愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1008
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1008

オール電化ならもちろん!ihクッキングヒーターのメリット・デメリット

オール電化にするとキッチンで加熱調理をするときにはガスコンロではなくihクッキングヒーターを使用します。ガスコンロでの調理に慣れていると、オール電化に切り替えたときにihクッキングヒーターで今まで通りに調理できるのかが不安になりがちです。ihクッキングヒーターのメリットやデメリット、お得に使える方法を確認しておきましょう。

オール電化とは?ガス代がなくなる!

まず最初にオール電化とは何かを理解しておきましょう。オール電化とは住宅で使用するエネルギーを全て電力にすることです。新築住宅を建てるときにもオール電化にするかどうかを選べますが、リフォームによって導入することも可能です。多くの家庭では電気とガスをエネルギーとして使用していますが、ガスで行っている部分を全て電力で行えるようにした住宅になります。コンロやオーブンなどの調理機器、給湯器や衣類乾燥機などの住宅設備、ファンヒーターなどの暖房設備ではガスをエネルギー源としているものがよくあります。これらを全て切り替えるとガス会社との契約が不要になり、光熱費を電気代に一本化できるのが特徴です。

オール電化にするとガス代がかからなくなる代わりに電気代がかかるようになるのは確かです。しかし、エネルギーとしての単価はそれほど変わらない場合が多いため、ガスの基本料金の支払いがなくなる分だけ安くなります。家電や住宅設備の節電性能が向上してきていることに加え、オール電化住宅で使用するのに向いているエコキュートなども開発されて節約をしやすくなりました。さらに電力自由化によってオール電化向きのプランも選べるようになり、使い方次第で光熱費を削減しやすくなっているのはオール電化にするメリットです。

また、オール電化にすると太陽光発電を導入することで光熱費を節約できる可能性があります。十分な発電量を確保できるように設置すれば、太陽光発電で生み出された電力を使えるようになるからです。余った電気は電気会社に買い取ってもらえるので、トータルで見ると大幅に節約できることもあります。

オール電化なら調理はihクッキングヒーター

オール電化住宅にしたときには調理を今までと同じようにはできなくなると考えられがちです。ガスを使用しているときにはガスコンロを使用して直火で調理しますが、オール電化にしたときにはihクッキングヒーターを使うことになります。ihクッキングヒーターは電力を使って強力な磁場を発生させることにより熱を発生させて加熱調理を行う調理器具です。フライパンや鍋を火で加熱するか、磁場で加熱するかの違いがあるだけで、基本的にはihクッキングヒーターもガスコンロと同じように調理できます。ただし、完全に同じというわけではなく、熱源の違いによって特性の違いが生じるのは確かです。ihクッキングヒーターにはガスコンロと比べてどのようなメリットやデメリットがあるのかを確認しておきましょう。

ihクッキングヒーターのメリット1.安全

ihクッキングヒーターのメリットとしてまず挙げられるのが安全性の高さです。ガスコンロの場合にはガスを燃焼させて火を発生させます。周囲に燃えるものがあると、火が広がってしまって火事になるリスクがあるのは確かです。キッチンでは菜箸やクッキングペーパーなどの可燃性のものをよく使うのでうっかり火に近づけてしまうリスクがあります。しかし、ihクッキングヒーターの場合には火を使うことが一切ありません。プレートの上で磁場を使い、調理器具のihに対応した金属部分を発熱させることで調理する仕組みになっているからです。コンロ台に付属しているグリルやオーブンもガスの場合には火を使いますが、オール電化の場合には電力で調理をするので火を使うことはありません。地震が発生したときなどにも火災が起こる可能性が低いというメリットもあります。

また、ihクッキングヒーターは触ってやけどをするリスクも低くなるのもメリットです。調理をしている部分は熱くなりますが、ガスコンロほど周囲まで熱が広がらないのがihクッキングヒーターの特徴だからです。小さい子供がいる家庭でも安心して使えて、一緒に調理を楽しむこともできるでしょう。

ihクッキングヒーターのメリット2.清掃のしやすさ

ihクッキングヒーターのメリットとして次に挙げられるのが清掃のしやすさです。ihクッキングヒーターはガスコンロに比べて日常的なお手入れをしやすい設計になっています。ガスコンロの場合には五徳やバーナーを外して掃除する必要があり、直火を使うので食材や油などの焦げ付きが多くて汚れを落とすのが厄介になりがちです。また、コンロ台のトップがフラットではない場合も多く、日常的に拭き掃除をするのも手間がかかる傾向にあります。それに対してihクッキングヒーターの場合には表面はガラストップなどのフラットなプレートです。日常的なお手入れは水で濡らしたふきんで拭くだけでよく、凹凸部分もないので手軽に拭き掃除ができます。手間がかからないので調理をする度に清掃をする習慣を作りやすく、結果として汚れが溜まりにくくなるでしょう。普段からきれいにしていれば頑固な汚れができてしまうことはあまりありません。油はねなどは放置すると変性してしまい、液体クリーナーやクレンザーなどを使ってもなかなか落ちずに苦労しがちです。いつも楽に清掃できる仕様になっているihクッキングヒーターはキッチンの清潔さを保つのに役立つと言えます。

ihクッキングヒーターのメリット3.夏でも暑くなりにくい

ihクッキングヒーターのメリットとして夏でも暑くなりにくい点も挙げられます。ihクッキングヒーターは火を使わずに、フライパンや鍋などの調理器具を磁場で発熱させるのが特徴です。熱効率が優れていて周囲に熱を拡散させにくい性質があります。それに対してガスコンロの場合には火を使うので熱エネルギーが全て調理器具に伝わるわけではありません。ほとんどの熱は周辺に逃げてしまうため、夏場は冷房を効かせていても調理中は暑くなってしまいがちです。調理している本人が暑いだけでなく、部屋の温度も上昇させてしまうことがよくあります。そのため、ガスコンロを使っても涼しくて快適なキッチンで調理をするためには冷房の設定温度を下げて部屋を冷やさなければなりません。結果として光熱費がかさんでしまうのがガスコンロによる調理ですが、ihクッキングヒーターなら冷房を強める必要はあまりありません。暑い夏でも快適に調理を続けられるだけでなく、冷房にかかる光熱費も削減できる点でihクッキングヒーターは優れています。

ihクッキングヒーターのメリット4.安全機能の充実

ihクッキングヒーターのメリットとして安全機能が充実してきている点も挙げられます。オール電化が人気になってきている影響を受けて、各メーカーでのihクッキングヒーターの製品開発競争が繰り広げられるようになりました。性能も刻々と向上してきていますが、機能についても充実してきているのが現状です。

特に力が注がれているものの一つが安全機能で、もともと火を使わなくて良くて安全性が高いというihクッキングヒーターのメリットをさらに高めようという動きがあります。スイッチを入れたままフライパンや鍋などを持って行ってしまっても自動的に電源が切れる空焚き自動OFFや、操作を一切せずに一定以上の時間が経過すると自動的に電源が切れる切り忘れ防止機能が代表的なものです。空焚き防止や焦げ付き防止のためにihクッキングヒーターの温度が上がりすぎたときに自動停止したり、火力を自動的にコントロールして一定温度以下に保てる機能の付いているものもあります。プレートやグリルドアなどが熱いときに警告する高温注意ランプ機能、スプーンやナイフなどの小物を置いても自動検知して加熱しない小物検知機能、小さな子どもが遊んでスイッチを入れてしまわないようにできるチャイルドロックなどの様々な機能が付与されているのが現在のihクッキングヒーターです。地震感知機能も付いていて一定以上の揺れで自動停止してくれます。あらゆる角度から安全を追求するための機能が開発されてきているので安心して使用できるでしょう。

ihクッキングヒーターのデメリット1.火力が弱い

ihクッキングヒーターにはデメリットもあります。よく挙げられているデメリットが火力が弱いことです。直火を使うガスに比べると火力で物足りなさを感じることがあります。一般的な傾向としてガスの火に比べるとihクッキングヒーターの方が火力が弱くて強熱で調理するのは難しくなっています。短時間で調理するタイプの料理を行うときには食材から水が出てしまって仕上がりが悪くなったり、調理に時間がかかっているうちに風味が変化してしまったりする可能性があるのはデメリットでしょう。ihクッキングヒーターの性能が向上してきているのでガスコンロとほとんど違わないレベルで加熱できるものもあります。しかし、フライパンや鍋が高性能なihクッキングヒーターの発生させる磁場に耐えられるものでなければならないので注意が必要です。強い磁場でフライパンや鍋の底が歪んでしまってうまく加熱調理ができなくなる場合があるからです。概して性能の良いihクッキングヒーターや調理器具は値段が高いので、強熱で調理をしたいときには初期費用が高くなってしまいます。

また、ihクッキングヒーター直火を使えないので炙り料理に使えないというデメリットもあります。スルメやえいひれなどのおつまみを炙ったり、マシュマロなどのスイーツを炙って楽しんだりしたい場合にはバーナーやトースターなどを別に用意しなければなりません。

ihクッキングヒーターのデメリット2.停電時は使えない

ihクッキングヒーターのデメリットとしてもう一つ挙げられるのが停電時には使えないことです。これはオール電化住宅そのもののデメリットでもあります。ガスを使っている場合には電気がなくても調理できますが、オール電化の場合にはガスを使えないので停電になったら調理は諦めざるを得ません。そのため、停電のときにも調理できるようにしたいと考えたら、電気の供給源を準備しておくか、カセットコンロなどを用意しておくことが必要になります。

オール電化でihクッキングヒーターをお得に利用するなら?

オール電化でihクッキングヒーターを使うときには少し工夫をするだけでお得になります。電気料金を削減する目的で有用なのが太陽光発電を導入する方法です。太陽光発電で自家発電を行えば、太陽光がパネルに当たっている限りは少しずつ電力を作り出すことができます。自家発電分が増えれば増えるほど電気代の節約になるのでお得です。屋根の上やベランダなどで日陰になりにくく、効率的に発電できる場所に広く太陽光発電パネルを設置すれば光熱費の大きな節約になるでしょう。ただ経済的なゆとりを生み出せるだけでなく、クリーンなエネルギーなので持続可能な社会を作り出すのにも貢献できる方法です。

また、太陽光発電を導入すると停電の対策にもなります。発電されているときならその場でその電力を使えるので、たとえ停電になっていたとしてもihクッキングヒーターを使えます。ihクッキングヒーターだけでなく他の家電や住宅設備も使用できるので、オール電化にするときには停電に備えるために太陽光発電を導入するのが合理的です。

さらに停電対策の効果を高めたいと考えたら蓄電池を導入するのも効果的です。太陽光発電は太陽が当たっているときにしか発電できず、その場で使わなかった分は貯めておけないので売電することになります。曇りの日や夜間に停電になってしまうとやはりihクッキングヒーターを使うことはできません。しかし、蓄電池があれば太陽光発電で余った電気を貯めておき、停電のときに使うことが可能です。容量が大きい蓄電池を導入しておけば、太陽光発電だけのときよりも大きな電力をいつでも使えます。オール電化にするときには蓄電池の導入も検討してみましょう。

まとめ

オール電化住宅にすると調理はihクッキングヒーターで行うことになります。ガスコンロと比較すると安全性が高く、お手入れも簡単で夏の暑い日にも調理をしやすいといったメリットがありますが、デメリットもないわけではありません。電気代がかかることや停電時に使用できないことを念頭に置き、太陽光発電と一緒に使うのが効果的です。効率的に発電できる場所をプロと相談しながら決めて設置すれば発電量も大きくなります。余った電気は売電できますが、蓄電池を導入して貯めておけば停電のときにも安心して調理することが可能です。オール電化住宅にするときには、快適で経済的な暮らしを送れるように太陽光発電と蓄電池を組み合わせることを検討しましょう。

他にも読まれている記事

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる