愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1085
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1085

太陽光発電システムを導入するなら!検討すべきソーラーローンとは?

太陽光発電システムを導入したいと考えている方の中には、設置する際の費用に二の足を踏んでいる方もいるでしょう。しかし、太陽光発電システムを導入する際にはソーラーローンというローンが組め、費用に不安な方でも安心して始められるため、検討してみるべきではないでしょうか。ここでは、ソーラーローンとはどういったものなのかについて紹介します。

ソーラーローンって何?

“太陽光発電システム、と聞くと、システムそのものを導入する際の初期費用がかかるというイメージを持つ方は少なくないのではないでしょうか。そのため、太陽光発電システムを取り入れたいと思っていてもなかなか決断できない方もいるでしょう。そんな方におすすめしたいのが、ソーラーローンです。ソーラーローンとは、太陽光発電システムを導入するためのローンを言います。銀行・信用金庫・信販会社などの金融機関が提供しており、審査基準や金利も金融機関によってさまざまです。

ローンのため、現金一括の支払いに比べるとトータル費用は多いものの、ローンを組んでも売電や自家消費などで得られる収益が見込めるため、ソーラーローンを利用して導入している方は少なくありません。一般的なローンと比べると金利も低く、頭金なしでも借り入れできるなど、利用するにあたってそれほどハードルが高くないのも特徴でしょう。”

ソーラーローンでできることって?

“ソーラーローンは太陽光発電システムを導入する際に利用できるローンですが、具体的にどのようなことができるのでしょうか。まず、太陽光発電設備の購入費用だけでなく、設置費用への利用が可能です。太陽光発電設備の導入にかかる費用は、設備自体の購入費用だけでなく、設置工事費用がかかります。具体的な内訳を見ていきましょう。まず、設備ですが、屋根上に設置する太陽光パネル、太陽電池を屋根に固定するための防水対策をした取り付け金具などの屋根用架台、太陽電池で発電した電気を家庭で利用できるよう変換するパワーコンディショナー、発電した電気をパワーコンディショナーからブレーカーに送るケーブル、発電して余った電気を電力会社に売るための売電メーターなどが挙げられます。

さらに、設置工事としては、太陽電池を屋根に設置する屋根工事と、パワーコンディショナー、ブレーカー取り付けなど電気の流れるルートをつくる工事があります。場合によっては足場を組む工事も行われるでしょう。また、その他の費用として、補助金申請のために必要な各種提出書類申請費用もかかることを忘れてはいけません。太陽光発電システムを導入するには、こうした費用がかかることを念頭に置く必要があります。そもそも、太陽光発電システムだけでも高額な商品と言えるでしょう。

その上、設置工事費用もかかるため、初期費用は一括で支払うのは難しいという方も少なくありません。太陽光発電のおおよその価格帯は、150~200万円と言われています。こうした太陽光発電システムを導入する上でかかる費用のうち、蓄電池の購入や設置費用などにも利用できるのがソーラーローンのポイントと言えるでしょう。さらに、購入設備が決まる前でもローンの申し込みができるため、余裕を持って導入する太陽光発電システムを決められます。”

ソーラーローンで太陽光発電を導入するのはあり?

“ソーラーローンで太陽光発電を導入する方は少なくないとはいえ、現金購入や他の方法と比較して「あり」だと言えるのでしょうか。まず、現金との比較ですが、もし手元の現金に余裕がある場合は、ソーラーローンよりも現金購入の方が良いでしょう。ソーラーローンはあくまでもローンのため、借り入れ金額に加えて金利が発生します。そのため、現金で支払える場合は現金購入の方がお得です。しかし、およそ150~200万円の費用を一括で支払うのは難しい、という方もいるでしょう。

現金で払えなくはないけれど、払ってしまえば家計に影響が出るという場合や、手元の現金が少ない場合は、ソーラーローンを利用してみてはいかがでしょうか。無理に現金を用意するよりも、ソーラーローンを組んで計画的に返済する方が安定的でメリットも大きいでしょう。また、太陽光発電の導入に利用するローンには、ソーラーローン以外の方法もあります。それは、住宅ローンです。しかし、住宅ローンはその名の通り、住宅を購入するという条件があります。そのため、もし新築の住宅を購入し、太陽光発電を導入したいという場合には、住宅ローンに太陽光発電の費用を組み込む、という方法もあるでしょう。”

ソーラーローンを利用するメリット

“太陽光発電システムを導入するに当たって1番身近なローンがソーラーローンと言えますが、ソーラーローンならではのメリットはあるのでしょうか。ソーラーローンを利用する上でのメリットとして、3つ挙げられます。まず、比較的長期間の融資が可能な点です。最長のものでは、15年間のソーラーローンも存在します。

短期間の融資では売電収入があっても返済負担が大きいですが、長期間の融資ではゆるやかな返済プランになっているのがポイントです。初期投資の額が売電収入などで回収できる、いわゆる「元が取れる」のが10年から12年と言われており、15年ローンの場合はちょうどローンが終わる頃と収益が出る頃が重なります。このように、投資資金の回収と収益発生のタイミングを合わせられるのも、長期間の融資が可能なソーラーローンならではと言えるでしょう。

2つめのメリットとしては、頭金なしでも借り入れができる点です。初期投資額が0円でも借り入れが可能なため、資金が少ないけれど太陽光発電を導入したい、という方は頭金なしのソーラーローンを選択すると良いでしょう。3つめのメリットは、太陽光が保証料の代わりになる点です。一般的なローンで課せられている保証料が、太陽光に担保されています。ただし、保証料を含め金利や返済期間は金融機関によって異なるため、各金融機関に問い合わせる必要があるでしょう。”

ソーラーローンを利用するデメリット

“メリットがある一方で、ソーラーローンを利用する上でデメリットも存在します。ここでは2つのデメリットを紹介しましょう。まず、多くのソーラーローンが変動金利となっている点が挙げられます。金利には固定金利と変動金利があり、固定金利は借り入れ時の金利が返済終了まで続くもの、変動金利は一定期間ごとに適用金利が見直されるものです。どちらが良いと一概には言えませんが、変動金利は国内の経済状況による影響を受けやすく、金利が大きく変動する可能性があります。そのため、変動金利では借り入れ時点で金利は低くても、その後金利が上がり、固定金利で支払うよりも金利が高くなる、という可能性を想定しておきましょう。

2つめのデメリットは、天災などで太陽光発電システムにトラブルがあった場合は、毎月のソーラーローンの支払いが滞ってしまう可能性がある点です。ソーラーローンによっては自然災害補償が付帯しているものもあるため、立地条件などによっては、補償付きのものを選ぶと安心でしょう。”

ローンを組む際の注意点

“ソーラーローンを組む際には、どのような点に注意すればいいのでしょうか。まず、ソーラーローンは各金融機関から提供されていますが、特に銀行ソーラーローンは金利が低いものが多く、そのため審査が厳しいと言われている点に注意が必要でしょう。銀行ローンに比較して信販会社のソーラーローンは金利はやや高めですが、審査は銀行よりは通りやすいと言われています。ソーラーローンを検討する際は、金利の違いに注目しがちですが、審査に通るかどうかも検討項目に加えると良いでしょう。

また、最大利用額も審査によって決められる点に気をつけましょう。希望利用額が通るとは限らず、返済能力の有無を含めた審査によって利用額は決定されます。さらに、信販会社のソーラーローンには提携ローンとプロパーローンの2種類ある点にも注意しましょう。まず、提携ローンとプロパーローンの違いについて説明します。提携ローンとは、太陽光発電システムの販売会社が変わりに申請手続きをしてくれるローンのことで、プロパーローンは自分で手続きをするローンを言います。全ての手続きを自分で行わなければならないため、提携ローンに比べてプロパーローンは手間がかかると言えるでしょう。しかし、場合によっては提携ローンよりも金利が低いケースもあります。ただし、金利が低い場合はそれだけ審査が厳しくなるため、金利との関係にも注目する必要があるでしょう。”

ソーラーローンの金利相場

“ソーラーローンの金利相場はどれくらいなのでしょうか。一般的なローンと比較すると、ソーラーローンの金利相場は銀行ソーラーローンで1~3%、信販会社のソーラーローンで2~3%です。総合するとおよそ1~3%台程度と、他のローンと比べるとかなり低い金利と言えるでしょう。ただし、ソーラーローンは金融機関によって独自の商品を提供しており、金利や返済期間などはそれぞれ異なるため、他の条件も含めて十分に検討する必要があります。

また、エリアによっては優遇金利のソーラーローンを展開しているケースもあるでしょう。たとえば、神奈川県では「かながわスマートエネルギー構想」に基づき、神奈川県内の8つの金融機関が優遇金利のソーラーローンを提供しており、県を挙げて太陽光発電の導入を推進しています。神奈川県だけでなく、太陽光発電システムの導入を推進するエリアは増えているため、自分が住んでいる自治体にこうした取組みがないか問い合わせてみると良いでしょう。”

ソーラーローンの金利を抑える方法

“ソーラーローンの金利を抑えるにはどのような方法があるのでしょうか。まず、金利が低い金融機関を優先して選ぶことが挙げられます。一般的に、ソーラーローンは売電により安定した返済が望めることから金利は低い傾向にあるでしょう。しかし、先ほども述べたように、多くの場合変動金利を採用している点、さらに金利が低ければ低いほど審査に通りにくくなる点に注意が必要です。その上で、やはりソーラーローンの金利を抑えることによって、早期に収益を見込める生活を送れるようになるでしょう。

さらに、住宅ローンの借り換えで金利を下げ、浮いたお金を使って太陽光発電システムを導入する方法もあります。詳しく説明していきましょう。まず、住宅ローンの借り換えは、多くの場合、金利が低いローンに切り替えることを指します。住宅ローンの金利を下げることで、その分の返済金額が減り、さらにその浮いたお金で太陽光発電システムを導入することで、将来的には売電で収益を得られることも可能でしょう。住宅ローンの金利を抑えることでも、太陽光発電システムを導入する足がかりになるのです。”

ソーラーローンの契約までの流れは?

“ソーラーローンの金利やメリット、デメリットを紹介してきましたが、実際にソーラーローンを契約する流れはどのようになっているのでしょうか。一例を紹介しましょう。まず、ソーラーローンを申し込む際、郵送または近くの店舗でローンの申し込みをします。来店不要のローンも多く存在するため、平日の日中は仕事で来店できないという場合も、都合に合わせて手続き可能です。自分に合った方法で申請しましょう。次に、審査が行われます。この際、自宅や勤務先に申し込み内容確認の連絡が来る場合があるでしょう。審査の結果によっては、契約できない場合もあります。審査が無事に通過した場合、ローン契約書が送付されます。必要事項を記入し、契約書類を返送しましょう。その後、融資が開始されます。

ここでは一例として郵送、来店での手続き内容を紹介しましたが、他にもインターネットで仮審査申し込みができ、最短翌日に回答を得られる金融機関も存在します。その場合は仮審査結果に通過してから正式審査に必要な書類を提出し、さらに審査に通れば契約、借り入れ開始です。このように、気軽に審査を受けられるのもインターネットで申し込む特徴と言えます。借り入れの流れを知ることで、どういった手続きがあるのか、どれくらいの期間がかかるのかなど、見通しがつけられるでしょう。”

まとめ

太陽光発電システムを導入したいと思っていても、資金面で諦めていたという方にとって強い味方となるのが、ソーラーローンではないでしょうか。ソーラーローンは、太陽光発電システムの導入に特化したローンです。さまざまな金融機関からソーラーローンが提供されているため、金利や審査の通りやすさなどの条件から自分に合ったローンを見つけると良いでしょう。もちろん、ソーラーローンはお金を借り入れるため、借金に違いはありません。しかし、太陽光発電システムを導入している多くの方がソーラーローンを利用しており、ローンを利用するのは一般的だと言えるでしょう。現金で支払えるのであれば問題ありませんが、太陽光発電システムの費用に悩んでいるのであれば、ソーラーローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

他にも読まれている記事

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる