愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1032
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1032

低価格なテスラの蓄電池!パワーウォールのメリットとは?

家庭用蓄電池の購入を検討していると低価格なテスラの蓄電池に目が留まることがあります。テスラの家庭用蓄電池は、どうしてそれほど安いのでしょうか。テスラの家庭用蓄電池を導入することで得られるメリットにはどんなものがあるのでしょう。そこで、テスラの家庭用蓄電池の特徴や導入によって得られるメリットなどを詳しく紹介します。

テスラとは?自動車関連商品も扱うメーカー

テスラは、アメリカの電気自動車メーカーとして設立されました。エネルギー資源の減少が問題視されているガソリン車に代わり、持続可能なエネルギーを使用する車を世界へ送り出している会社です。100%電気自動車を生産しているテスラは、クリーンエネルギーの拡張を目指しています。さらに、クリーンエネルギーを生み出す蓄電システムの開発にも力を入れているのが特徴です。このテスラの蓄電システムは、これまでの市場価格を大きく下回る物であり、その破格さが世界を驚かせました。さらに、化石燃料に依存することなく暮らせる未来を目指したテスラは、2016年にアメリカで太陽光パネルの設置や販売を行っていたソーラーシティを買収しています。このことにより、太陽光パネルの分野にも参入し、各国からの注目を集めているのです。

テスラの動向1:オーストラリア

“2016年、南オーストラリア州に嵐が起こり、送電塔が破壊されるという災害が起こりました。それにより、南オーストラリア州は完全な停電に見舞われたのです。そんな南オーストラリア州の蓄電施設の建設に協力したいと申し出たのがテスラでした。そして、テスラは2017年、南オーストラリア州にリチウムイオン蓄電システムを建設します。その後、2017年12月1日に電力の供給が開始されたのです。南オーストラリア州に建設された蓄電システムのパワーパックは3倍強力と称され、1時間分の電力が3万戸分供給できるものでした。この、テスラの蓄電施設が設置されたことは、電気の市場データを大きく変える結果となったのです。

テスラが蓄電システムの運転を開始してから、わずか4カ月で気域の電力供給サービスの料金が90%も下がりました。そして、テスラの蓄電システムが南オーストラリア州の電力関連収益の55%以上を占めたのです。オーストラリア政府はテスラの蓄電システムに対し、9千万オーストラリアドル(1ドル(AUD)=83円)を投資しました。これは、日本円に換算すると約74億2千万円にものぼります。しかし、わずか4カ月で驚くほどの成果を見せたことから、この投資には意味があったといわれています。南オーストラリアでのテスラの蓄電システムの成功には、世界の電力システムが刷新するかもしれないといった期待が寄せられているのです。”

テスラの動向2:パナソニック

“テスラは、2014年にアメリカのネバダ州にリチウムイオン電池を生産する巨大工場の建設を始めました。これは、ギガファクトリーと呼ばれる工場で、全世界で1年間に生産されるバッテリーの量を上回る生産量を誇ります。2017年1月にギガファクトリーの一部が完成した際、テスラはパナソニックとの共同で生産を始めたことを発表しました。リチウムイオン電池を量産することを目的に、テスラはパナソニックと提携を結んだのです。

テスラとパナソニックは、これまでにもEV用バッテリーの生産で提携をしていました。そのため、リチウムイオン電池の量産で提携を結ぶことは自然な流れでもあったのです。ギガファクトリーの建設にあたり、パナソニックも20億ドルもの予算を投じ、テスラとの共同生産に意欲を見せています。ギガファクトリーの土地と建物はテスラが用意し、パナソニックは、蓄電池の生産に必要な設備や機械、工具などを用意しました。

2017年1月4日から生産が開始されたのは、テスラの定置型蓄電ユニットの「Power Wall 2」と「Power Pack 2」に向けた蓄電池です。ギガファクトリーで作られるリチウムイオン電池には、パナソニックがトップレベルの変換効率を誇る「HIT太陽電池」のセル製造技術が駆使されました。リチウムイオン蓄電池の「セル」をパナソニックが生産し、テスラはパナソニックからセルの供給を受け、モジュールパックを生産します。このパナソニックが生産するリチウムイオン蓄電池セルは「2170セル」と呼ばれているものです。直径21mm、高さ70mmの円筒形電池の2170セルは、パナソニックがテスラのために開発しました。”

テスラの動向3:三井物産の実証

テスラの蓄電池とパワーパックは、三井物産の実証実験にも使用されました。これは、三井物産が分散型電源による電力系統安定化を図るために行った実験です。電力使用の効率化を目的とした試験であり、この実験によってピークカットやエネルギーマネジメントの実用性と、電力事業者のニーズに応じた調整電力の供給が可能かどうかが検証されました。

蓄電池とはバッテリーのこと

“蓄電池とは、バッテリーのことを指します。充電を行うことで電気をため、繰り返し使用が可能な電池のことです。世界で鉛蓄電池の製造に初めて成功したのは、1985年のことでした。日本の島津製作所によって初めて作られた蓄電池は、その後も、日本が蓄電池の世界シェアにおいてトップを保ち続けることに貢献しています。自動車だけでなく、航空機や農業機械といった各種車両にも広く使用されてきた蓄電池は、小型の電子機器やモバイル端末でも利用され、現代の生活においてなくてはならない存在となりました。

電気自動車やハイブリッド車、太陽光発電住宅などにも蓄電池は使用され、安全で便利な生活を生み出しています。蓄電池にはさまざまな種類がありますが、普及がすすんでいるのは鉛蓄電池のほかに、ニッケル水素電池やリチウムイオン電池などがあります。鉛蓄電池は自動車などのバッテリーとして使われることが多いのが特徴です。また、ニッケル水素電池は、乾電池型二次電池やハイブリッドカーの動力源として広く取り入れられています。リチウムイオン電池はモバイル機器のバッテリーとして使われ、私たちの暮らしを支えているのです。”

市場拡大の傾向を見せる蓄電池

“日本には固定価格買取制度があり、この制度によって、電気会社は太陽光発電などの再生可能エネルギーで発電した電気を、一定の期間は同じ価格で買い取らなければならないと定められています。この制度に定められている一定期間というのは、10kW以下の住宅用太陽光発電で10年間です。10年間は買取義務保証期間があることから売電をする人も多くみられますが、それ以降の売電に関して注目が集まりつつあります。というのも、2019年は住宅用太陽光発電の買取義務保証期間がスタートしてからちょうど10年目にあたるのです。そのため、2019年に買取義務保証期間が初めて終わりを迎えることになります。買取義務保証期間中には高値で売電が行われてきたものの、これから先の買取価格は、いまだにはっきりと決められていません。

固定価格買取制度は、太陽光発電がそれほど普及していなかった2009年11月に住宅用太陽光発電の余剰電力買取制度として制定されました。当時、国は住宅用太陽光発電の普及を目指していたため、それまでより高額な買取価格での取引を推奨していたのです。その後、2012年に固定価格買取制度が制定されますが、住宅用太陽光発電が普及するにつれ、買取価格は下落傾向にあります。そういった理由から、固定価格買取制度が終了する世帯において、売電よりも自ら電気を消費するケースが増えることが予想されているのです。作りすぎた電気を無駄にしないためにも、余力電力をためる蓄電池の需要も増えるといえるでしょう。”

家庭用蓄電池の活用方法を確認しよう

“家庭用蓄電池は、太陽光発電と組み合わせて使うことで、余剰電力をためておくことが可能です。日中、太陽光によって発電された電気をためることで、電気を作り出せない夜間にも、自宅で発電した電気が使用できるようになります。夜間足りない分は電力会社から購入することで、電気代を安くおさえることができます。また、それほど電力を使用しない夜間の電力をため、日中に活用することも可能です。

夜間は電力が割安になることも多いため、昼間などの電力ピークの時期に夜間電力で備えた電気を使用すると日中に使用する電力量がおさえられます。これをピークカットといい、電気代の大幅な節約につながるのです。さらに、家庭用蓄電池と太陽光発電を組み合わせて使用すると、停電時でも蓄電システムへと充電され、あらかじめ設定した家電製品に電力供給が行われます。そのため、停電時でも昼夜を問わずに電気の使用が可能です。停電時の非常用電源として活用できることで、災害時にも安心であるといえるでしょう。”

テスラの蓄電池の特徴

“テスラの家庭用蓄電池として知られているのが「パワーウォール」です。家庭用の置型蓄電池であるパワーウォールは、日中にためた余剰電力を蓄えます。また、100%セルフパワーなのもパワーウォールの特徴でしょう。太陽エネルギーとパワーウォールの組み合わせによって、自家発電で家庭の電力のすべてが賄えるようになるのです。ソーラーパネルが日中に家庭で使用するよりも多くの電気を発電することに目を付けたパワーウォールは、その余剰蓄電を蓄えることによって日没後にも家庭に電力を供給します。また、停電時にも太陽エネルギーが家庭に電力を供給し、パワーウォールに充電し続けるのです。

停電が起こると、パワーウォールは電力会社から送られる電力網との接続を切断し、数分の1秒で家庭への電力供給を復旧させます。その復旧の速さは、停電時でも照明や電化製品の利用を中断することがないほどです。それだけでなく、停電が発生したことに気づくこともないでしょう。また、太陽光発電システムとパワーウォールを一緒に使用することで、太陽エネルギーが家庭に供給されパワーウォールを充電し続けます。もし、太陽光発電だけであれば停電時に太陽光発電システムが稼働することもないのです。さらに、パワーウォールは最大で10台まで接続が可能です。より多い電力が蓄えられることから、電力の使用量が多い家庭でも安心して使えます。”

テスラの蓄電池のメリット1:容量が大きい

“テスラの家庭用蓄電池のメリットとしてあげられるのは、まず、容量の大きさでしょう。テスラのパワーウォールの容量は、13.5kWhとかなり大きいのが特徴です。13.5kWhと聞いてもピンとこない人も多いかもしれませんが、これは携帯電話やノートパソコンに内蔵されているような蓄電池の容量とは大きく異なります。13.5kWhもあれば、2LDKの一般家庭が使用する丸1日分の電力が蓄えられるのです。

初代パワーウォールと比較すると2倍のエネルギー密度があるパワーウォールは、他メーカーの家庭用蓄電池の容量と比較してもその容量の違いに驚かされます。一般的な他メーカー容量は5.0~7.8kWhですので、2倍以上の容量があるといえるのです。さらに、10台まで連結が可能なので、最大で135kWhまで増やすことができます。それだけの大容量でありながら、コンパクトな設計もパワーウォールの特徴でしょう。サイズは1150mm×755mm×155mm、総重量は120kgですので、設置場所に困ることもありません。”

テスラの蓄電池のメリット2:価格が安い

“テスラの家庭用蓄電池は、価格が安いこともメリットのひとつです。優れた性能と低価格を実現しているといわれるパワーウォールは、1台あたり82万5000円で販売されています。これは、1kWあたりで考えると6万1111円です。家庭用蓄電池の価格の相場は、90万弱~160万円くらいであり、1kWhあたりの価格では約20万円が平均的な相場です。そのことを考えると、1kWあたり10万円を下回る蓄電池というのはめずらしいといえます。また、一般的な家庭用蓄電池は容量が小さいものが多いといえるでしょう。テスラのパワーウォールと同じだけの蓄電容量を設置することを考えると、200万円近くの差が出ることになるのです。

破壊的ともいわれる価格で販売されているテスラの蓄電池ですが、価格を上回る機能性と容量を備えていることは言うまでもありません。また、テスラの蓄電池は導入にかかるコストが安いのも特徴でしょう。一般的な太陽光発電システムで発電される電力は直流ですが、家庭で使えるのは交流です。そのため、太陽光で発電した電気であっても直流から交流に切り替える必要があります。直流から交流へと切り替えるためにはインバーターが必要で、一般的な太陽光発電システムではインバーターを別に用意しなければいけません。その点、テスラのパワーウォールにはインバーターが内蔵されています。そのため、インバーターを別に購入する必要はなく初期費用もおさえられるのです。”

テスラの蓄電池のメリット3:設置が簡単

“テスラの家庭用蓄電池のメリットの3つめには、設置の簡単さがあげられます。家庭用蓄電池は床置きのものが多く、見た目にもデザイン性の高さが感じられない製品が多くみられていました。それに対して、テスラの家庭用蓄電池は取り入れやすいシンプルなデザインが特徴です。さらに、パワーウォールの設置方法には床置きと壁掛けの2種類がありますので、自分の好きな設置方法が選べます。壁に取り付けることで、住宅をスッキリとした見た目に保てるでしょう。最大で10台まで連結して使用でき、屋内外を問わず、どのような大きさの建物であっても自由自在に設置が可能です。

また、壁掛けを選んだ場合でも、簡易施工で簡単に取り付けられるのも魅力でしょう。しかしながら、重量が120kgもありますので、木造住宅の場合には補強をしておくと安心です。床置きの場合には設置工事の必要がありませんので非常に簡単に設置できます。さらに、パワーウォールはコンパクトなため、設置にも場所をとりません。色のバリエーションも豊富で、白・濃赤・紺・グレー・ライトパープルの6色から選ぶことができます。建物との色のバランスを考え、自分にぴったりのパワーウォールが選べるのもメリットのひとつです。”

テスラの蓄電池のメリット4:アプリが優秀

テスラの家庭用蓄電池のメリットには、アプリとの連結によって広がりを持った活用ができることがあります。このアプリは、テスラの太陽光発電とあわせてパワーウォールをスマートフォンと連携させることで使用できます。アプリでは、使用した電気量がチェックでき。雨の日や曇りの日といった発電効率が下がりがちな日であっても、電力供給の準備をしている場合にはお知らせが受けられます。電気をどのくらい使用したのか、どのくらい発電しているのかを外出先からでも確認が可能です。このアプリでは、パワーウォールだけでなく、ソーラーパネルやModel S、Model Xといったテスラの発電システムに一度にアクセスができます。アプリを使用することで自動的に管理もできますので、非常に便利であるといえるでしょう。

テスラの蓄電池のメリット5:耐久性が高い

テスラの家庭用蓄電池のメリットの5つめには、耐久性の高さがあげられます。屋外に設置することの多い蓄電池は、設置場所によっては砂ぼこりや雨水の被害を受けやすいこともあるでしょう。しかしながら、テスラの家庭用蓄電池は防水防塵構造ですので、屋内はもちろんのこと屋外でも安心して設置が可能です。また、電気を蓄える設備であることから家庭用蓄電池には漏電の危険性もありますが、漏電対策にも万全を期していますので、素手で触れても感電することがありません。さらに、排熱口や外側に露出している配線等もありませんので、小さい子供がいる場合でも安全であるといえるでしょう。その他にも、テスラの家庭用蓄電池には10年間の補償がついていますので、万が一の故障の際にもしっかりとしたサポートが受けられます。

テスラの蓄電池が安い理由とは?

テスラの家庭用蓄電池が一般の物と比べて安い理由には、販売方法があげられます。テスラが販売している蓄電池は直販モデルと呼ばれる販売方法を採用しているのです。これは、パソコンで知られるDellが採用している販売方法として知られています。直販モデルでは、販売元と消費者を直接つなげて販売するのが特徴です。販売元と消費者の間に卸業者などを通さないため、中間業者によるマージンが発生しません。販売元の利益だけを考えればいいことから、消費者にとって最も安く購入できる方法であるといえるでしょう。テスラの家庭用蓄電池の価格は、国内で発売されている他のメーカーに比べて約1/3から1/4の価格です。直販モデルを採用することで低価格を実現させたテスラは、少しでも安く購入したいと願う消費者からの支持を得ています。

蓄電池は太陽光発電と一緒に付けたほうが良い理由

“家庭用蓄電池は、それだけで利用するのではなく太陽光発電と組み合わせて使用したほうがいいといわれています。家庭用蓄電池と太陽光発電を組み合わせるメリットのひとつには、電気代の節約があげられるでしょう。もし、太陽光発電を設置していない家庭で家庭用蓄電池を使用すると、蓄電池を充電するための電気が必要となり、電気料金が高くなってしまいます。そのため、蓄電池は、太陽光発電の余剰電力をためるための補助的な役割として使用すると効果が高いといえるのです。

また、太陽光発電というものは、ある程度の日照量がない場合には十分に発電ができません。昼間の時間帯であれば太陽光発電システムで発電した電気を利用できますが、太陽が沈んだ後や悪天候時には電力会社から電気を購入する必要があるのです。しかしながら、家庭用蓄電池を持っていることで、昼間に発電し、使用した電力の残りを夜間や悪天候時に備えてためておくことができます。就寝時にたくさんの電気を使う家庭は少ないため、昼間に発電し、利用した残りの電気でも十分に足りる可能性も高いでしょう。さらに、蓄電量で足りない分を電気会社から購入しても深夜電力の料金は昼間に比べて安いため電気代がおさえられるといえます。

もし、深夜電力を上手に利用したいと考えるのであれば、昼間に太陽光で発電して余った電力を売電し、安い深夜帯に電力会社から電気を購入することでもお得に利用できます。これは、深夜帯に電気会社から購入した電気を蓄電池にためて朝夕の発電量が少ない時間帯に利用する方法です。蓄電池と太陽光発電を一緒につけることで、電気の売買をコントロールできるようになるといえるでしょう。しかしながら、太陽光発電と蓄電池の使用はダブル発電になりますので注意が必要です。

ダブル発電とは、太陽光発電とそれ以外の発電装置の両方を使用することをいいます。蓄電池も発電装置とみなされますので、ダブル発電になってしまうのです。太陽光発電のダブル発電によって作られた電気は買取価格が安くなってしまいます。売電量が増えても買取価格が安くなることで収入につながらないことも起こり得ます。テスラの家庭用畜電気は、他のメーカーの製品と比較しても安いとはいえますが、蓄電池の導入にはそれなりの費用がかかりますので、効果的に使用しましょう。”

まとめ

“テスラの家庭用蓄電池は、大容量でありながら、他メーカーの製品と比べても低価格なのが特徴です。それでいて、アプリとの連動もあり、機能性にも優れているといえるでしょう。さらに、シンプルですっきりとしたデザインは屋内に設置してもマッチしやすく、カラーバリエーションも豊富なことから、自分好みの畜電池も見つかります。このように、たくさんのメリットのあるテスラの家庭用畜電気であっても、すでに太陽光発電を導入している家庭の場合には、導入前に気をつけるべきことがあります。それは、パワーウォールと導入済みの太陽光活電との相性です。

テスラのパワーウォールは他メーカーに比べて安いとはいえ、蓄電池は非常に高い買い物です。導入してしまってからうまく機能しないという事態に陥らないよう、導入前には専門家に相談するのがいいでしょう。テスラの蓄電器の導入では、ヒラソルに相談してみるという方法があります。ヒラソルは、名古屋に本社を構えていますが、全国の家庭用蓄電池の施工をしていますので、全国どこからでも相談が可能です。テスラの家庭用蓄電池に関して、専門家がきめ細かいアドバイスをしますので、施工に関する不安も解消されます。アフターサービスも充実していることから安心して依頼が可能です。テスラの家庭用蓄電池の導入を考えている場合には、ヒラソルに相談してみてください。”

他にも読まれている記事

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる