愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
971
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
971

太陽光発電マガジン

2016年度太陽光発電メーカー出荷徹底調査

2016年度太陽光発電メーカー

スマートハウスの月間雑誌によると国内で活躍する主要な太陽光メーカー20社を対象に調査致しました。
20社合計の総出荷量は38Gkwと昇り世界の50%を握っていることが分かった。
3年前からの世界からの補助金が伸びています。米国・欧州・東南アジアでも中国製のパネルが圧倒的な人気があるようです。パリ協定の追い風があり太陽光発電はエネルギーの中核となっております。
メガソーラーが落ち着きを見せ想定通りの動きであるが大きな落ち込みがなかった。それ以上は住宅の落ち込みである。市場を訪問の産業用への事業転換が転換し売り上げを保つために蓄電池を提案するも既築部門は未だに停滞している。しかしながら面白い結果が出た。新築との既築集計を取っていると大手ハウスメーカーや工務店はZEHを取り組んでいる。新築の物件に強いハウスメーカーはシャープ京セラに対しその他新しくフロンティアが他社を圧倒しているようです。住宅市場全体ではパナソニック、カナディアン・ソーラー、ハンファQセルズなども人気のようです。既築住宅向けでは3年連続でパナソニックが圧倒している。長州産業もハイブリッド蓄電池も合わせて前年度よりもシャアも広げています。既築市場でシャープ、京セラを超え一時2位となっていた東芝は問題で販売が少し悪化しているようです。

株式会社ヒラソルの売れ行きランキング

第1位パナソニック、第2位カナディアン・ソーラー、第3位ハンファQセルズとなっております。

暑さに負けるな!満開ヒマワリ

 

太陽光発電業界の全体像

メガソーラーではパネルの大きさはさほど小さくなく発電量も発電して価格帯が安く紹介ができるJAソーラーやジンコソーラーが販売を伸ばしています。低圧産業用太陽光ではハンファQセルズ、ジンコソーラー、トリナソーラー、インギソーラーなど圧倒な生産能力が生み出されいるところが価格混戦を相まって上位にランキングしてきています。
新築住宅シャアでは1位シャープ27%、2位京セラ21%、3位ソーラーフロンティア16%、4位カネカ6%、4位カナディアン・ソーラー6%、6位パナソニック5%、6位ハンファQセルズ5%、8位三菱電機4%、9位サンテックパワージャパン3%、10位長州産業2%、10位東芝2%
既築住宅シャアでは1位パナソニック27%、2位長州産業14%、3位シャープ12%、4位京セラ11%、5位三菱電機10%、6位カナディアン・ソーラー6%、6位ソーラーフロンティア6%、8位東芝5%、9位ハンファQセルズ4%、10位サンテックパワージャパン2%となっております。
今現在新築のご自宅はZEHと、既築の住宅はハイブリッドパワコン付太陽光発電などが注目されていくでしょう。

「ド派手な打ち上げ花火ド派手な打ち上げ花火」のフリー写真素材を拡大

今年もPVジャパンが7月5日に開催されました。

住宅用太陽光発電はインターネットと繋がるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の流れに加え、HEMSが重要な役割を果たすことになるでしょう。HEMSとは使用電力量や発電量を把握することで使い過ぎが分かる、築きを与えるだけでなく制御可能な調整が出来るだけでなく照明の明るさなど調節できます。例えば、電気を使いすぎてしまった場合にスマホにプッシュ通知を行い外出先から制御できる機能など、逆にエアコンの電源を入れたり多彩な機能が考えられます。住宅の電力のデータを蓄積することによりAIで自動制御出来たりとよくよくは機械学習も想定しているようです。更に太陽光発電と蓄電池エコキュートを連携させ、天気をデータや生活パターンに合わせて適用できるようになっています。イメージとしては各メーカー共にインターネットで全ての家電を連動させAIによる地域のビックデータを解析し自宅で消費する電力を予想して効率化を図っていくようです。(PVeye8月号の一部抜粋しています)
今まで読んでいただいて分かる通り、太陽光発電を設置していない住宅では蓄電池やエコキュートやHEMS何を付けて頂いてもメリットは半減していますね。夏も中盤に掛かってきましたが、この機会にご検討いただいても良いのではないのでしょうか。

新時代の到来

2040年にはイギリスとフランスで販売できる自動車はガソリン車を禁止しています。トヨタ自動車とマツダが資本提携をして豊田社長が海図なき戦いが始まると仰っておりましたが、自動車業界以外の大企業がライバル企業になってきております。GoogleやFacebook、Amazon、ウーバー等自動車自体を生産していない会社がライバルとなっております。現に日本でもヤマダ電機、ビックカメラなど大手家電量販店が不動産やリフォーム、家具などにも参入してきております。AIとインターネットの出現によりビジネスの垣根がなくなり業種の垣根もなくなりつつあります。電気料金は携帯料金と違い現在量が掛かっているので電気代が定額にならないという声がほとんどです。しかし再生可能エネルギーは機器代の初期投資は要るものの現在量に対するコストは掛かっておりません。冒頭でもお話した通りAIによるビックデータの解析+天気予報による使用消費電力を算出し自宅の蓄電池+電気自動車の蓄電システムを使えば人類の電力のアプローチも変わってくるのではないのでしょうか。発電の現在量が日本では1kw11円+5円人件費=これを下回れば革命ですね。ビジネス的観点からいきなりここをこう言った形に持っていくのは難しいと思います。ある一定の出来る方は他の家の人の分まで発電してメリットを得たお金で月々の生活の収支を楽にしていくことでしょう。

「虚像の夏(フォトモンタージュ)虚像の夏(フォトモンタージュ)」のフリー写真素材を拡大

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる