愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1085
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1085

あると便利な携帯ソーラーパネル!用途で違う選び方

“タブレットやノートパソコンなどのモバイル端末で出先で作業する人を多く見かけるようになりました。携帯充電器を持ち歩く人もいますが、充電をしておかなければ使い物になりません。スマホにしても、スマホ本体の充電があと残りわずか、しかも、携帯充電器もいつ充電したかわからない、というのでは心もとない思いで出かける羽目になるでしょう。特に登山では電波の入りが悪く、少しでも強い電波をキャッチしようと試みるため、非常に電池の減りが早いのです。

こんなときに、携帯用のソーラーパネルがあれば、太陽光を使ったエコな充電が可能です。万一の災害の停電時にもスマホが使えますし照明代わりにもなる安心感は大きいでしょう。キャンプや登山などのアウトドアシーンでもソーラーパネルが大活躍してくれます。そこで、どんな携帯ソーラーパネルを選べば良いのか、メリットとデメリット、選び方のポイントなどを解説します。”

携帯ソーラーパネルとは何?

“太陽光発電はわりと古くからある発電方式です。一般住宅の屋根に大きなソーラーパネルが設置されているのを見たことがある人は多いでしょう。広い敷地にソーラーパネルをいくつも並べて工業用の電力としたり災害時の電力供給用としたりする施設もあります。ソーラーパネルは誰にでも平等に降り注ぐ太陽光がエネルギー源となりますから、時代に合ったエコな発電方法といえます。その太陽光を有効に利用するために、個人で持ち運べるソーラーパネルが誕生しました。いわばモバイルバッテリー代わりに使える、太陽光で充電できる携帯用のソーラーパネルです。

持ち歩けるよう可能な限り小型化した太陽光パネルを利用して充電が可能です。携帯ソーラーパネルとスマホやタブレットをUSBケーブルでつなげば、電池の残量が回復します。ソーラーパネルの大きさは、スマホ画面と同程度の大きさのものから、A4判の用紙程度の大きさのパネルを何枚かつなげたものまで、さまざまな製品があります。外出先でスマホやタブレットの充電が切れてしまうと、人と待ち合わせても連絡も取れず、知らない場所へ行くにも地図を見ることもできません。

無許可でその辺の電源から電気を借用することは違法行為に当たります。電源の使えるカフェなどを探そうにも肝心のスマホが使えなければたどり着くことすら難しいでしょう。そのようなときに頼りになるのが携帯ソーラーパネルです。太陽光さえあれば発電ができるため、本体を購入すれば、いつでも無料で電力が供給されるのです。”

携帯ソーラーパネルの用途1:アウトドア

“携帯ソーラーパネルが一番役立つのは電気が通っていない場所です。電気のない屋外で存分に威力を発揮してくれるため、持っていて良かったと心底思えるのではないでしょうか。たとえば、登山やキャンプ、ハイキングなどのアウトドアシーンでは、携帯ソーラーパネルがあるとないとでは大違いです。というのも、アウトドアが楽しめる自然の多い場所は、繁華街や住宅密集地と違い、スマホの通信回線の電波の入りが悪いところがあります。移動しながら、常に強い電波をキャッチしようとスマホが自動的に切り替わるためか、目に見えて電池の減りが早くなります。

屋外にいるときに天候が悪くなり、雨雲や雷雲などの動きを調べることはとても重要です。しかし、電気が通っていない屋外ではスマホを充電することすらできません。なるべくエコモードにして電池を長持ちさせなければなりません。そんな心細い思いをしていれば、せっかくのアウトドアレジャーも心底楽しめないでしょう。このようなときに、携帯ソーラーパネルがあれば、スマホの充電の残りが僅かになっても慌てずに対処できるわけです。アウトドアならではの太陽の恵みを有効に利用して充電することができます。

この太陽光発電の便利さを知ると、普段でも太陽の光を活用しないのがもったいないという思いに駆られて、住宅の屋根にソーラーパネルを設置した人もいるほどです。”

携帯ソーラーパネルの用途2:災害時

“電気の通らないアウトドアで携帯ソーラーパネルは威力を発揮すると説明しました。それは、停電になったときも同じです。たとえば、地震、台風、豪雨、洪水などの自然災害時には、突然停電になり数日間復旧せず電気が使えなくなるといったケースが多いです。記憶に新しい大規模地震でも、停電のために街中の信号が消え警察官が交通整理をするなど、何日も停電のまま広いエリアが暗闇に襲われ不安な日々が続きました。携帯の通信事業者は無料Wi-Fiを稼働させるなど便宜を図りましたが、スマホが充電切れではせっかくの無料Wi-Fiも使えません。このような災害時に、携帯ソーラーパネルがあればどんなにか便利でしょう。

スマホの充電ができれば被害状況を外部に伝えて助けを求めることもできますし、情報収集もできます。また、暗闇の移動でもライト機能で足元を照らして安全に歩行でき、画面の微かな明かりでも安心感を与えてくれます。このような状況になったときには、太陽と携帯ソーラーパネルのありがたみを感じるでしょう。低価格の製品もあるので、非常持ち出し袋に入れておくといざというときに慌てずに済みます。”

携帯ソーラーパネルのメリット:節電になる

“携帯ソーラーパネルがあるなら、何もアウトドアだけに利用を限定することはありません。自宅にいるときでも、携帯ソーラーパネルで太陽光を有効利用して蓄電すれば、スマホ、タブレット、ノートパソコンなどとUSBケーブルでつないで電力供給ができます。つまり、自宅に通っている電気を使わなければ、その分の節約ができるわけです。ベランダや窓辺などの日当たりの良い場所に置けば、勝手に充電してくれるのは大きなメリットです。こんなにコストのかからないエコで効率的な発電方法があるでしょうか。よく晴れた日などは、この太陽光を有効に使わないのがもったいないという感覚になる人もいます。

家族の人数が多く、充電しなければならないモバイル機器が多い家庭では、その分充電のための電気料金も多くかかってしまいます。自宅にいる間にもエコでコストのかからないソーラーパネルを有効利用すれば電気料金の節約になるばかりか、電気の大切さに気づくことができたという人もいました。結果的に、家族一人ひとりの電気の無駄を無くそうと努力する意識改革が二重三重の節約効果を生むことになり、電気料金も激減するなど、想像以上の効果があがったということです。”

携帯ソーラーパネルのデメリット1:発電効率が悪い

“何ごとでもそうですが、一長一短、メリットもあればデメリットもあります。携帯ソーラーパネルのデメリットを挙げるとすれば、発電効率が悪いということでしょう。発電効率とは、太陽光をどれだけ電力に変換できるかという意味です。発電効率が悪いため、充電に時間がかかってしまうという点がデメリットとなってしまいます。また、ソーラーパネルを利用した太陽光発電は、雲ひとつない晴天の下と、雲の多い日とでは明らかに発電効率が異なります。いつも同じ環境下で発電できず、天候に左右され、天気が悪い日は発電効率が落ちることもデメリットといえます。しかし、家庭に供給される電力と比べること自体がそもそも無理なのではないでしょうか。

大掛かりな発電装置を使い料金を支払って使える電気と、無料で恩恵を与えてくれる太陽とを一線に並べて比較すること自体がナンセンスかもしれません。発電効率が悪いとはいっても、十分な時間をかけさえすれば、スマホやタブレットなどのモバイル機器のバッテリーにフル充電することは可能です。アウトドアでの利用シーンでは、必ずしもフルに充電することが目的ではなく、むしろ電源のない場所でも太陽光で発電できることのメリットの方が大きいといえるでしょう。”

携帯ソーラーパネルのデメリット2:サイズが大きい

“携帯ソーラーパネルのもう1つのデメリットとして、日常的に持ち歩くには大きい点が挙げられます。というのも、十分な発電性能のある携帯ソーラーパネルは、どうしてもパネルが大きくなってしまいます。これは太陽光をエネルギー源として取り込む以上は仕方のないことです。太陽光を受ける表面積が大きければ大きいほど発電能力は上がります。住宅用の屋根に設置する太陽光パネルでも、生活に必要な十分な発電量を確保しようと思えば、設置するソーラーパネルの枚数は多くなければいけません。

しかし、その分広いスペースが必要になりますし、導入コストもかかります。どこかで折り合いをつけて使用していくことになります。携帯ソーラーパネルも全く同様で、発電量を増やしたいと思うなら、ソーラーパネルの面積が広いもので枚数を多くするしかありません。しかし、携帯性を考えた場合、どこまで増やせるでしょうか。たとえば、大規模なキャンプ場で使いたい場合、車ですぐ近くまで乗り入れができる場所なら、ソーラーパネルが大きくて重くてもあまり気にならないかもしれません。しかし、常に持ち歩くことを考慮するなら、なるべくコンパクトで軽いことを第一に優先するのではないでしょうか。それだけ発電量が落ちることになるのは致し方ないと割り切ることが重要です。”

携帯ソーラーパネルの選び方1:大きさ

“携帯ソーラーパネルを選ぶ際に注目したいのが大きさです。常に持ち歩くのなら、かさばらず重量も軽いコンパクトタイプがおすすめです。携帯ソーラーパネルさえあれば、スマホだけでなくタブレットやノートパソコンでどこでも作業ができるようになります。電源があるカフェを探さなくても良くなるため、作業場所の選択肢はかなり広がります。

タブレットやノートパソコンはかなり軽量化されてはいますが、ある程度の大きさがないと作業しづらいのも事実。これに加えて携帯ソーラーパネルが大きいとバッグの中でもかさばり、バッグも重くなってしまうのでは毎日持ち運ぶこと自体が苦痛になってしまいます。そうならないためにも、携帯ソーラーパネルはコンパクトタイプがおすすめです。本体サイズを抑えるためソーラーパネルの面積は小さめに作られています。幅広のモバイルバッテリーやスマホ程度の大きさです。発電量はやや落ちるものの、出先の非常電源代わりというなら十分ではないでしょうか。使用する機器の台数分のUSBポートがあるかもチェックポイントです。”

携帯ソーラーパネルの選び方2:発電量

“たくさんの機器を同時に使用したいなら、発電量の多いタイプを選ばなければなりません。効率的に太陽光を取り込んで電力を確保するためには、ソーラーパネルの面積が十分な大きさであることが必須です。ただし、携帯性を考えるとパネル本体は小さめにしなければなりません。そこで生み出されたのが、ソーラーパネルを何枚もつなげて連結した折り畳みタイプです。大きめのソーラーパネルが複数枚つながっていて、太陽に向けて広げて使うタイプです。

持ち運ぶ際には折り畳んで収納できます。ソーラーパネルの枚数が多く総面積が広ければ、それだけ発電量は増えます。たとえば、アウトドアで何日も電気のない場所で過ごす場合は、こういった十分な発電量のあるものがおすすめです。折り畳んだときのサイズにも大小があるため、自分が使用したいシチュエーションや持ち運ぶためのバッグの大きさ、総重量なども考えた上で選ぶと良いでしょう。”

携帯ソーラーパネルの選び方3:防止機能

“防止機能とは、携帯ソーラーパネルが危険な状態になることやトラブルを防ぐためのものです。携帯ソーラーパネルを選ぶ際は、過放電防止機能や過充電防止機能が付加されたものを選びましょう。過充電や過放電を起こすと、十分な性能が発揮できず、バッテリーが劣化する原因になります。そもそもバッテリーは消耗品であり、充電を繰り返すたびに徐々にではありますが性能が劣化していくものです。長く使用したバッテリーは満充電をしても、以前よりも電池の持ちが悪くなります。それは、スマホでもノートパソコンのバッテリーでも同様です。

過放電とは、バッテリーの残量が0になるまで使い切り、その状態で長く放置した状態を指します。それに対して、過充電とは、バッテリー容量が100%のフル充電なのに、そのまま電力を供給し続ける状態をいいます。どちらの状態でも、バッテリーが劣化する原因になり得るものです。過充電し続けるとバッテリーに搭載されている小型リチウムイオン電池の発煙や発火、破裂などの危険が伴います。実際にリチウムイオン電池の発火による火災が発生しているため、特に過充電に対しては看過できません。

携帯ソーラーパネルのソーラー充電器のバッテリーも、他のバッテリーと同じ仕組みではありますが、過放電や過充電に対する防止機能が付いていれば安全に使えます。バッテリーの持ちも良くなるため、結果的に防止機能があるものを選んだ方がお得になるといえるでしょう。”

携帯ソーラーパネルの選び方4:変換効率

“ソーラーパネルの性能を表すものとして、比較の際に注目されるのが変換効率です。変換効率とは、太陽光を取り込んでどの程度の割合で電気が作られるかを数値化したものです。つまり、太陽光を100としたときの何割を電気として使えるかを示したのものが変換効率となり、%で表します。発電効率やエネルギー効率と呼ばれることもありますが同じものです。変換効率の数値が高いほど効率良く電気に変換できていることになり、各メーカーは発電技術の研究を重ね、変換効率の数値の上昇を目指しています。

携帯ソーラーパネルの変換効率は、30%程度が限界だといわれています。購入する際は、変換効率の数値の大きなものにした方が効率良く発電ができるため、使うときにも満足できるでしょう。”

携帯ソーラーパネルの選び方5:耐久性

“携帯用のソーラーパネルということは、自宅以外に持ち出して使う人がほとんどでしょう。多くの荷物と一緒に持ち歩いたり屋外で使ったりするケースを考え、頑丈な作りであることが望まれます。ソーラーパネルにヒビが入ったり割れてしまったりしたら使えなくなってしまうからです。とはいえ、ソーラーパネルで太陽光を取り込みたいためにバッグやリュックにぶら下げて、むき出しで使う人が多いのは当然ともいえます。そのため、あちこちにぶつけたり風雨にさらされたりする可能性があるわけです。

そのようなときでも、支障なく使える製品でなければなりません。頑丈で水にも強い耐久性と防水性、砂ぼこりなどでも安心な防塵性の高いものでなければ毎日持ち歩けないでしょう。特にアウトドアスポーツなどを楽しむのでなくても、耐久性の性能が高いものが安心できるのは間違いありません。”

携帯ソーラーパネルの選び方6:充電スピード

充電スピードを基準にして選ぶ方法もあります。充電残量の乏しいスマホを充電せずに寝てしまった場合も「急速充電器」があれば短時間でスマホ本体の充電ができます。携帯ソーラーパネルの場合も、急速充電に当たる充電スピードの数値が大きいものを選ぶと便利です。そういった製品を選ぶ際には電気の出力であるA(アンペア)で判断をすることになります。アンペアが大きいほど充電スピードが早くなります。それも、使用機器により適したアンペアであることが望ましいです。たとえば、スマホ1台を充電するなら1A、タブレットやノートパソコンを充電するなら2Aはほしいところです。さらに、2台以上のモバイル端末を同時に充電したいなら、USBポートも1口ではなく使いたい分だけの数が必要になります。どのようなシチュエーションで使うことになるか想定して自分にとって使い勝手の良いものを選びましょう。

携帯ソーラーパネルの一般的な価格

“携帯ソーラーパネルは、性能や大きさなどによってさまざまな価格帯に分かれています。大体3000~2万円台と幅があります。その価格の差は、性能差といえるでしょう。小型で軽量なものは持ち運びには便利な反面、十分な充電をしようと思うとやや不安な面があります。しかし、いくつもモバイル機器を使用せず、充電残量の減ったスマホの万一のために持ち歩くだけ、というなら低価格のものでも事足りるでしょう。

ただし、電源のない場所でノートパソコンやスマホのテザリング機能を使って作業をしたいというなら、ある程度太陽光を効率よく取り込めるソーラーパネルが大きいものでないといささか不安です。ただし、携帯するためにはあまり大きいのも困りものです。ノートパソコンと同様の大きさに折り畳めるものなら持ち運びもそう気にならないでしょう。そのような大きめの製品は、バッグなどに取り付けて歩きながら太陽光を蓄電するのは難しいものです。屋外の太陽がよく当たる場所で、折り畳んだソーラーパネルを十分に広げて使うことになります。出力も2A以上あれば安心できるでしょう。

しかし、外にいる時に同時にモバイル機器を使うのではなく、十分に太陽光を浴びて蓄電させておきたい場合もあるでしょう。その際は、蓄電機能が付いている製品である必要があります。本体と接続しながら使えても、本体そのものに蓄電不可のものもありますので、よく確認しなければなりません。スマホ程度の大きさの折り畳まないコンパクトタイプが3000円程度です。似たようなタイプの中でも、防水防塵機能のないもの、変換効率が低いものや記載のないものなどもあります。製品の詳細をよく確認して、自分にとっては何が必要かの優先順位を考えて購入すると良いでしょう。

価格帯が高くなればソーラーパネルの枚数も多く、高機能でさまざまな付加価値が付いた製品になります。アンペアも2.0A以上のものがほとんどです。過放電や過充電の防止機能が付いているのはもちろん、変換効率もかなり高い数値になっています。高価格の商品は、曇りの日でもしっかり充電が可能という文言も加わります。高性能のものは、外出時だけでなく、いざというときの災害時にもかなり頼りになるでしょう。”

携帯ソーラーパネルの使い方

“携帯ソーラーパネルは太陽光を当てれば充電できます。登山などのアウトドアで充電するなら、移動中は折り畳み携帯ソーラーパネルを思い切り大きく広げて、リュックの背に掛けるなどして充電することもできます。キャンプ場などではテントに引っ掛けたり地面に置いたりして充電させておきましょう。少しでも効率良く充電したいなら、ソーラーパネルの置き方にコツがあります。住宅の屋根などに見られるソーラーパネルは、斜めに角度をつけて設置されています。同じ量の太陽光を効率良く取り込むためには、太陽の光が射す角度とソーラーパネル面が垂直であることが望ましいのです。

そのため、地面に置くときにはなるべく太陽光が垂直に当たるように下に何かを挟んで角度をつけるのがポイントです。移動中なら、なるべくソーラーパネルの面が太陽に向く側に取り付けると良いでしょう。蓄電機能のないものは、太陽が沈んだ夜には使うことができません。昼間充電した電気を夜使いたいというときは、携帯充電器などを併用して蓄電させておくこともできます。”

携帯ソーラーパネルのおすすめモデル

“携帯ソーラーパネルのおすすめモデルを紹介します。Iusam Direct製のモバイルバッテリー、ソーラーチャージャーはソーラーパネル4枚が連結された折り畳みタイプです。収納時は蛇腹状に折り畳めばスマホと変わらないコンパクトサイズで持ち歩けます。使用時は、4枚のソーラーパネルを広げて効率良く充電できます。変換効率は22%と携帯ソーラーパネルとしては満足できる数字です。USBポートの2口に加えて、Qi搭載でワイヤレス充電もできます。出力アンペアも2.1Aあるため、最大で3台を同時に充電することができます。それだけの高機能でありながら、価格は3999円(税込)でコストパフォーマンスが良いおすすめの製品です。

Anker製のPowerPort Solarも折り畳み式の携帯ソーラーパネルです。こちらは、大きめのソーラーパネルが3枚連結されています。登山リュックの幅にちょうどピッタリサイズなため、リュックの上に取り付けても安定感があります。登山を楽しむ間に歩きながら充電できるのが便利です。折り畳んでも薄くコンパクトに収まるため、荷物の多い登山でも邪魔になりません。変換効率も最大で23.5%あり、出力も2.4Aあるのに対し価格は6999円(税込)と、コスパに優れた商品です。”

 

まとめ

“携帯ソーラーパネルは、さまざまなシーンで活用できる優れものです。スマホやタブレットなどのモバイル機器を出先で使う機会が多い人なら、持っていて損はありません。特に、アウトドアレジャーや災害時など、必要な時に電池切れでは不安を感じてしまうでしょう。救助を要するような場面では、インターネットを介しての発信が命綱になることもあるものです。このように電源が必要なシーンで充電ができるソーラーパネルは、本当に困った時に頼りになる防災グッズにもなり得ます。非常用持ち出し袋に常備しておくのも良いでしょう。

携帯ソーラーパネルは、リーズナブルなものから高価で高機能のものまでたくさんの商品が出ているため選ぶにも迷ってしまうでしょう。自分ならどんな使い方をするか、何を優先したいのか、など用途に応じて選ぶと適切なものが選べるでしょう。”

他にも読まれている記事

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる