愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1035
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1035

導入しなければ良かった?オール電化で後悔しないコツ

自宅をオール電化にするには、それなりに費用がかかります。それだけに、導入した後でオール電化にしなければよかったとは思いたくないものです。導入した後にどんなことに後悔しがちなのかを知っておいて損はありません。この記事では、自宅をオール電化にしようかと迷っている人を対象に、オール電化を導入しなければよかったと感じがちなことや、後悔しないためのコツを紹介します。

オール電化とは?

“オール電化とは、住宅にある家電や設備などのすべてを、電力の利用によってエネルギーの供給を行うものに変更することです。たとえば、調理に使っていたガステーブルを「IHクッキングヒーター」に変えたり、ガスの給湯器を「エコキュート」や「電気温水器」に変えたりします。暖房器具では、石油ストーブやガスファンヒーターなどを「エアコン」や「床暖房」、「蓄熱ヒーター」などに変えたりすることです。オール電化を広い意味でとらえると、太陽光発電を導入して、自宅で使う電気を自宅で作ることも含まれます。オール電化住宅とは、オール電化が導入された住宅のことです。

オール電化を導入することによって、これまで光熱費としてかかっていたガス代は0円になり、電気代だけを支払えばよくなります。ガスからオール電化に変えるメリットは、光熱費が安くなることです。オール電化の場合は、料金が割安な深夜電力を使って、1日に必要なお湯やエネルギーを調達することができます。その結果、ガスと電気を両方使用している状態よりも光熱費が安くなるのです。光熱費を節約できることは、家計にもやさしいといえるでしょう。”

オール電化の普及率

“オール電化の普及率は、2015年度には30万戸という結果になっています。東日本大震災以降、オール電化の戸数は前年度と比較して減少している傾向です。これは、既存電力会社がオール電化の営業自粛を行っていることが原因といわれています。さらに、2016年の電力の小売り完全自由化によって、既存電力に依存することを不安に感じる人も少なくありません。そのことも、オール電化にする住宅が減少した一因といえるでしょう。

オール電化、都市ガス、LPガス・灯油採用住宅の割合は、オール電化が11.8%、都市ガスが47.4%、LPガス・灯油が40.8%(いずれも2015年度)で、都市ガスが増加し、LPガス・灯油住宅が減少している傾向です。オール電化は新築、既に建設されている住宅において伸び率は低くなっています。一方、LPガスの普及率が高い九州・中国・四国エリアでは、LPガス住宅からオール電化に移行する住宅や新築のオール電化住宅が増加する予想です。また、太陽光発電は、余剰電力の売電や電力の自家消費ができるため、オール電化住宅との相性も良いといわれています。

太陽光発電システムを設置した住宅は、再生可能エネルギーの買取制度の開始とハウスメーカーが積極的に提案を行ったことにより、増加してきました。ただし、買取価格が下落し、新築戸数も減少したことから、2013年をピークとして太陽光発電を新たに設置する件数は減少傾向です。今後は、買取価格の下落や買取期間の終了などにより、太陽光発電システムの設置数は減少することが予測されています。しかし、大手ハウスメーカーを中心としてゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の標準化を目標として掲げているため、今後も一定規模で推移するという予測です。”

オール電化と相性の良いエコキュートとは

“「エコキュート」とは、電力会社や給湯機メーカーが「自然冷媒CO2ヒートポンプ式給湯機」の愛称として使っている名称です。ヒートポンプの技術を取り入れた電気給湯器で、お湯を沸かすときに空気の熱を利用します。2001年に販売が開始され、省エネや電気代の節約ができることから普及し、2018年6月末の出荷数は600万台を突破しました。エコキュートは、室外に設置したファンが集めた外気の熱を圧縮機で高温にしてお湯を沸かします。空気の熱を利用することによって、投入した電気エネルギーの3倍以上の熱エネルギーを得られるのが特徴です。その結果、省エネルギーにも貢献できるだけでなく、従来型の給湯器と比較してCO2の排出量を削減できます。

エコキュートを導入することの最大のメリットは、電気料金の安い深夜電力を利用するため、光熱費が安くなることです。実際にエコキュートを購入した人の49%が、光熱費を安くしたかったことを購入の決め手として掲げています。また、断水のときには、タンクにたまっている水を非常用に使うことができ、停電のときも、タンクにたまった水を取り出すことが可能です。防災意識の高まりと共に、これらのメリットも注目されています。”

オール電化で後悔しがちなこと1:初期費用が高い

“オール電化にするためには、使っているガス機器をオール電化に対応した機器に変更しなければなりません。設置にかかる費用は機種によって差があります。IHクッキングヒーターは10~15万円、エコキュートが25万円、工事費が15~20万円ほどで、合計すると50~60万円ほどが必要です。器具のグレードを落とせば安くすることはできますが、基本的に数十万円単位の出費を覚悟しておかなければなりません。ガス給湯器を導入する場合のコストが工事費込みで20万円ほどになるため、両者を比較するとオール電化にするための初期費用が高い印象は否めません。

なお、設置をするにあたっては、初期費用だけでなくランニングコストについても考えなければなりません。オール電化の初期費用は50~60万円ほどかかりますが、オール電化を導入したことで光熱費が安くなるため、日々のランニングコストを抑えられるといえます。エコキュートはガス給湯器に比べると、ランニングコストは約5分の1です。ガスで給湯している場合は、月平均の給湯費は約6000円ですが、エコキュートにすると月1000円台になります。

また、オール電化にすれば、ガスの基本料金やガス代も必要ありません。都市ガスの基本料金は全国平均が約900円であるため、都市ガスを利用していた人がオール電化にすると、1年間では最低限でも約1万800円の節約です。先で述べたようにエコキュートで光熱費は月に5000円ほど安くなるため、年間では6万円ほどの節約になります。ガスの基本料金と合わせると、ランニングコストは年間で約7万800円の節約になり、初期費用の元が取れるのに8年ほどかかるといえるでしょう。”

オール電化で後悔しがちなこと2:停電すると使えない

“オール電化にすると、停電時に使えないことでも後悔しがちです。オール電化を導入していない家の場合は、停電したとしてもガスや水道が使えるなら調理やお湯を沸かすことはできます。しかし、オール電化の場合は、電気が使えないだけでなく、生活していく手段がなくなる可能性が高いです。ただし、オール電化でお湯を沸かす給湯タンクは、停電したときに即使えなくなるわけではなく、タンクに水がある間は生活用水として使うことはできます。しかし、タンクの中の水であるため、衛生上の問題から飲料水として使うのは難しいです。

大規模災害が起こった場合は、電気だけでなく水道やガスなどのライフラインが止まることも少なくありません。ライフラインが復旧するまでの時間は、電気、ガス、水道の中では電気が一番早いといわれています。ちなみに、阪神・淡路大震災のとき、電気は倒壊家屋を除いて6日間・ガスは倒壊家屋を除いて84日間・水道は全戸が90日で復旧しました。しかし、災害はいつ起こるか分からないこと、起こったときにライフラインが寸断される可能性があることを考えると、大規模災害に向けての備えは不可欠だといえるでしょう。”

オール電化で後悔しがちなこと3:周波音

“エコキュートが騒音トラブルになり、訴訟問題まで発展したことがあります。エコキュートの音自体は40db程度で、静かな住宅地の昼間の音量と同じくらいです。エアコンの室外機の音が50~60db程度であることを考え合わせれば、エコキュート自体の音が問題になることはあまりないといえるでしょう。エコキュートで問題になるのは、周波音です。エコキュートの騒音は本体ではなくヒートポンプユニットから発生します。ヒートポンプユニットから発生するのは、12.5Hzの低周波で、普段は耳に聞こえる音ではありません。しかし、聞こえなくても身体に反応が出ることがあります。エコキュートの音を騒音だと感じる人と感じない人がいるため、問題は簡単ではありません。エコキュートは深夜に稼働するため、騒音問題が発生するのも深夜です。低周波音が気になる人は、不眠症になる場合もあります。

また、エコキュートが稼働しているときに周りの家が共振すると、地震に似た揺れを引き起こしてしまうのです。その結果、家の中にいるときに、ずっと家が揺れているような感覚に陥ることがあります。他にも、エコキュートから出る排気は外気温よりも10℃ほど低いため、冬場に隣の家に排気がかかると、そちらの暖房効果が悪くなることがあり、注意が必要です。これらの事象に関して近隣から苦情が出た場合は、何らかの対処を行わなければなりません。”

オール電化で後悔しがちなこと4:電磁波が気になる

“オール電化にするにあたって、電化製品から出る電磁波が身体に悪影響を及ぼすのではないかと心配する人がいます。しかし、実際はオール電化にしたからといって電磁波が強くなるわけではありません。電磁波は自然界にも存在しており、大量に浴びると人体に影響を及ぼすといわれることがあります。家電では電子レンジが最も電磁波を出しているといわれていますが、IHクッキングヒーターも電子レンジと同様に強い電磁波を出していると考えるがゆえに、不安に思う人がいるのでしょう。

ICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)のガイドラインによると、IHクッキングヒーターの電磁波は不均一で、人体へ作用するのは部分ばく露になります。部分ばく露の場合は、全身ばく露に比べると人体への作用は少ないです。また、IHクッキングヒーターの周波数は一定でないため、ガイドラインに適合しているかを調べる測定方法が国際規格で定められています。測定値が100%を超えなければICNIRPのガイドラインに適合しているとされている中、IHクッキングヒーターの測定値は100%を大きく下回る結果です。

また、電磁波には発がん性があることを心配する人もいます。しかし、電磁波の危険性は、「発がん性があるかもしれない」という分類に入り、これはコーヒーや漬物と同レベルです。実際、電磁波と病気の因果関係はありませんが、精神的に気にしてしまうなど、不安な気持ちを抱くケースがないとはいえません。”

オール電化で後悔しがちなこと5:調理器具が制限される

“オール電化にすると、調理はIHクッキングヒーターで行うことになります。IHクッキングヒーターで調理をするときは、対応した鍋やフライパンを使わなければなりません。IHクッキングヒーターで使えるかは、鍋の材質や底の形などで決まります。IHクッキングヒーターには、鉄・ステンレス対応IH、オールメタル対応IHの2種類があり、それぞれの機種によって使える鍋もさまざまです。

耐熱ガラス・土鍋・セラミックスは、いずれのタイプのIHクッキングヒーターにも使えません。いずれのIHクッキングヒーターにおいても使える鍋は、底が平でトッププレートに密着することが条件です。鍋が反っているものや足つきのもの、中華鍋のように底が丸いものは使えません。鉄・鉄鋳物・鉄ホーロー・鍋底に磁石がつくステンレス一層鍋は、どのタイプのIHクッキングヒーターでも使えます。逆にいえば、それ以外の材質の鍋は、オールメタル対応IHでは使えても、鉄・ステンレス対応IHでは使えない場合が少なくありません。そのため、新たに鍋を購入する際には、IH対応であることを確認することが必要です。また、これまで使っていたものが使えなくなる場合は買い替えをしなければならないため、出費が増えてしまいます。”

エコキュートで後悔しがちなこと1:設置場所を選ぶ

 

“エコキュートは、エアコンの室外機に似た「ヒートポンプユニット」と作り出したお湯を貯める「貯湯ユニット」の2つで構成されます。装置が1つであるガス給湯器と比べると、設置するのに場所が必要です。そのため、マンションやアパートなど、ベランダがあまり広くない場合は、エコキュートを設置する場所に苦慮することがあります。薄型タイプとして幅が45cm程度のものも出てきているため、スペースがあまりない場合はこうしたものを選ぶのも1つの方法です。さらに、エコキュートのヒートポンプユニットから出る低周波音が、近隣の住民と騒音問題のトラブルになるケースがあることを考慮に入れなければなりません。

ハウスメーカーと契約した場合、間取りを決める前にエコキュートの低周波による騒音トラブルについての説明を受けることになります。エコキュートは、一度設置してしまうと場所の変更をするのが難しいケースは少なくありません。また、近隣の住民とトラブルになってしまうと、快適に住み続けることも難しくなるでしょう。そのため、エコキュートの設置場所を決める際には、近隣に迷惑をかけないように十分に検討することが不可欠です。また、エコキュートの設置には、省エネについても考慮することがポイントとなります。風呂場、洗面所、キッチンのなるべく近くに設置すれば、お湯が出るまで時間がかからないため、効率が良いです。”

エコキュートで後悔しがちなこと2:水圧が弱い

“ガス給湯器からエコキュートにしたことによって後悔しがちなことの1つに、シャワーの水圧が弱くなることが挙げられます。ガス給湯器は水道直圧式なのに対してエコキュートはタンクにお湯を貯める方式であることから、シャワーの勢いが弱くなってしまうのです。エコキュートでお湯を貯めるタンクは耐圧に限界があるため、タンクに給水するときに減圧弁で水道圧を減圧します。給湯やお風呂のお湯張りは、減圧された状態の水を加熱するため、台所とお風呂の2か所で同時にお湯を出すなどすると、シャワーのお湯が勢いよく出ないと感じてしまうのです。

エコキュートとガス給湯器の水圧を比べると、エコキュートの標準タイプのものは170kpaであるのに対して、ガス給湯器は500kpaになります。つまり、エコキュートの水圧はガス給湯器の3分の1になってしまうわけです。エコキュートでシャワーの水圧が弱くなったという声に応え、減圧弁の設定を300kpa程度にした高圧給湯タイプの製品も発売されてきています。高圧給湯タイプなら、シャワーの水圧はガス給湯器に劣りません。2階の浴室でシャワーを使っても気にならないでしょう。また、シャワーの水量を全開にしなくても快適にシャワーが浴びられます。”

エコキュートで後悔しがちなこと3:湯切れする

“エコキュートを導入するにあたっては、湯切れする可能性があることに注意しなければなりません。湯切れとは、貯湯タンクの中のお湯がなくなり、お湯が出なくなることです。エコキュートでは、水道管から冷たい水が貯水タンクの下に流れ込みます。その水がヒートポンプに送り込まれて90度近くまで温められ、貯水タンクの上部に注がれるのです。貯水タンクの上部にある熱湯が温度調節弁に送り込まれて、熱湯と水道水が設定温度に調節されてから給湯されるという流れになります。

給湯で使われたお湯の分だけ水道水が補填されるため、タンクの中は常に満タンの状態です。エコキュートの湯切れは、蓄えた熱湯を使い切ってしまい、タンクの中が低温の水だけで満たされてしまった場合に起こります。エコキュートのヒートポンプユニットは、ガス給湯器のように瞬間的にお湯が出てくるわけではなく、お湯ができるまで一定の時間が必要です。そのため、蓄えたお湯を使い切ってしまうと、次にお湯が出てくるまでに時間がかかります。そのため、エコキュートにする場合には、湯切れしないように対策をしておくことが必要です。”

エコキュートで後悔しがちなこと4:修理代が高い

“エコキュートが故障してしまったら修理をするしかありませんが、修理代が高いことが気になる人は少なくありません。エコキュートで起こりがちな故障としては、お湯が出ない・足し湯ができない・ヒートポンプユニットからの水漏れなどがあります。修理代は故障した場所や内容によってさまざまですが、大体の目安を知っておくといざというときに慌てずに済むでしょう。

エコキュートの中でも故障しがちなのは配線が集まっているヒートポンプユニットです。ヒートポンプユニットの修理代は15万円くらいかかる場合があります。水漏れや凍結・劣化などで配管が破裂したりパッキンの交換が必要になったりする場合の修理代は1万円くらいです。お湯を貯める貯湯タンクはしばしば故障する場所ではありませんがそれでも故障してしまった場合、修理代は30万円ほどかかることも少なくないでしょう。この場合は、修理よりも買い替えを視野に入れたほうが出費を減らせる可能性が高いです。”

オール電化で後悔しないコツ1:蓄電しておく

“オール電化にした場合、エコキュートは電気代の安い深夜電力を使ってお湯を沸かすため、深夜電力の割引プランへの加入を勧められることが多いです。深夜電力割引プランを利用すると、深夜の電気代は安くなる一方で、昼間の電気代は一般のプランと比べて割高になります。ライフスタイルはさまざまであるため、日中家に誰かがいる場合や子供がいる場合は、かえって光熱費が高くなるケースも少なくありません。光熱費を安く抑えたり停電時にも困らないようにしたりするために、家庭用蓄電池を導入する方法があります。

蓄電池は、夜間の割安な時間帯に電力を貯めておき、日中に使うコンセプトになっているため、昼間の割高な電気を買わずに済み、電気代を安く抑えることが可能です。ただし、蓄電池を導入する際には初期費用がかかります。初期費用の目安は、1kwhあたり20~30万円です(工事費・諸経費込み)。また、充電を繰り返すことで充電効率が下がるため、10~15年ごとにバッテリー交換の維持費がかかります。蓄電池をレンタルする方法もあり、2018年の時点で存在しているプランでは、月々にかかる利用料と撤去費用、10年間の契約が必要です。”

オール電化で後悔しないコツ2:追いだきは控える

“エコキュートでは、お風呂を追いだきしたり保温したりすると、電気料金が高くなってしまいます。追いだきや保温は、タンクの熱を熱交換器でぬるいお湯に移すことにより、温め直しをする仕組みです。その結果、使った分のタンクの熱は減ってしまいます。エコキュートには「足し湯」と「高温足し湯」があり、足し湯はお湯が足りないとき、高温足し湯はお湯の温度がぬるいときに使う機能です。

高温足し湯は、タンクの中のお湯をほとんど水で薄めずにそのまま足します。一方、追いだきはタンクの熱を使って間接的にお湯を温める方法です。そのため、高温足し湯のほうが追いだきよりも効率が良いといえます。金銭的な面でも、水道代よりも電気代のほうが高いため、追いだきよりも高温足し湯のほうが安いです。同様に、前日のお風呂を翌日に沸かし直しするよりも、新たにお湯を張るほうが省エネになります。お風呂の水がもったいないと思うなら、洗濯などで使うとよいでしょう。”

オール電化で後悔しないコツ3:太陽光発電にする

“オール電化にすると、夜間電力が安く昼間の電気料金が割高の設定になっているプランを利用することがほとんどです。昼間はほとんど電気を使わない場合はお得ですが、たとえば夫婦共働きで昼間家にいなくても、冷蔵庫などの家電は昼間も稼働しています。太陽光発電を導入していれば、雨の日などを除いて昼間の高い電気を購入せずに済むのです。自宅の屋根に設置した太陽光パネルで発電した電気を自宅で使い、余った分を電力会社に売電することもできます。太陽光発電で発電している時間帯と、オール電化で電気代が高い時間帯がちょうど一致するため、オール電化にする場合は、太陽光発電を合わせて検討するといいでしょう。

また、太陽光発電と蓄電池には相乗効果もあります。太陽光発電は太陽が出ている間しか発電することができません。また、電力会社への売電単価も下がり続けています。その結果、蓄電池に電気を蓄えて自宅で使おうと考える人が増えてきました。夜間や雨の日など、発電ができないときでも、電気料金の安い夜間電力を蓄電しておければ、料金の高い昼間の電気をほとんど買わずに済みます。”

まとめ

オール電化を導入することにはメリットもデメリットもあります。導入を検討するにあたっては、両方に目を向けて、特にデメリットをどのように解消していくかを考えていくことがポイントです。オール電化にするには初期費用がかかるものの、ガス代が必要なくなるため光熱費を節約することができます。また、電気代を節約するためには、オール電化と相性の良い太陽光発電も合わせて考えていくとよいでしょう。太陽光発電に興味がある人や、疑問がある人はヒラソルに問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

他にも読まれている記事

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる