愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1015
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1015

なぜエコ?太陽光発電は二酸化炭素を排出しない?

太陽光発電はエコだから積極的に導入して欲しいと国や地方自治体も支援を行うようになっています。二酸化炭素の排出が地球温暖化を促進していることは大きな問題として取り上げられてきていますが、太陽光発電は二酸化炭素を排出しないのでしょうか。太陽光発電がどのようにして二酸化炭素の削減に貢献できるのかを解説します。

政府が環境発電に力を入れている理由とは?

世界各国の政府が環境発電に力を入れるようになりました。石油燃料を燃やして電力を生み出す火力発電を用いるのが主流でしたが、徐々に太陽光発電をはじめとする環境発電の割合が増えてきています。日本政府は特に環境発電を積極的に導入するように呼びかけ、地方自治体からは個人に対しても太陽光発電パネルの設置に補助金を出すといった取り組みも行っているのが現状です。

国を挙げて環境発電に力を注いでいるのは世界中で問題になっている地球温暖化の進行を阻止するのが主な目的です。京都議定書では二酸化炭素の削減について具体的な目標を定め、各国が二酸化炭素の排出量を減らす方策を多角的に行ってきましたが、実際には達成されていない状況があります。わずかでも二酸化炭素の排出量を減らせる方法があるなら取り入れていきたいというのが実情です。火力発電によって生じている二酸化炭素の量は多く、一部を環境発電に置き換えられるだけでも大きな寄与を期待できます。そのため、技術開発も支援して積極的に環境発電による電力の生産を進めているのが現状です。

一方、エネルギー資源に関する問題解決にもなることから日本政府は環境発電に着目しています。石油燃料や天然ガスなどの火力発電に用いるエネルギー資源はほとんどを海外からの輸入に頼っていて、もし輸入量が減少したら国内の電力供給がままならない状況に陥る可能性があります。また、限りある資源なので枯渇するリスクも高く、持続可能な社会を実現するためには代替エネルギー資源の活用が不可欠です。その中でもクリーンで環境負荷の少ない太陽光発電などの環境発電は優れているため、安定してエネルギー供給を行える基盤を作る上で最も重要視されています。

待ったなしの対策が必要!地球温暖化とは?

二酸化炭素の排出は地球温暖化を促進してしまうとされています。そもそも地球温暖化とは何か、地球温暖化がもたらす影響は何かを理解しておくことが問題解決に取り組む上では欠かせないでしょう。地球温暖化とは地球の温度が上昇してきている現象を指しています。地球の気温に関するデータによると過去100年間で0.6℃も気温が上昇してきているのが実情です。今後の気温をシミュレーションしたデータもあり、約100年後に相当する2100年には1.4〜5.8℃の気温上昇が起こると予想されています。

地球温暖化が進行すると地球環境に大きな変化が生じます。北極や南極にある氷が溶けることにより海水面が上昇すると考えられますが、実際にこの100年間で10cm〜20cmもの海面上昇が起こりました。このまま海面が上がり続けると小さな島が海に沈んだり、海抜の低い地域が水没したりするリスクがあります。一方、日照り続きになってしまって砂漠化が進行したり、大地にひび割れが生じたり、農作物が育たない地域が増えたりする問題も起こり得ます。台風や洪水、竜巻などの自然災害が起こるリスクが高くなるという予測もあり、実際に異常気象が観測される地域も増えてきているのが現状です。生態系に対する影響も大きく、水温が上がると魚介類の生息が難しくなり、地上に生息している動植物も生存の危機に見舞われる可能性は否定できません。状況は刻々と悪化してきているので、速やかな対策が必要とされているのが地球温暖化なのです。

このような形で地球温度の上昇が起こっている原因として二酸化炭素やメタンガス、フロンガスなどの温室効果ガスが増加している点が挙げられています。温室効果ガスは地球を取り巻くことにより熱が宇宙に放散するのを防いでしまう性質を持っていて、太陽光や地熱により上がった気温が下がりにくくなってしまっているのです。その中でも近代になってから急激に排出量が増えている二酸化炭素の影響が重大視されています。

 地球温暖化対策いろいろ

地球温暖化に対しては様々な角度から取り組みが行われてきています。温室効果ガスを減らすというのが基本方針で、特に注目されているのが二酸化炭素の削減です。火力発電から環境発電に切り替えるだけでなく、使用されている電化製品の消費電力を減らすことで必要な電力量を削減するという方向で各メーカーが努力を続けています。自動車の排気ガスには二酸化炭素だけでなく窒素酸化物などの温室効果ガスも含まれていて問題視されてきました。電気自動車や水素自動車などのクリーンなエネルギーを使う車の開発による対策が進められているのが現状です。また、各種工場の排気に含まれるガスについても温室効果ガスを減らす取り組みが進められてきています。

一方、二酸化炭素の排出量を減らすだけでなく、二酸化炭素を除去するという考え方でも対策が行われています。工業的に二酸化炭素をエネルギーや酸素などに変換する研究が行われ、実用化に向けて着実に努力が重ねられているのが現状です。また、もともと二酸化炭素は植物の光合成によって酸素に変換されてきた歴史があります。環境破壊が進み、紙や木材、燃料などの確保のために森林が伐採されて森林破壊が進み自然が減っているのも地球温暖化を促進している原因です。水質汚濁によって植物プランクトンなどが光合成を行えないような環境が増えてしまっているのも問題になっています。このような環境破壊の防止や、植林や緑化によって植物を増やす取り組みが行われているのが現状です。

太陽光発電がエコだといわれる理由

太陽光発電はエコな環境発電だとされている主な理由は二酸化炭素の排出量がかなり少ないからです。太陽光のエネルギーを変換して電力にする過程ではほとんど二酸化炭素が発生しません。化石燃料を燃焼させてエネルギーを取り出す場合には大量の二酸化炭素やその他の温室効果ガスが発生してしまいます。それと比較すると微々たる量の二酸化炭素しか発生しないため、クリーンでエコな発電方法として位置付けられているのです。

また、限りある資源を使用しなくて良いという視点からも太陽光発電はエコです。持続的に太陽光はもたらされていて日中であれば途絶えることはありません。化石燃料のように限りある資源を使用して電力を作っていると、いつかは電力供給が不可能になってしまいます。しかし、太陽光であれば半永続的にエネルギーを取り出すことができ、安定して長期的に電力供給を行えるのです。

太陽光発電と従来の電力発電の二酸化炭素排出量比較

太陽光発電が本当に二酸化炭素の排出量が少なくてエコな発電方法なのかを検証してみましょう。太陽光発電と従来の電力発電における二酸化炭素排出量を1kWhあたりで比較してみると、太陽光発電がエコと言えるかどうかが判定できます。

太陽光発電の場合には現状として寿命が30年の太陽光発電パネルを使用したと仮定すると、二酸化炭素排出量17~48g-CO2/kWhと算出されています。この数値は排出源単位と呼ばれるもので、二酸化炭素だけでなく、発電の過程で発生すると想定される温室効果ガス排出量を二酸化炭素量に換算して求めたデータです。同様にして日本における電力全体の平均排出源単位を求めると二酸化炭素排出量で約360g-CO2/kWhになります。また、石油などの化石燃料の燃焼によって電力を生み出す火力発電の平均では二酸化炭素排出量約690g-CO2/kWhとなっています。

太陽光発電は化石燃料を燃やすわけではないので二酸化炭素が一切排出されないと誤解している人もいますが、実際には太陽光から電力を取り出せるようにするための製造プロセスの中で二酸化炭素は発生してしまっているのです。しかし、これらの結果を比較すると太陽光発電の二酸化炭素排出量は圧倒的に少ないとわかり、確かにエコな発電方法だと判断することが可能です。

太陽光発電の製造時にも二酸化炭素が出ている?

太陽光発電をするためには太陽光発電パネルを設置する必要があります。このパネルの製造をするときにも二酸化炭素を必要としているため、どの程度の発生なのかを確認しておきましょう。製造時に発生する二酸化炭素の量は太陽光発電パネルの種類によって異なり、個々に計算されたデータがあります。最もよく用いられている結晶シリコン型の場合には45.5g-CO2/kWh、アモルファスシリコン型の場合は28.6g-CO2/kWh、CIGS/CIS型の場合には26.0g-CO2/kWhです。若干排出はされるものの、従来の方法で発電する際に排出されてしまう二酸化炭素量に比べたら極めて少ないとわかります。

太陽光発電の廃棄時は?リサイクルしたほうが良い理由

太陽光発電の設備を廃棄するときにも二酸化炭素を排出するプロセスを経ることになります。しかし、廃棄時についてのデータはないため、具体的にどの程度の環境負荷が生じるかはわからないのが現状です。ただし、全く二酸化炭素が排出されないというわけではないことから、できるだけ廃棄を避けるという方針を立てることが重要でしょう。

太陽光発電パネルのリサイクルが進められているため、廃棄するときにはリサイクル業者に相談して買い取ってもらうのが大切です。中古品を使って太陽光発電システムの導入を行うケースも増えています。中古品を整備して本当に使えなくなるまで電力の生産に使用し続けることにより、二酸化炭素の排出量はさらに減らせるでしょう。不要になったときに廃棄せずにリサイクルに出すのも地球温暖化対策になるのです。

太陽光発電のエコ以外のメリットとは?

太陽光発電はエコなことだけがメリットではありません。住宅用太陽光発電を導入すると自家発電で電力を生み出せるようになり、日々使用している電力を補填することができます。余剰電力は売って光熱費から差し引くこともできるため、自宅の光熱費を節約することにつながるのです。特に太陽光発電によって生み出された電力は国が一定期間は定額で買い取ってくれるので売電による経済効果は大きいでしょう。また、余剰電力は売らずに貯めておくこともできます。蓄電池や電気自動車を用意して電力を貯めておくと、停電や災害などで電力供給が途絶えたときでも貯めてあった分の電気を自由に使うことが可能です。非常時のための備えとして太陽電池と蓄電池や電気自動車を準備しておくのは賢明といえます。

住宅用太陽光発電を導入するなら販売店へGO!

住宅用太陽光発電を導入するときにはただ太陽光発電パネルを買って屋根上などに置けば良いというわけではありません。適切な配線を行い、安全に使えるようにするための設備を整える必要があります。また、発電量を最大限に高められるように設置場所や設置角度なども検討した方が良いでしょう。設備工事には技術や資格を持っている技術者が必要とされるため、住宅用太陽光発電を導入するときには専門の業者に相談することが大切です。販売と設置を行っている業者に相談して見積もりを取得しましょう。実際に自宅まで来て環境を確認してもらい、どのように設置するといくらの費用がかかり、どの程度の年間発電量を見込めるのかといったシミュレーションをしてもらうと良いでしょう。その内容で納得できたら契約を締結します。施行日時を決めた上で、保証内容なども含めて詳細が記載されている契約書を確認し、内容に問題がなければサインをして施工してもらうというのが流れです。

住宅用太陽光発電の導入をして成功したという実感を得るためには信頼できる業者に依頼することが大切です。十分に実績があって、悩みや不明点を率直に伝えたときに適切に答えてくれる業者に相談しましょう。設置後のアフターフォローも十分に行ってくれる業者を選ぶと後々まで安心して太陽光発電を使っていくことができます。その点で、担当者の付き合いやすさも重視し、困ったときにはすぐに相談できるようにするのが肝心です。

まとめ

住宅用太陽光発電を導入すると二酸化炭素の排出量を減らし、地球温暖化対策に貢献することができます。光熱費の削減にもなり、蓄電池や電気自動車も導入すれば非常時のための備えとしても役に立つでしょう。住宅用太陽光発電の導入をするならヒラソルをご検討ください。名古屋に拠点を置いていますが、全国各地での施行を承っています。十分な導入実績も持っていますので、ぜひ住宅用太陽光発電について興味を持った際にはヒラソルにご相談下さい。

他にも読まれている記事

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる