愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1085
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1085

何が便利なの?オール電化マンションのメリットとデメリット

省エネで環境にも優しいとして、人気が高まりつつあるのが「オール電化マンション」です。さまざまな魅力があるため住みたいと考えている人も多いでしょうが、実はオール電化ならではのデメリットもあるので注意しなければなりません。今回は、入居してから後悔しないよう、オール電化マンションのメリットとデメリットを詳しく紹介していきます。

オール電化マンションとは?

“オール電化マンションとは、使用するすべてのエネルギーを電気でまかなうマンションのことです。一般的な住宅の場合、調理や空調、照明や給湯など生活に欠かせない道具を使用するときは、主に電気やガスを併用しています。ところが、オール電化マンションではすべて電気を使用するため、給湯器や調理器にガスを使いません。たとえば、キッチンならガスコンロではなく、電気によって調理可能なIHクッキングヒーターが設置されています。お風呂などでお湯を使うときは、料金が安い深夜に電力を使ってお湯を沸かし、それをためて日中に使用するエコキュートが主に利用されます。

寒い冬場に必要な暖房も、ガスや灯油を使いません。給湯と同じく、深夜に電気でためておいた熱を日中に放出する蓄熱ヒーターや、温水を床下に張り巡らせる床暖房などが用いられます。どんな設備が備えられているかはマンションごとに異なりますが、電気以外のエネルギーを使用しないという点は同じです。”

オール電化マンションが普及している理由

“生活するうえで必要となる道具を、すべて電気で動かすオール電化マンション。テレビのコマーシャルなどで耳にする機会も多く、気になっている人もいるのではないでしょうか。実は、オール電化の需要は年々高まっており、システムを取り入れた住宅の数は着実に増えつつあるのです。オール電化の普及率を調査している株式会社富士経済によると、オール電化の家は2009年に約330万戸だったところ、2015年には約627万戸にまで増加していました。さらに、2025年までに約939万戸にまで増加すると推定されています。

この数字には戸建てだけでなく、マンションなどの集合住宅も含まれています。オール電化マンションが増えつつある理由として、まず挙げられるのが「電気代の節約」です。多くの世帯が入居するマンションの場合、夜間電力を使用することでマンション全体の電気代を大幅に削減することができます。さらに、お湯を沸かしてためておけるエコキュートを利用すれば、ランニングコストも節約できるのです。使用するたびにお湯を沸かさなければならないガスと比べ、割安な料金で済みます。このほかにも、火災のリスクが低い、災害時に役立つなどさまざまなメリットがあるため、消費者のニーズや関心が高まって普及しつつあるのです。”

オール電化マンションのメリット1:安全性が高い

“オール電化マンションの人気が高まっているのは、さまざまなメリットを得られるためです。その中でも、まず挙げられるのが「安全性が高い」という点です。オール電化マンションではガスを使用しないため、火によって直接火事になってしまうリスクが低くなります。たとえば、ガスコンロの近くでスプレーなどを使用していると引火するおそれがありますし、ヒラヒラした服で調理していると火が燃え移ってしまうこともあります。小さな子どもやペットがガスコンロのスイッチに触れて火をつけたり、火傷をしたりする心配もありません。ガス漏れなども起こり得ないので、非常に安全です。

マンションのような集合住宅の場合、どこかの部屋で火事が起きると被害が一部屋だけでは済まない可能性もあります。隣や上の階などに燃え広がり、大変な被害を招いてしまうおそれがあるのです。部屋の修繕に時間と費用がかかるのはもちろん、ほかの部屋にまで被害が広がれば損害賠償を支払わなければなりません。このようなリスクを避けるためにも、最初から火を使わず安全性の高いオール電化マンションが人気を集めているのです。”

オール電化マンションのメリット2:災害時の復旧が早い

“地震大国として知られる日本では、いつどこで大地震に巻き込まれるかわかりません。毎年やってくる台風はもちろん、温暖化の影響による豪雨や河川の氾濫といった水害も増えてきています。このような災害が起きると、ライフラインが断絶してしまうことも珍しくありません。特に、ガス管は一度破損すると修繕や交換が簡単には進まず、なかなか使用できなくなってしまいます。そんなとき、オール電化マンションなら「災害時の復旧が早い」というメリットがあるので安心です。オール電化マンションには、そもそもガス管が引き込まれていません。災害で近隣のガス管が破損したとしても、電気さえ復旧すればお湯も暖房も使えるようになります。

ガス管は、修繕する際にガス漏れチェックなどをしなければならないため、復旧まで時間がかかりやすいのです。さらに、地中にガス管が埋まっているため、補修や交換作業も簡単にはできません。一方、電気は地上にある架線をつないで修繕するため、ガスよりもはるかに早く復旧できます。もちろん、損傷具合や地域などによっても差はありますが、基本的にはガスと比べて電気のほうが早く復旧するケースが多いです。また、エコキュートがあれば、その中にためてある水を生活用水として活用することもできます。水道管の破損が起きても、トイレを流したり手を洗ったりできるので重宝します。ただし、エコキュート内の水は飲用には適さないため、うっかり飲まないようにしましょう。”

オール電化マンションのメリット3:キッチンの掃除がしやすい

“家事を担う主婦にとっては、「キッチンの掃除がしやすい」というメリットも大きな魅力でしょう。一般的なガスコンロで調理する場合、フライパンなどを乗せるためにゴトクという部品が設置されています。トッププレートとゴトクの間に段差や隙間ができてしまうため、掃除するには毎回ゴトクを取り外さなければなりません。しかも、調理中の油や食材などが飛び散ってゴトクに付着すると、掃除に大きな手間がかかります。火で焦げ付いた汚れがべっとりとゴトクにこびりつき、丁寧に洗わないときれいにならないのです。掃除が面倒になり、汚れたキッチンをつい放置しているという人も多いのではないでしょうか。

オール電化マンションでは、ガスコンロの代わりにIHクッキングヒーターや電磁調理器などを用いて調理します。これらの設備は、フラットなプレートの上に直接フライパンなどを置いて調理するのが一般的です。加熱部とそれ以外の場所で段差などがないため、サッとひと拭きするだけで掃除が済むのです。しかも、プレートはガラスでできているタイプが多く、汚れが付着しにくいので簡単に掃除が終わります。手間がかからないため、こまめに掃除してピカピカのキッチンを維持できるでしょう。”

オール電化マンションのメリット4:光熱費の管理がしやすい

“オール電化マンションには、「光熱費の管理がしやすい」というメリットもあります。ガスを使用している住宅の場合、電気だけでなくガスにも料金が発生します。従量料金のほかに、毎月かならずかかる基本料金も支払わなければなりません。この点、オール電化マンションであればガスを使用しないため、電気の基本料金だけ負担すれば良いのです。特に、基本料金が高いプロパンガスを使用している地域の場合、オール電化マンションに住めば毎月の光熱費を大きく節約できるでしょう。

また、ガス料金の支払い日を気にする必要もなくなります。電気とガス両方を使用していると、料金の支払い日が別々にやってきます。口座引き落としにしている場合は残高不足になったり、コンビニ払いなどでは期日までに支払うのを忘れていたりすることもあるでしょう。請求や支払いが別々だと、家計簿をつけるのも面倒です。この点、オール電化マンションなら、ガスの契約が不要なので光熱費が電気に一本化されます。水道料金は別途管理しなくてはなりませんが、光熱費の項目がひとつ減るだけでも管理は楽になるでしょう。”

オール電化マンションのメリット5:電気料金を節約できる

“電気は、毎日の生活になくてはならないものです。あらゆる家電は、電気が無ければ使用できません。オール電化マンションには、そんな電気の「料金を節約できる」というメリットもあります。一般的に、光熱費の中で大きな割合を占めているのが、お湯を沸かしたり暖房を使ったりするコストです。オール電化マンションの場合、電気料金プラン次第でこれらのコストを節約し、電気料金を低く抑えることもできます。

普段何気なく使っている電気ですが、実は深夜の時間帯は料金が割安になる電力会社が多いのです。深夜は電気を使用する人が少なく、需要に対して供給量が多くなりすぎてしまいます。需要と供給のバランスを保つためにも、電気料金を割安に設定し、できるだけ多く使ってもらおうとしているのです。オール電化マンションでは、深夜の安い電気を使ってお湯を沸かしたり、暖房用の熱エネルギーをためたりして日中に使用します。深夜に安い料金になるプランを契約しておけば、よりお得に電気を使えるというわけです。”

ガスとオール電化の光熱費を比較

“すべてを電気でまかなった場合、ガスと併用するケースと比べてどれくらい安くなるのか気になる人も多いでしょう。まず、ガスを使用しないため、ガスの基本料金や従量料金がかかりません。ガスには都市ガスとプロパンガスがあり、地域や物件などによってどちらを使用しているかが変わります。基本料金はそれぞれのガス会社で異なりますが、プロパンガスは特に基本料金が高いことで知られています。プロパンガス消費者センターによると、基本料金の全国的な平均は1890円です。ただし、プロパンガスはガス会社による基本料金の幅が広く、1500円のところもあれば3000円近くするところもあります。高額の基本料金がかかる地域に住んでいる場合、オール電化マンションにすることで毎月大きな節約になるのです。

都市ガスはプロパンガスよりも基本料金がかなり安くなりますが、オール電化にすることで基本料金をまるごとカットできることに違いはありません。また、中国電力の公式サイトでは、「都市ガスと電気を併用する住宅」と「オール電化の住宅」の光熱費を比較しています。広島市の4LDK住宅で家族は4人など特定の条件下ではありますが、毎月約7000円もお得になるという試算結果が出ています。あくまでもモデルケースであり、オール電化の電気料金プランに適した使用方法を守った理想的な試算ではありますが、これほどの節約効果が得られるのはうれしいポイントです。年間で見ると約8万円もの節約になるので、高い光熱費に悩んでいる場合は検討してみると良いでしょう。”

オール電化のデメリット1:水圧が弱い

“数々のメリットがあるオール電化マンションですが、一方でデメリットの存在も忘れてはいけません。デメリットを知らずにオール電化マンションに入居すると、「こんなはずではなかった」と後悔する可能性もあります。せっかくのメリットを活かすためにも、デメリットを正しく理解しておきましょう。まず注意したいのが、「水圧が弱い」というデメリットです。オール電化マンションの場合、貯水タンクにためた水を電気で温めてお湯にしています。つまり、水道をひねったときに出てくるのは、タンクから出てきたお湯ということです。

ガスでお湯を沸かしている場合、水道をひねると勢いよくシャーッと出てきます。これは、水道の水圧を利用しているためです。タンクからお湯を出すと、水道の水圧を利用できないのでお湯の勢いが出にくくなるのです。急いで洗い物を済ませたいときやお風呂にお湯をためたいとき、水圧が弱いとイライラすることもあるでしょう。水道から直接お湯を使えない以上、こればかりはどうしようもないので弱い水圧に慣れるしかありません。水圧の弱さを把握したうえで、計画的にお湯を使うようにしましょう。”

オール電化のデメリット2:使えない調理器具がある

“料理好きの人の場合、オール電化マンションでは「使えない調理器具がある」という点もデメリットになります。ガスコンロは基本的にどんな調理器具でも使用できるのですが、IHクッキングヒーターは専用の調理器具しか使えないのです。IHクッキングヒーターは、電流を流したコイルの上に調理器具を置き、磁力によって電流を伝えることで熱を発生させる仕組みになっています。調理器具の電気抵抗が大きいほど、流れなかった電流が熱へと変化して調理器具が熱くなっていくのです。つまり、IHクッキングヒーターでは、電気抵抗の大きな調理器具しか使えないということになります。

銅やアルミニウムなど、調理器具にも一般的に使用されている素材は電気抵抗が小さく、電流を素直に流してしまいます。このため、熱がなかなか発生せず、満足に調理できないのです。土鍋やガラスといった金属製以外の調理器具も、そもそも電気自体が流れないのでIHクッキングヒーターでは使えません。今までガスコンロを使用していた人は、IHクッキングヒーターに対応した調理器具へ買い替えなければならないので注意が必要です。ただし、商品によっては特殊な加工を施し、IHクッキングヒーターでも使用できるタイプも販売されているので確認してみましょう。”

オール電化のデメリット3:電気料金が高くなる場合もある

“オール電化マンションは電気料金が節約できるというイメージがありますが、使い方を間違えると逆に「電気料金が高くなる」というデメリットもあります。オール電化マンションは深夜の安い電気を活用してお湯や暖房を利用するため、一般的に夜間の電気料金が安いプランに設定されています。実は、このようなプランは夜間の電気料金が安い分、日中の料金が割高になっていることが多いのです。夜間に動くエコキュートなどの電気料金は安くなるのですが、日中に使用する電気は高くなってしまいます。

調理や掃除、洗濯にテレビなど、日中に電気を使用することが多い家庭は要注意です。専業主婦や小さな子どもなどがいる場合、日中でも家にいることが多く電気をたくさん消費してしまいます。特に、夏場の猛暑を乗り切るために欠かせない冷房は、日中に使えば大量の電気を消費します。また、蓄熱暖房機以外の暖房を使う場合も注意しなければなりません。床暖房やエアコンによる暖房は、夜間ではなく日中の割高な電気料金が適用されてしまいます。エコキュートの床暖房なら夜間の電気で作ったお湯を使うので安心ですが、日中にお湯切れが起きると割高な電気料金でお湯を沸かすことになるので注意しましょう。”

オール電化のデメリット4:湯切れの恐れがある

“ガスを使っている場合、使用する都度お湯をつくるのでお湯が足りなくなる心配はありません。ところが、オール電化マンションでは、タンク内にためたお湯を使い切ってしまうと「お湯切れ」が起きる点も大きなデメリットです。通常、お湯を使うときはタンク内に蓄えられた熱湯と水が混ぜ合わされ、適温のお湯になって出てきます。熱湯を使った分、新しく水がタンク内に補充され、また熱湯がつくられます。つまり、お湯は無限に出てくるわけではなく、熱湯が尽きてしまえばしばらく使うことができないのです。

家族の人数が多かったり、一度に大量のお湯を使ってしまったりすると、熱湯が足りなくなってお湯切れを起こす可能性があります。お風呂をためたものの、入ってみると冷たくて飛び出すという事態にもなりかねません。タンク内の水が熱湯になるまでには時間がかかるため、すぐにお湯を使えずストレスを感じてしまうこともあるでしょう。お湯切れを防ぐためには、お湯を計画的に使うのはもちろん、タンク容量がたっぷりとあるオール電化マンションを選ぶのも大切です。家族の人数によって最適なタンク容量は異なるので、事前にエコキュートのメーカーに問い合わせておくと良いでしょう。”

デメリット対策1:シャワーキャップを変える

“オール電化マンションのデメリットはいろいろとあげられますが、それだけでオール電化を諦めてしまうのはもったいないです。デメリットの内容によっては、うまく対策をして問題を解決できるケースもあります。オール電化を便利に活用するためにも、具体的な対策を知っておきましょう。まず、水圧が弱いというデメリットは、シャワーヘッドを交換することで解消できる可能性があります。水圧が弱くてイライラするシーンのひとつといえば、やはりシャワーです。水圧が弱いまま使っていると、シャンプーなどの泡を洗い流すのに時間がかかったり、体が冷えてしまったりするおそれがあります。毎日これではストレスがたまってしまうので、高水圧のシャワーヘッドに交換しましょう。

シャワーの先端についているヘッド部分は、取り外しが可能です。市販されている高水圧のヘッドに交換すると、水の勢いが増して使いやすくなります。高水圧のシャワーヘッドはひとつひとつの穴が小さく作られており、お湯が出てくるときの抵抗が大きくなっています。これにより、穴から勢い良くお湯が飛び出してくることになり、高い水圧と同じように使えるというわけです。ただし、シャワーヘッドはすべての市販品が使用できるとは限りません。自宅のシャワーと互換性があるヘッドでなければ正しく使えないため、購入前にヘッドの商品説明をしっかり読んで対応しているかどうか確認しておきましょう。”

デメリット対策2:深夜電力を利用する

“日中に誰かしら家にいることが多い家庭の場合、普段の生活で使用する電気料金が高くなる可能性があります。このデメリットは、できるだけ深夜の安い電気を使用することで解決できます。安い電気料金に切り替わる時間帯は、契約している電力会社や料金プランによって異なります。まずはそれをチェックし、掃除機や洗濯機、ドライヤーなどの家電はなるべく遅い時間に使うようにしましょう。ただし、深夜に掃除機などをかけると、近隣の住人と騒音トラブルになってしまうおそれもあるので注意が必要です。

近隣の部屋の生活音がよく聞こえてくるマンションの場合、自分たちの生活音も近隣へ聞こえやすいことを意味します。掃除機や洗濯機など大きな音がする家電を使う場合は、近隣に音が響かないか十分に確認してから使うようにしましょう。防音性の高いマンションなら多少音を立てても大きな迷惑にはならないケースもあるので、深夜の時間帯に掃除や洗濯を済ませるのも選択肢のひとつです。ただ、電気料金の節約を気にするあまり、日中にまったく電気を使わないというのも良くありません。特に、猛暑の夏場に家にいることが多い人は、電気料金を気にして冷房を我慢しすぎるのはやめましょう。熱中症になれば、大切な健康を損なってしまいます。あくまでも、無理のない範囲で深夜電力を利用することが大切です。”

デメリット対策3:追い焚きを減らす

日中の割高な電気料金が気になる場合は、深夜電力を利用することのほかに、追いだきを減らすという対策も有効です。追いだきは、お風呂に入る時間がバラバラな家族にとって便利な機能ですが、実は追いだきや保温にかかる電気料金は高いのです。冷えてしまった水を再度温めたり、冷えないように長時間保温したりするためには、たくさんの電気を消費します。水道代の節約にはなりますが、一方で電気料金は余計にかかってしまうため、節約を目指す場合は利用しないほうが良いのです。体を洗うときは湯船のお湯を使い、お湯が足りなくなってから足し湯をしたほうが安くなるでしょう。お湯が完全に冷めてしまったときは、追いだきをするより一からお湯をためなおしたほうが良いこともあります。お風呂の温度にもよりますが、できるだけ追いだきや保温は使わないように心がけておきましょう。

まとめ

年々ニーズが高まっているオール電化マンションには、ガスを使わないことによるメリットが数多くあります。高い安全性や災害時の復旧の早さ、深夜電力による電気料金の節約などさまざまな魅力があるので、自分が重視するメリットがあれば検討してみましょう。ただし、メリットだけでなくデメリットもしっかり理解することが大切です。水圧や調理器具、日中の電気料金の問題といったデメリットは、場合によってはオール電化を活かしきれない可能性もあります。しかし、デメリットには効果的な対策もあるので、諦める必要はありません。デメリットの内容を理解したうえでうまく電気を使い、オール電化のメリットを最大限に活かしましょう。

他にも読まれている記事

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる