愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1027
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1027

オール電化は安い?よくある設備と地域別の電気料金プラン

オール電化住宅にすると、現状よりも光熱費が抑えられるのかが気になるところです。オール電化は、さまざまな設備を組み合わせてうまく使うことで、電気料金を安くすることができます。また、利用する時間帯を意識することも大切です。この記事では、オール電化住宅でよくみられる設備や、地域別の電気料金プランについて詳しく解説します。

電気料金が値上がりしている

“2011年に発生した東日本大震災をきっかけに、電力会社が電気料金の値上げを行っています。2012年に東京電力が電気料金単価を値上げしたのを皮切りに、2013年には北海道電力や関西電力など5つの電力会社が値上げしました。さらに、2014年には中部電力なども追随しているのです。オール電化の場合、深夜料金がリーズナブルに設定されているのですが、この深夜料金が電気料金全体の値上げ率の約3倍にもなっています。

さらに、2018年5月からは、再エネ賦課金の単価が上がったことに伴い、電気代も値上がりしています。電気料金は、基本料金と燃料調整額、電力量料金、再生可能エネルギー発電促進賦課金の4つで構成されたものです。基本料金は使用量に左右されない固定額、電力量料金は使用量に応じた料金、燃料費調整額は為替レートの影響を受けた調整額となります。値上がりの原因となった再エネ賦課金は、電気事業者が再生可能エネルギーを買い取るために必要なお金です。

太陽光発電などの再生可能エネルギーは、一度設置することで何度も発電することができます。再生可能エネルギーを普及させるため、太陽光発電などで生成された電気は、電気事業者が固定価格で買い取ることを国が約束しているのです。この買い取り費用は、電気を利用する人が負担することになっており、再エネ賦課金と呼ばれる部分です。電気使用量に応じて支払い額が変わるのですが、その単価が年々上昇しています。2012年度と比較すると、2018年度は約13倍にも値上がりしているのです。これらの背景から、電気料金は値上がりしているといえます。”

オール電化の設備:太陽光発電

“太陽光発電は、屋根に設置した太陽光パネルを利用して発電し、その電気を自宅で使うことで電気代を下げることを目的としたものです。余った電気は電力会社に売ることができます。オール電化は、自宅で使うエネルギーが全て電気なので、太陽光発電との相性がよく、オール電化住宅には太陽光発電が設置されるケースが多いです。

オール電化住宅にすると、ガス料金を支払う必要がありません。また、エコキュートの場合、ヒートポンプ式を採用しているため、電気エネルギーのみと比較すると3倍のエネルギー効率が期待できるのです。さらに、深夜帯の電気料金が割安になるプランを利用することで、1日分のお湯を安い時間帯に沸かしきってしまうこともできます。このように住宅のエネルギーが電力に偏る分、太陽光発電で自家発電と自家消費を行えば、電気料金の節約につながるのです。

また、太陽光発電は、災害時などの停電にも使えるというメリットがあります。停電によって電力が供給されなくなっても自立運転が可能なので、生活に必要な電力をカバーして冷蔵庫やテレビなどの電化製品が利用できます。携帯電話の充電や電気ポットの使用なども可能なので、災害時にも便利です。曇りや雨の日でも発電することができます。”

オール電化の設備:蓄電システム

“太陽光発電がエネルギーを生成するのに対し、蓄電システムはエネルギーを貯めることを目的としています。家庭用の蓄電システムには、リチウムイオン蓄電池が使用される傾向です。コンセントと蓄電システム本体を接続するタイプは、工事の必要がありません。停電時の照明やパソコンなどのバックアップとして利用できるほか、消費電力の多い夏場には、電力を使う時間帯をずらしてピーク時の電力消費量を抑えるピークシフトにも活用できます。一方、系統連系型は配線工事が必要なタイプです。テレビや冷蔵庫などとあらかじめ蓄電システムをつないでおくことで、停電時にバックアップすることができます。蓄電システムは太陽光発電との相性がよく、発電と蓄電両方の働きを兼ね備えたタイプや、太陽光発電と連携できるタイプもあります。

蓄電システムを利用すれば、太陽光発電で作り出した電力の余剰分を、夜間や電力需要ピーク時に回すことができ、電力会社から買い取る電力を減らすことが可能です。その結果、電気代の節約が期待できます。さらに、停電時には、太陽光発電が自立運転によって発電し、蓄電システムに電気を充電してくれるので、昼夜いつでも電気が使えるのです。ただし、蓄電容量には限りがあり、製品によっても異なります。そのため、蓄電残量を意識しておくことが大切です。蓄電システムの設置スペースも確保する必要があります。”

オール電化の設備:エコキュート

“エコキュートは、ヒートポンプ技術を利用した電気給湯器です。ヒートポンプ技術は、室外に設置したファンが吸収した室外の熱を利用して水を温める仕組みです。まず、ヒートポンプユニットが大気中の熱を吸収し、熱交換器の中にある二酸化炭素がその熱を取り込みます。圧縮機で二酸化炭素に圧力をかけ、さらに温度を上げます。高温になった二酸化炭素の熱を、熱交換器で水に伝え、お湯へと変換するのです。このお湯はタンクに約65~90度で貯められます。このように、大気中の熱を使ってお湯を作り出してはタンクに貯めるというサイクルを繰り返す仕組みです。

エコキュートの大きな特徴は、同じ電気給湯器でも、ヒーター式のものと比べるとランニングコストが安いことです。ヒーター式の電気給湯器は、お湯を貯めるタンク内に電気ヒーターが設置されており、そのヒーターの力だけを使ってお湯を沸かします。そのため、発熱効率が悪いのです。また、追いだきの方法も異なります。エコキュートは、浴槽のお湯をポンプでくみ上げて熱交換器の中を通し、温めてから浴槽に戻す仕組みです。そのため、追いだきにはほとんど電気代がかかりません。一方、ヒーター式の電気給湯器は、追いだきの度にヒーターでお湯を温めなおす必要があるため、電気代がかかるのです。”

オール電化の設備:IHクッキングヒーター

“オール電化の場合、ガスコンロは使えません。そのため、調理器はIHクッキングヒーターが一般的です。IHクッキングヒーターには、磁力線発生コイルが内蔵されています。そこに電気を通し、磁界を作り出します。この磁界がフライパンや鍋などを通る時に抵抗が発生し、熱を作り出すという仕組みです。

IHクッキングヒーターは、90%以上の熱効率を誇ります。フライパンや鍋自体が発熱するため、ガスに比べると火力が分散しにくいのです。20度の水を90度まで温めるための時間は、ガスの場合よりも1分以上も早くなり、光熱費の削減につながります。IHクッキングヒーターは、磁石でくっつく素材の調理器具のみ加熱可能です。そのため、衣服や手が当たってしまっても発火する心配がありません。高齢者や小さな子どもがいる家庭でも、安心して使える調理機器といえるでしょう。多くの場合、一定時間が経つと自動で電源が切れたり、温度が高くなりすぎると電源が自動で切れたりする機能が搭載されているため、火災防止にもなります。

また、お手入れのしやすさも魅力です。ゴトクがないため、ふきこぼれても簡単に掃除することができます。加熱に使わないときには、ボウルやまな板などを置くこともできるため、調理スペースが広がって料理を効率的に行うことが可能です。”

オール電化の設備:床暖房

“床暖房は、電気代を節約するために導入するケースも多い設備です。オール電化の場合、エコキュートの床暖房を設置します。床下にパイプを設置し、エコキュートのお湯を流して床を暖めるのです。つまり、ヒートポンプ技術を使って床を暖める仕組みです。床暖房に使うお湯も割安な時間帯に沸かすため、電気代が安くなります。オール電化住宅にする際に、エコキュートを設置しておけば、床暖房を後から設置するときに最低限の費用ですみます。ストーブやエアコン、電気ヒーターに比べるとエネルギー効率に優れているため、ランニングコストの節約にもつながるのです。

また、ストーブのように火を使わないため、火事ややけどの心配もありません。さらに、空気が乾燥したり、ホコリや菌を巻き上げることもないため、赤ちゃんやペットのいる家庭でも安心して使えます。”

電気料金を安くする方法1:電力を見える化する

“電力の見える化とは、モニターを通して電気の消費量がリアルタイムで確認できるシステムを入れることです。これまでは、月に1度請求書をもらったタイミングで消費電力を確認するのが一般的でした。しかし、電力の見える化によって、どの家電がどのくらいの電力を消費しているのか、どの部屋の電気使用量が多いのかなど詳細な情報を把握できるようになります。例えば、エアコンの設定温度を変えると、消費電力がどのように変化したのかなどもすぐにわかるのです。すると、電気の無駄遣いもわかるようになるため、節電に対する意識が芽生えやすくなります。

消費電力は、グラフや数値で表示されます。そのため、消費電力を前月や前日と比較しやすく、使いすぎたことを実感できるのです。また、電力会社によっては消費電力が一定量に達すると、メールなどで通知してくれるサービスもあります。さらに、電力の使用量データをもとに料金プランを試算することで、最適なプランを探すことが可能です。電気を見える化したことで、約10%の省エネができるようになるという結果が、一般財団法人省エネルギーセンターの調査によって明らかになっています。

電力の見える化をするためには、専用の機器を導入する必要があります。機器によっては設置工事が必要となるため、初期費用がかかります。”

電気料金を安くする方法2:昼間の電力使用を抑える

“オール電化用の料金プランは、時間帯によって料金単価が変わる場合がほとんどです。日中はやや割高になり、深夜は割安になります。そのため、電気料金を安くするには、どの時間帯に料金単価が上がったり下がったりするのかを把握しておくことが基本です。そのうえで、日中にはなるべく電気を使わないよう工夫しましょう。普段昼間に使う電気を、なるべく夜間にずらして利用するようにします。洗濯機や食洗機、炊飯器など、タイマー機能がついているものは、夜間の時間帯に完了するよう設定しておきましょう。就寝前にセットしておき、夜中に洗濯や乾燥を終わらせたり、早朝にご飯が炊きあがるようにしたりといった工夫が可能です。

また、エコキュートなどお湯を沸かしたり貯めたりする機器も、昼間ではなく夜間の時間帯に活用しましょう。自動沸き増し機能を設定していると、タンク内の湯量が少量になると日中に沸き上げをしてしまいます。その日にお湯を使う予定がなければ、昼間の自動沸き上げを停止しておきましょう。旅行などで数日間家を空ける場合には、休止モードを設定することも大切です。”

地域別の電気料金プラン1:東京電力

“東京電力のプランは4種類あります。「スマートライフS」と「スマートライフL」は、午前1~6時までの夜間料金が安くなります。エコキュートなど、1kVA以上の夜間蓄熱式機器もしくはオフピーク蓄熱式電気温水器を使用していることが、加入条件です。空調やキッチンなどを電気でまかなっている家庭に適したプランで、関東エリア限定となります。午前1~6時までは17.46円、それ以外の時間帯は25.33円が料金単価です。また、このプランには「住宅設備修理サービス」が付随しています。エコキュートやIHクッキングヒーターなどが故障した場合、50万円までであれば無料で何回でも修理してくれるサービスです。さらに、電気料金1000円ごとに5ポイントが貯まり、電気料金の支払いに利用したり、nanacoポイントやPontaポイントなどに交換したりすることができます。

また、夜間の電気使用量が多い家庭におすすめなのが「夜トク8」と「夜トク12」です。仕事などで昼間在宅しておらず、夜に電気を使う人に向いています。「夜トク8」は午後11~午前7時までが夜間料金となり、20.78円が料金単価です。それ以外の時間帯は、32.14円となります。「夜トク12」は午後9~午前9時までが夜間料金で、料金単価は22.55円です。それ以外の時間帯は、33.76円となります。夜トク12の方が、夜間料金となる設定時間が長いのですが、全体的な料金設定は夜トク8に比べると高めになっているのが特徴です。また、どちらのプランも過去1年間の使用実績に応じて基本料金が設定されます。節約を意識して生活することで、基本料金までお得にすることができるのです。

プランを決める際には、電気を使う時間帯に応じて選択するとよいでしょう。例えば、帰宅時間が深夜で、なおかつ出勤時間が早い場合は夜トク8が、午後9時頃帰宅し、朝の出勤時間がゆっくりの場合は夜トク12が向いています。”

地域別の電気料金プラン2:関西電力

“関西電力のプランは、4種類です。「はぴeタイム」は、午後11~午前7時までが割安になるプランです。また、日中には夏季とそのほかの期間に分けて異なる単価が設定されています。7~9月の夏季は、平日の午前10~午後5時までがデイタイムに設定されており、単価が割高です。そのため、日中は不在がちで、夜間に家事などで電力使用量が増える人におすすめといえます。基本料金は、最初の10kWまでは2160円、その後は1kWごとに388.8円が加算されます。平日は午前7~10時と午後5~11時が23.05円、午後11~午前7時が10.51円、その他の時間帯が31.19円という料金単価です。休日は、午後11~午前7時が10.51円、その他の時間帯が23.05円となります。

「時間帯別電灯」は、午後11~午前7時までの料金がお得になるプランです。平日や休日、季節に関係なく料金は一定なのが特徴です。夜間に電力を使うことが多い人におすすめです。午前7~午後11時は27.44円、その他の時間帯は10.51円となります。昼間の時間帯は、消費電力が増えるほど単価がアップしていくのが特徴です。「季節別電灯PS」は、午後11~午前7時までを夜間時間とし、料金単価が10.51円とお得になったプランです。一方、7~9月の平日は午後1~4時を「ピーク時間」とし、料金単価は53.23円とかなり割高になっています。その他の時間帯は「オフピーク時間」とし、最初の90kWhまでは20.52円です。消費電力が増えていくと、料金単価が3段階でアップします。

「eスマート10」は、午後10~午前8時までが15.08円とお得です。日中は、夏季とその他の季節で単価が異なります。7~9月の平日午後1~4時は37.92円と割高の単価設定となっています。割安になる時間帯が10時間と長めなのが特徴です。さらに、高額になるピークの時間帯の設定ができます。”

地域別の電気料金プラン3:中部電力

“中部電力には「スマートライフプラン」があります。このプランは、3つの時間帯で料金が分かれているのが特徴で、ナイトタイムの料金単価が最も割安です。このナイトタイムをどの時間帯に設定するかによって、3つのプランから選ぶことができます。1つ目は、ナイトタイムを午後10~午前8時に設定するタイプです。

2つ目は、午後11~午前9時をナイトタイムにします。3つ目は、午後9~午前7時がナイトタイムとなります。どのプランも、平日は午前10~午後5時をデイタイムとし、そのほかの時間帯を@ホームタイムとします。さらに、休日はナイトタイム以外の全ての時間帯が@ホームタイムです。

スマートライフプランの基本料金は、2段階になっています。10kVAまでの契約だと、1460円、それ以上の場合1kVAにつき280.8円が加算されるシステムです。料金単価は、デイタイムが38円、@ホームタイムが28円、ナイトタイムが16円となります。”

地域別の電気料金プラン4:東北電力

“東北電力には、7つのプランがあります。「よりそう+シーズン&タイム」は、オール電化住宅の中でも、ヒートポンプ機器を利用している家庭におすすめのプランです。電気使用量がピークになる時間帯に、電気の使用量を制限することができれば、お得になります。また基本料金について、実量契約と主開閉器契約のどちらかを選ぶことができます。「よりそう+ナイト12」は、家事などで朝に家事をして夜はゆっくり過ごしたい人におすすめのプランです。午後9~午前9時までと12時間が夜間料金に充てられています。夜間料金の時間帯が長く夜間8時間の単価が安い分、日中の料金は割高です。そのため、夜間の電気使用量が特に多い家庭に向いています。また、季節ごとにピーク時間帯を設定しています。

「よりそう+ナイト&ホリデー」は、平日の午後10~午前8時までの時間帯がお得になるプランです。また、休日は1日中割安な料金単価となります。そのため、週末に家事をまとめてしたり、ゆったり家で過ごしたりしたい人におすすめです。「よりそう+ナイト8」は、午後11~午前7時の時間帯に割安で利用できるプランです。「よりそう+ナイト10」は、午後10~午前8時までの料金単価が割安になるプランです。どちらのプランも、エコキュートなど、蓄熱や給湯を深夜に行うオール電化住宅にぴったりといえるでしょう。

「よりそう+ナイトS」は、午後10~午前8時までの時間帯が割安になるプランです。日中は、1カ月あたりの電力使用量が200kWh以下だと、定額料金しかかかりません。そのため、電気の使用量が少ない家庭向きといえます。「よりそう+サマーセーブ」は、7~9月の午後1~4時が割高で、午後11~午前7時が割安になったプランです。多くのプランで実量契約と主開閉器契約を選択できます。”

地域別の電気料金プラン5:九州電力

九州電力の「ナイト・セレクト」は、割安になる夜間時間帯を3種類から選ぶことができます。午後9~午前7時、午後10~午前8時、午後11~午前9時の3つです。そのため、生活スタイルに応じて最適なプランを選ぶことができます。また、日中の料金も、休日と春夏が割安に設定されているのも特徴です。

地域別の電気料金プラン6:北陸電力

北陸電力のプランは2種類です。「くつろぎナイト12」は、午後8~午前8時に夜間料金が設定されており、お得な時間帯となっています。日中は季節によって単価が異なり、特に、夏季の平日昼間は割高です。一方、土日祝日の日中は割安な単価設定となっています。そのため、平日の日中は家を空けることが多く、週末の電力使用量が多い家庭に向いているプランといえるでしょう。「くつろぎナイト12+節電とくとくプラン」は、くつろぎナイト12を契約していることが加入の基本条件となります。さらに、北陸電力から指定された時間帯に節電協力すれば、協力した分だけ割引が適用されるプランです。

地域別の電気料金プラン7:北海道電力

“北海道電力の料金プランは3種類です。「時間帯別電灯(ドリーム8)」は、午後11~午前7時までが割安で利用できるのが特徴です。生活リズムに応じて、午後10~午前6時、午後12~午前8時に夜間時間を変更することもできます。ただし、2017年10月31日以降の新規加入は受け付けていません。「ピーク抑制型時間帯別電灯(ドリーム8エコ)」は、11~3月の午後4~6時をピークタイムに設定し、料金が割高になるプランです。ただし、午後11~午前7時までは割安料金となっているため、仕事などで帰宅が遅い家庭だとお得に電気が使えます。また、ドリーム8より日中の料金が安く設定されています。夜間時間は、ドリーム8と同じく3つから選択可能です。こちらも同じく2017年10月31日以降新規加入は受け付けていません。

「eタイム3プラス」は、スマート電化住宅向けのプランに割引が追加されたプランです。12~3月の電力料金が10%割引となるうえ、夜間料金が割安になっています。”

地域別の電気料金プラン8:沖縄電力

沖縄電力の料金プランは2種類です。「Eeホームホリデー」は、午後11~午前7時が割安で利用できる夜間時間に設定されています。平日の午前10~午後5時は、夏季とそのほかの季節で料金単価が異なるのが特徴です。平日のその他の時間帯と休日の午前7~午後11時は生活時間に設定されており、平均的な料金となっています。「Eeホームフラット」は、午後11~午前7時までの時間帯が割安になり、その他の時間帯は割高になるプランです。

まとめ

オール電化住宅で電気料金を安くできるかどうかは、どの設備を導入し、どの料金プランを選択するかで大きく変わってきます。特に、太陽光発電はオール電化住宅の大きな味方といえるでしょう。オール電化住宅を考えている人は、太陽光発電の取り扱いメーカーが豊富なヒラソルに相談してみましょう。

他にも読まれている記事

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる