愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1085
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1085

アパートでも気軽に導入!ポータブルソーラー発電の魅力

自然に優しい、エコロジーな生き方の広まりに伴い、環境へ害の少ない発電方法である太陽光発電を導入する家庭が徐々に増えています。しかし、実際に導入したくても、賃貸が故に導入することができないという家庭も少なくありません。そういった問題を含め、太陽光発電の導入に伴う様々な問題を解決するのが、ポータブルソーラー発電です。

太陽光発電を導入する家庭は増加している

“太陽光発電というと、大規模な発電所でしか使われていない、というように思う方もいるでしょう。しかし、実際には、太陽光発電を家庭で導入し、運用している人も増えてきています。2003年には、全国で28万戸だった導入住宅が、2008年には52万戸、2013年には157万戸に増加しています。この数値は、全住宅の3%にあたります。中でも、持ち家に住んでいる家庭での導入伸び率は高く、2003年には26万戸だったのが、2008年には50万戸、2013年には148万戸となっています。2013年段階では、157万戸のうちの148万戸は持ち家での導入という数値から、現在太陽光発電を導入している家庭の多くは、一軒家に住んでいることが分かります。

徐々に導入数の増えている太陽光発電ですが、なぜ多くの家庭が太陽光発電を導入するよう決めたのでしょうか。その理由は大きく三つあります。一つ目は、その「ランニングコストの良さ」です。初期投資では大きなお金が掛かりますが、一度設置すれば、長期的に自宅で発電することができます。また、発電して、もし使わなかった分があれば、電力会社にその余剰分を売る「売電」をすることもできます。二つ目の理由は、「有事の際の備え」です。もし自然災害などで電気が止まってしまっても、太陽光発電があれば、自宅で発電することができますし、電気を蓄えておけば、長期的な停電にも備えることができます。三つ目の理由は、「電力会社への不安感と、環境保全への意識向上」です。

2011年に起きた大震災により、原子力発電所で大きな事故が起きました。それにより、もし公共の電力に何か起きたら自分で何とかするしかないという意識が高まりました。また、原子力発電での事故から、環境に優しい発電方法にシフトするという考えを持つ人も増え、太陽光発電の重要性が考え直されたのです。総務省の調査によると、太陽光発電の普及に伴い、温室効果ガスの排出量が減少していることや、エネルギー自給率が向上していることが分かっています。

太陽光発電のシステムですが、まず、太陽電池モジュールで太陽の光を受けて電気を作ります。この部分が、いわゆるソーラーパネルです。ここで発電された電気が、パワーコンディショナーを通って、直流電流から交流電流に変換されます。その後、屋内分電盤へ行き、発電した電力を各部屋へと供給する、というシステムになっています。”

価格や物件によっては太陽光発電を導入するのが難しいケースも

“自然に寄り添い、環境に優しい発電方法である太陽光発電ですが、導入の敷居は比較的高く、したくてもできないという悩みを持っている家庭も多いのが現状です。その理由は大きく二つあります。一つ目の理由は「初期費用の高さ」です。太陽光発電を導入する際の大まかな目安として、「1kwあたり41万、50万」というものがあります。これは、国や地方自治体からの助成金を考慮した上での目安です。2013年度の情報ですが、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)から給付される補助金には、太陽光発電システムの導入価格が、1kWあたり41万円以下、もしくは50万円以下、という二つの基準があります。補助金のことを視野に入れることがほとんどですので、こういった目安があるのです。

家庭で太陽光発電を導入する場合、3~4kwでの導入が多いです。また、太陽光発電の要であるソーラーパネル以外にも、パワーコンディショナーや発電モジュール、設置架台などの周辺機器も必要になり、初期投資としてはかなりの金額が掛かります。3.5kwの太陽光発電を導入する際の見積もりとしては、おおよそ130~140万円ほどでしょう。この見積もりも、周辺機器にどういったものを使うかで変動します。

二つ目の理由は、「賃貸に住んでいる」というものです。持ち家の場合、太陽光発電を導入するかどうかは自分で決めることが出来ますが、賃貸の場合はそうはいきません。アパートやマンションの管理人が決めることなので、もし導入したくても、屋根の上にソーラーパネルを沢山並べるような大規模なものはできないということがほとんどです。”

ポータブルソーラー発電とは?

“こういった初期費用の高額さや、賃貸ではできないなどで、導入の敷居が高い太陽光発電ですが、そういった難点を解決するのが「ポータブルソーラー発電」です。ポータブルソーラー発電とは、「持ち運び可能な太陽光発電機」のことで、安いものでは5000円ほどで買うことができます。電力会社の送電網とは繋がっていないので、「独立型」と呼ばれることもあります。

屋根にソーラーパネルを並べるような大規模なものとは違い、持ち運びが可能なので、その使い方は多岐に渡ります。USB給電式のものであれば、外で発電をしながら充電をする、ということもできますし、アウトドアでの活用なども出来ます。”

ソーラーチャージャーならお手軽に試せる

“ポータブルソーラー発電に近いものとして、「ソーラーチャージャー」もあります。ソーラーチャージャーには「モバイルバッテリー型」と「折りたたみ型」があり、どちらも導入しやすいというのが大きなメリットですが、それぞれ特徴があります。モバイルバッテリー型は、パネルの面積が小さいため、発電性能も低いというデメリットがありますが、その代わり、小さいため持ち運びしやすく、本体にバッテリーが付いているので小規模ながら蓄電することもできます。折りたたみ型は、大きいため持ち運びのしやすさという面では不便ですし、バッテリーが付いていないので、蓄電するためには別途蓄電器を用意しなければいけないというデメリットがありますが、その大きさから、パネル面積が広く、発電性能が高いという特徴があります。それぞれのメリットデメリットを把握し、自分の目的に合ったものを買いましょう。

こういったソーラーチャージャーは、スマートフォンやタブレット、さらにはノートパソコンやゲーム機などの充電に使うことができます。”

ポータブルソーラー発電のメリット1.登山などのアウトドアにも大活躍!

“ポータブルソーラー発電が活躍するのは、家庭の場や普段使いの場だけではありません。その持ち運びができるという特徴から、アウトドアでの活動でも活躍します。キャンプや登山をするような場所には、当然電気は通っていないので、コンセントのような電源もありません。そういった際に使われるものの一つとして、大容量のモバイルバッテリーがあります。しかし、モバイルバッテリーは電気を貯めておくことしかできません。そういった時に、ポータブルソーラー発電があれば、モバイルバッテリーに充電することはもちろん、他の電子機器に給電することもできます。

また、電気を作る方法を持っておくことは、アウトドアでの活動においては、命を守ることにもつながります。特に登山などでは、スマートフォンが非常に重要です。その理由は二つあります。一つ目は、「なにかが起きた際の連絡手段」としての重要性です。自分自身が遭難してしまったときはもちろん、誰かが遭難してしまったときに外部に連絡する手段を持っておくことは非常に重要です。また、遭難に限らず、様々な問題が起きた際に、連絡手段が無いことは死につながります。二つ目は、「GPSとしての機能」です。GPSを利用することで、自分たちが今どこにいるのか、きちんと目的地へと向かえているのか、そういったことを把握できます。

こういった重要性のあるスマートフォンですが、当然充電には限りがありますし、長期のアウトドアでの活動になれば、大容量のモバイルバッテリーだけでは頼りないでしょう。そういった問題を解決するのが、ポータブルソーラー発電機です。”

ポータブルソーラー発電のメリット2.有事の際も慌てずに済む

“ポータブルソーラー発電は、有事の際にも役に立ちます。地震などの災害による停電時に、大きな助けになるでしょう。災害時には、電力だけでなく、ガスや水道を含めたあらゆるインフラが止まることも考えられます。そういった際に、部屋の照明はもちろん、ガスコンロの代わりにIHクッキングヒーターを使ったり、暖房や冷房に給電したりすることができるので、食事をすることや、部屋の温度を適切に保つこともできます。

もちろん、蓄電していた分がなくなっても、太陽光での発電ができるので、長期的なインフラの停止にも対応できます。また、もし蓄電器が無くても、直接充電することは可能なので、連絡手段として重要なスマートフォンやタブレットなどを適宜充電することも可能です。”

ポータブルソーラー発電のメリット3.賃貸でも気軽に導入!

“こういった、アウトドアのときや、有事の際だけでなく、当然普段から使うこともできます。スマートフォンやタブレット、ノートパソコンのようなものの充電から、部屋の照明や家電などにも使えるのがポータブルソーラー発電の魅力です。そして、太陽光発電の導入が難しい賃貸のアパートやマンションでも使うことができるのも大きな魅力でしょう。建物の屋根に大掛かりなソーラーパネルを設置する必要もなく、ベランダに置いておくだけで発電をしてくれます。

また、気軽に導入できる点は、設置場所に関するものだけではありません。本格的な太陽光発電に比べて、導入費用を大きく抑えることができます。屋根の上にソーラーパネルを並べるようなものの場合、初期費用として、発電に関わるものだけでなく、パネルを設置する架台と、それを実際に設置する工事費、電力を送るための電気配線の工事費など、細々とした出費が積み重なります。それに対して、ポータブルソーラー発電にはそういったものは必要ありません。

設置をする際に問題となる、設置場所や賃貸であること、そして初期費用の高さなどの問題を解決しながら、手軽に太陽光発電を出来るのが、ポータブルソーラー発電の魅力です。”

蓄電できないなどのデメリットも

“そういった、気軽に導入できるというメリットがある一方、デメリットもあります。一つ目のデメリットは、「蓄電ができない」というものです。また、出来ても大きな容量の蓄電は、備え付けのバッテリーでは難しいでしょう。そのため、天気の悪い日が続いてしまうと、本格的な太陽光発電であれば蓄電していたものを使うことで活用できますが、ポータブルソーラー発電の場合は活用することができません。本格的な蓄電をする場合、大容量の蓄電器を別途購入する必要があります。

二つ目のデメリットは、「売電が出来ない」という点でしょう。電力会社に余った電気を売ることは、送電網の切り離された独立型である、ポータブルソーラー発電ではできません。発電したけど余ってしまった余剰分は、蓄電器を購入する他、蓄電器の付いたソーラー発電機を使うことでカバーしましょう。”

蓄電池があればポータブルでも蓄電可能

“大きな蓄電が難しいという問題によって、いくつかのデメリットのあるポータブルソーラー発電ですが、蓄電池を購入することで、そういった問題を解決することができます。蓄電池の導入に際して必要なものは、「充電コントローラー」と、「電気を貯めるバッテリー」です。しかし、蓄電池を導入する前に、いくつか確認しなければいけない点があるので、気をつけましょう。

まず気をつけるべき点は、「どういった充電コントローラーを導入するのか」という点です。充電コントローラーの役割は、バッテリーの過充電や過放電、バッテリーから発電機への電気の逆流を防ぐ役割があります。また、コントローラーによっては、充電時の電力ロスを防ぐ「MPPT方式」というものを導入しているものもあります。

次に気をつけるべき点は、「バッテリーの種類」です。バッテリーには様々な種類がありますが、充電コントローラーやそのほかのシステムときちんと組み合わせられるものでないと、充電電圧の不一致から、満充電ができないといった問題が起きますし、場合によっては機器の故障に繋がります。また、バッテリーへの充電は基本的に直流電流でされます。しかし、直流電流をそのまま利用できる家電は多くありません。そのため、DC/ACインバーターなどの機器を通して、電流を交換、変換する必要があります。”

まとめ

独立型の太陽光発電のメリットは、その導入のしやすさでしょう。屋根に設置するタイプの、本格的な太陽光発電に比べて、初期費用もリーズナブルに済みますし、設置場所に困ることもありません。そのため、本格的な太陽光発電の導入の難しい賃貸のマンションやアパートでも使うことができます。また、ポータブル式なので、屋外に持っていって使うことが出来るなど、幅広い用途で使うことができます。

他にも読まれている記事

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる