愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1028
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1028

太陽光用地って何?向いている土地の特徴は?

電気の買取制度がスタートして以後、全国でも徐々にトライする人が増えているのが太陽光発電です。太陽光発電に適した土地は、太陽光用地として各地で注目され始めています。ここでは、例えばどんな土地が太陽光用地に向いているのかを例を挙げて解説していきます。太陽光用地を取引するときのメリットやデメリットも合わせてご紹介しましょう。

太陽光用地の主な特徴とは?

“太陽光用地は、太陽光発電システムを野立てというスタイルで設置して発電を行う土地を指します。主に産業用太陽光発電に利用されるのが、こういった野立ての太陽光用地です。太陽光発電には、住宅用太陽光発電と産業用太陽光発電のスタイルがあります。住宅の屋根に太陽光発電システムを設置し、家庭で余った電気を売るのが住宅用太陽光発電のスタイルです。一方、産業用太陽光発電は、空き地などに野立ての太陽光発電システムを設けて発電を行い、電気を売ります。太陽のエネルギーを利用して発電を行うときにはいろいろな条件が必要ですが、太陽光用地として扱われる土地は、さまざまな点で好ましい条件がそろっているのが特徴です。

太陽光用地は、住宅用地や店舗用の土地と違ってアクセスの良し悪しなどは余り問題にならないことが多いです。発電に適した条件がそろっていれば、それまで山林や農地として使われていたような土地も太陽光用地として活用できるケースがあります。この場合、売電収入が得られるというメリットがあることから、土地の価値が上がります。実際、山林や農地だった土地を太陽光用地として高値で売る人も多く見られるようになりました。”

太陽光用地に向いている土地の特徴

“太陽光発電に向いているのは、概して日当たりがよい土地です。「1日の日照時間が長いこと」や「日射量が多いこと」などは太陽光用地の1つの条件でもあります。太陽光発電システムは、近くに日光を遮るような建物や樹木があると効率のよい発電ができなくなります。したがって、「太陽を遮るような障害物が周囲にないこと」も、太陽光用地に向いている土地の条件です。例えば、「南向きに広く開けている」土地などは、太陽光用地向きと言えるでしょう。「面積が広い」土地も、太陽光用地に適しています。土地の面積が広ければ、それだけたくさんの電気が作れますので、広い土地は太陽光用地として活用できる可能性があるでしょう。

ただ、太陽光発電では、土地に「傾斜がない」ことや「地盤が強い」、「自然災害が少ない」といった条件も重視されます。土地に傾斜があると、場合によっては十分な日射量を確保できないため、効率のよい発電ができなくなるのが難点です。また、地盤が弱いと、地震や土砂崩れで土地が崩れてしまう恐れもでてきます。このような土地に発電システムを設置するのは、少しリスクがあるわけです。「電柱が近辺にある」場合や「景観条例が厳しくない」なども、太陽光用地に向いている土地の特徴です。”

太陽光用地を購入する側のメリットは?

“太陽光用地を購入して発電を行うメリットは、自宅の屋根を使う必要がないことです。太陽光発電システムを屋根に設置すると、家の景観に影響を及ぼす可能性がありますが、太陽光用地を使えばこのような心配はありません。また、広い面積で太陽光発電ができるのもメリットです。屋根で太陽光発電を行う場合、屋根の大きさやデザインによって生産できる電気量が変わることがあります。太陽光発電の機器は屋根の面積の分だけしか設置できないため、生産できる電気量にも限界が生じてきます。傾斜がある屋根は時間帯によって生産できる電気量が変化しやすいですが、平らな太陽光用地は、太陽の光を最大限に活用できるわけです。

また、失敗するリスクが少ない点も、太陽光用地を購入して発電するメリットと言えます。屋根に発電システムを設置した場合、台風や地震などの災害で屋根が破損するリスクがあります。経年劣化によって屋根が傷んでくると、災害の被害に遭うリスクも高くなってくるでしょう。平らな土地で行う太陽光用地の発電は、この手の心配がいくぶん少なく済みます。”

太陽光用地を購入する側のデメリットは?

“太陽光用地を購入して発電を行うときには、デメリットもいくつかあります。例えば、初期費用が多くかかることです。新たに太陽光発電システムを設置する際には、太陽電池パネルや管理システムなどの機器を自身で用意しなければなりません。自分で作業が行えないときは、専門の業者に設置工事や配線工事を依頼する必要もでてきます。50坪程度の土地で発電を行う場合、このような初期費用はときに1千万円を超えるケースもあります。発電システムを設置する前には太陽光用地を購入しておく必要があるため、初期費用として土地の代金も負担することになるでしょう。

機器を設置しやすいように整地をして地面を平らにしたり、草が生えないように防草シートをしいたりすると、さらに費用はかさみます。太陽光発電は、一気に売電収入が得られるわけではありません。そのため、最初に負担した初期費用の金額を回収できるまで、かなり時間がかかることもあります。太陽光用地で発電する場合、発電量は天気に左右されます。屋根で発電するときと同様に、発電量が安定しない点も太陽光用地を購入する側のデメリットです。また、太陽光パネルを設置すると、「反射光が気になる」といったクレームが近所から寄せられる場合があります。

広い土地にパネルを設置したときなどは、クレームが発生するリスクが高くなるため注意が必要です。”

売る側・貸す側のメリット

“太陽光用地を売る、または貸す側のメリットとしては、使い道がなかった土地をより高い金額で取引できることが挙げられます。田舎や郊外の土地は、一般的に取引の価格が低めです。売買、賃貸を問わず、このような土地は高い金額で取引をするのが難しくなります。太陽光発電という新たなビジネスが生まれたことで、それまで価値が低かった田舎や郊外の土地を高い金額で売ったり貸したりできるようになりました。土地は、売りにだしてもなかなか買い手がつかないことがあります。太陽光用地は全国的にニーズが高くなっているため、売却までの期間が短く済むのもメリットです。

また、土地をエコエネルギーとして活用してもらえる点もメリットになるかもしれません。持て余していた場所を発電に利用してもらえば、土地の有効活用ができます。第三者に土地を引き渡した場合、草刈りなどのメンテナンスの手間も必要なくなります。遊休地の管理が不要になることは、高齢者や遠隔地に住んでいる人にとってはとくに大きなメリットになるでしょう。”

売る側・貸す側のデメリット

“太陽光用地を売る、貸すときのデメリットは、例えば「自分で売電するよりもリターンが小さい」などです。このようなデメリットは、取引をする前にしっかりと考えておいたほうがよいでしょう。契約の際に特約などをつけない限り、取引をした土地で買主や借主が太陽光発電をしても、売主や貸主側は売電収入が得られません。土地を売ったときにはその土地の権利も手放すことになるため、土地の買主が新たなビジネスで利益を得たときにも、売主の懐にはまったくお金が入ってこないわけです。

土地を売ると買主から土地の代金が支払われますが、通常はそれ以上の収入は得られません。継続的な収入が見込めない点は、太陽光用地を売る側のデメリットの1つです。また、土地を貸す場合は長期間土地を自由に使えないことがデメリットになってきます。借主がその場所を利用している間は、たとえ自分名義の土地であっても自由に使えません。その土地を売りたくなった場合にも、借主と相談をして交渉する必要がでてきますので、すぐに取引を進めるのは難しくなるでしょう。”

太陽光用地を利用する場合の注意点

“太陽光用地を利用する際には、いくつか注意しなければならない点があります。例えば、太陽光用地が農地の場合、まずは農地転用の手続きを済ませる必要がでてきます。農地を売買するときや農業以外の目的に使用するときには、このような農地転用の手続きをしなければなりません。農地転用の手続きは、自治体の農業委員会に許可申請をして行います。行政書士や司法書士などの専門家に代行を依頼すると、10万円前後のコストがかかる場合も少なくありません。

太陽光用地として利用する場所が山の場合は、伐採や整地のための費用がかかる可能性があります。雑木林などは、機器を設置できるように樹木を整理したり、土地の傾斜をなくしたりといった作業を行わなければなりません。このような作業は、費用だけでなくある程度時間もかかります。僻地の場合も少し注意が必要です。太陽光発電のシステムは、僻地にも設置自体は可能です。しかしながら、こういった僻地の売電については、まだ対応を始めていない電力会社もあります。実際に買取が始まるまでには数年以上かかる場合があるため、注意をしておきましょう。”

太陽光用地を売却する場合のポイント

“太陽光用地を売るときには、契約成立、各種申請、土地の引き渡しといった流れで取引が進むのが一般的です。まず最初に、売主と買主が売買契約書にサインをして、必要な申請を行います。申請した許可などが無事に下りれば、土地を引き渡して取引は終了です。ただ、このような取引は、売買契約を交わしてから実際に売れるまでに3カ月から6カ月程度の時間がかかることがあります。発電システムの設置をするまでの申請、許可を得るのに時間がかかるため、契約をしてもすぐに取引が終わるわけではありません。

また、太陽光用地を売る場合、契約書に「太陽光発電システムが設置できる状態でなければ契約は無効になる」などの特約が盛り込まれることが多いです。こういった特約があると、万が一機器を設置できなかったり、許可が下りなかったりしたときには、契約自体が白紙の状態になってしまいます。太陽光用地の場合は、いったん買主と契約を交わしても、100パーセントの確率で土地が売れるとは限りません。”

太陽光用地を貸し出す場合のポイント

“太陽光用地を貸す場合、あらかじめ期間を決めるケースが多いです。太陽光発電で生産した電気は、固定価格買取制度によって買取期間が定められています。このような事情から、賃貸期間は基本的に20年間です。契約の際に地上権を設定すると、賃貸期間の20年間は貸主の都合で土地を返してもらうことはできなくなります。太陽光用地を売った場合、その年の固定資産税の一部は月割りで買主が負担するのが一般的です。しかしながら、賃貸の場合は毎年の固定資産税は土地の持ち主である貸主が負担をします。太陽光発電システムを導入すると一般的に土地の価値が上がるため、場合によっては固定資産税が前年度よりも高くなります。

土地を貸し出す前には、契約期間が終了した後の土地の処理についても考えておく必要があるでしょう。契約期間が終わった時点で土地を返却してもらうのか、それとも継続利用してもらうのか、などは、貸主にとって重要な問題です。自分サイドでしっかりと方向を考えるのはもちろん、借主とも話し合いをして、後悔しないような選択をしなければなりません。土地を返してもらうときには、機器の撤去費用や土地の原状回復のための費用についても相談が必要です。”

まとめ

“すでに太陽光用地に適した土地をもっている人は、エコな太陽光発電のために資産を活用すべきと言えるかもしれません。太陽光用地の条件を満たしている土地は、コストをかけなくても必要なシステムを設置できるため、メリットが大きくなる可能性があります。ただ、土地をもっておらず、新たに太陽光用地を購入する人は、ここで取り上げたようなメリットやデメリットを踏まえたうえで決断をする必要があります。太陽光用地を一から購入して機器を設置するとなると、当然のことながらコストもかさみます。売電収入が得られるまではある程度時間がかかりますので、収支のバランスを考えておかないと、予想外の状況に遭遇して慌てる心配もでてきます。

長いことには太陽光発電の制度も少しずつ変わる可能性があるため、土地を購入するときには長期的な視点でメリットやデメリットを考えたほうがよいでしょう。 太陽光発電を検討するときには、とりあえずどのくらいの費用がかかるのかを把握しておくと役立ちます。全国対応の業者をはじめ、太陽光発電の見積もりを行うサービスは増えています。こういったサービスのサイトをこまめにチェックして、太陽光発電について情報を集めておくのも1つの方法になるでしょう。後悔をしないためには、慌てずに決断をしていくことが大切です。”

他にも読まれている記事

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる