費がかからないため、経済的な面で大幅に節約ができます。ガソリンの代わりに電気を使うため、二酸化炭素を排出することも一切ありません。そのため、エコの観点から見ても非常に有効的であると言えます。さらには災害や停電など緊急事態が生じた際にも、電源として活用することが可能です。

蓄電池も電気自動車と同様に、非常事態などで特に大きな効果を発揮してくれます。また電気自動車よりもコストが大幅に安いため、手に入れることもさほど難しくはないでしょう。

近年日本のエネルギー政策において、電気を蓄えておくというスキルは非常に重要視されています。大きな理由としては、従来の資源にはそれなりに限りがあるということ。このような資源に底が見えてきた現代であるからこそ、太陽光によって作られる電気は資源が無限大であり未来を担うエネルギーとして大変重宝されているのです。

光熱費0円住宅のメリット6.補助金制度

光熱費0円住宅において補助金制度を取り入れているのも、メリットの一つとして挙げられるでしょう。この補助金制度は住宅を購入するという上で非常に破格的な金額であり、2018年度においてはその金額は70万円もの大金となりました。ただしこの補助金制度、一定の要件を満たさなければ補助金を受け取ることはできません。

光熱費0円住宅において補助金を受け取るためには、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の要件を満たすことが基準となります。ZEHとは高効率な設備を有した省エネ住宅のことであり、省エネ、創エネ、断熱の三つの要件をクリアしていなければなりません。細かく述べると快適な室内環境と、年間で消費する住宅のエネルギー量がほぼ0以下である住宅環境を同時に兼ね備えている省エネ住宅のこと。近年では全国のハウスメーカーや工務店など数多くの業者が、ZEHビルダーに登録しています。さらには低炭素住宅の追加条件もクリアすることによって、補助金を20万円ほどプラスすることも可能です。

このようにZEHが日本全国に普及し始めた背景には、各家庭におけるエネルギーの需給構造を根本から見直すという大きな意味合いがあります。特に東日本大震災によってエネルギー価格は不安定化の一途をたどり、また電力の需給も切迫してしまいました。これにより日本政府は電力やガスなどのエネルギー資源の見直しを重視し、太陽光発電など新しい資源の開発にも積極的に取り組んでいます。同時に一人一人の生活にも焦点を当て、無駄にエネルギーを使用することなくなおかつ生活に負担のかからないエネルギーの供給を推進し始めたのです。

ZEHの要件を満たした住宅には、地球上にある資源を節約しつつ光熱費を抑えて暮らすことのできる設備が十分に整えられています。なおかつ合計すると100万円弱の補助金を手に入れることも可能であるため、今後住宅の購入を視野に入れている方にとっては特にお勧めと言えるでしょう。

まとめ

このように光熱費0円住宅とは、住人にも環境にもとても優しい家と言えるでしょう。これほどまでに良いこと尽くしの光熱費0円住宅ではありますが、購入する際には依頼する業者を慎重に選択しなければなりません。なぜならば光熱費0円住宅は非常に高性能な設備を揃えているため、近年は特に様々な業者が目を付けているからです。関わってくる業者が増えるほどに、考えたくもありませんが悪徳業者が混じってくる可能性もあります。

このようなリスクを避けるためにも業者選びは慎重に行い、なおかつ複数の業者から選択することも忘れてはなりません。複数の業者から見積もりを出してもらうことによってそれぞれの業者を比較することができるため、希望する金額に近い形での購入も可能となります。一世一代の大きな買い物でもある光熱費ゼロ円住宅購入、信頼できる業者を見つけることを意識しておくことが大切です。

他にも読まれている記事

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる