愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1015
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1015

購入する前にチェック!電気温水器のメリットとデメリット

家庭用として用いられる給水器として、太陽光発電を使用するときには電気温水器を選ぶと発電した電力を使える魅力があります。しかし、どんな特徴やメリット、デメリットがあるのかがわからず、導入するかどうかで悩む人も多いでしょう。他の電気温水器との違いや電気温水器の選び方のポイントを紹介するので役立てて下さい。

電気温水器のメリット1.安全

まず電気温水器のメリットとして挙げられるのが安全性の高さです。電気温水器は電気をエネルギー源としてヒーターを使用することにより水の温度を上げる仕組みになっています。家庭でよく用いられているガス給湯器のようにガスを燃やして火で加熱するのとは原理が異なるのです。火を使わないので火事になる心配が少ないのが魅力です。消火や点火なども必要なく、マイコンによるコントロールで温度調節をしているので温度も安定しやすくなっています。また、ガスを燃やすこともないので不完全燃焼により一酸化炭素が発生するリスクもありません。ガス漏れによってガス中毒になる危険もなく、煙などが出る心配もないことから安心して室内でも使える給水器です。また、貯湯式の電気温水器の場合にはタンクの中にお湯を貯めておくことができます。災害などで給水が途絶えてしまったときでも数百リットルの水をタンクから確保できる点でも役に立つでしょう。瞬間式になっているガス給湯器の場合にはない緊急時のための対策になるのです。

 電気温水器のメリット2.コストパフォーマンスに優れている

電気温水器はコストパフォーマンスが高いのもメリットです。電気とガスのエネルギー単価を比べるとガスの方が安かったのは確かですが、だんだんと価格差もなくなって同じような水準になってきています。電力自由化が行われたことにより全国各地で生活スタイルに合わせたプランでの契約ができるようになり、電気代は節約しやすくなっています。この点に着目して上手に使うと電気温水器にした方が安上がりになるでしょう。電力は電気会社との契約プランによっては深夜料金が設定されていて、昼間に比べるとかなり割安な電気料金にすることが可能です。貯湯式の電気温水器の中には時刻設定をして深夜電力を使ってお湯を沸かして保温しておくタイプの製品が多数あります。保温にも電力は必要になりますが、断熱性の高い素材の開発が進んでいる影響であまり待機時の電力もかからなくなってきているのが現状です。そのため、電気会社との契約プランを見直し、このタイプの電気温水器を使えばかなりコストパフォーマンスが上がります。

電気温水器のメリット3.省スペース

電気温水器は他の温水器に比べると省スペースなのもメリットです。製品によってサイズには違いがありますが、電気温水器は本体の設置だけで使えるので設置スペースは狭くてもあまり問題がありません。プロパンガスを使っている場合にはガスの保管庫が必要になり、石油温水器の場合には灯油のタンクと灯油自体を保管するスペースを確保しなければならないでしょう。電気温水器も貯湯式の場合には家庭での使用量に応じて適切な大きさのタンクが必要になりますが、本体内に収められている場合が多くてコンパクトに仕上がっています。もっと省スペースにしたいという場合には瞬間式電気温水器を選ぶことも可能で、タンクがないのでほとんどスペースが必要ありません。住宅スペースが狭い家でも取り付けがしやすい点でも優れているのが電気温水器です。安全性から考えるとガス給湯器に比べて屋内にも設置しやすいのもメリットで、電気温水器にすると設置場所の選択肢も増やせます。

電気温水器のデメリット1.湯切れする

電気温水器にはデメリットもあり、貯湯式電気温水器の場合には湯切れが起こる場合があります。貯湯式電気温水器の場合には深夜電力を使ってお湯を予め高い温度にしておき、日中はそのお湯を少しずつ使って夜になったらまた十分にお湯を確保するといった形で運用するのが特徴です。電気温水器のタンクの容量には限界があるので、突然の来客があってお湯を使う必要が生じたり、シャワーを出しっぱなしにしてしまったりするなど、急にお湯の使用量が増えると湯切れするリスクがあることは否めません。高性能な電気温水器の場合には普段のお湯の使用量を学習して、適量だけお湯を沸かすことにより節電する機能があります。それを知らないで使っていてもっとお湯があるはずだと思って来客時などにたくさん使って湯切れを起こすという例もあるので注意が必要です。お湯が足りなくなっても昼間に沸かし足すことはできますが、深夜料金に比べると昼間料金は高いので経済的な負担が大きくなります。タンクのサイズの選び方や沸かす湯量の調節には気をつけなければならないのが貯湯式電気温水器です。普段から使うお湯の量が大きく変動するような場合には湯切れがいつも心配になってしまうので、瞬間式電気温水器を使うのも良い方法でしょう。

電気温水器のデメリット2.水圧が弱い

電気温水器のデメリットとしてもう一つ覚えておきたいのが水圧の問題です。一般的には貯湯式電気温水器の場合にはガス給湯器に比べると水圧が弱くなってしまいます。貯湯式の場合には水道管から出てきた水をタンクの中に貯めておく仕組みになっているため、水道管から水が出てくるときの圧力を使用できません。ガス給湯器のような瞬間式の場合には水道管から出てきた水を瞬時に加熱して送り出すようになっているため、水道圧をそのまま利用することが可能です。瞬間式電気温水器を用いればガス給湯器と同様に高い水圧を維持してくれるでしょう。水圧が低いとシャワーで身体を洗ったり、蛇口から出てくる水で食器などをすすいだりするときに時間がかかってしまいがちです。水圧を利用して汚れを落としたいような場合に水圧不足で不満を感じてしまう可能性があるので注意しましょう。

電気温水器の選び方1.使用人数

電気温水器の導入をしようと考えたときには家庭に合わせた選び方をするのが大切です。まず重要なのが使用する人数を考慮してタンクの容量を選ぶことです。十分なタンクの容量がないと沸かすお湯の量が不足してしまって湯切れを起こしてしまいやすくなります。しかし、あまりにタンクが大きいとスペースを余計に必要としてしまうだけでなく、無駄にお湯を沸かしてしまって電気代がかかるようになってしまうでしょう。そのため、適切な湯量がどの程度かを考えて電気温水器を選ぶのが肝心です。1人暮らしなら容量150L、家族が2人なら容量200L、家族が3~4人なら容量370L、家族が4~6人なら容量460Lが目安とされています。2人家族の200Lでは浴槽へのお湯はりが1回、シャワーが2回に加えて食器の洗浄や手洗いなどに必要な湯量という形の試算です。お湯はりは通常は100L〜200L程度は必要となるので、節水の観点から1回で家族全員が使用することを前提として目安が選ばれています。お湯を入れ替えたい場合には容量ができるだけ大きいものを選び、必要に応じて沸かし足さなければならないでしょう。また、1日に何回もシャワーを浴びる習慣がある人が多い場合にも気をつけなければなりません。生活スタイルも考慮してタンクの容量を選ぶことも重要なのです。

 電気温水器の選び方2.オートか給湯専用か

電気温水器を選ぶときにはタイプを考えることも大切です。大まかに分けると電気温水器はオートタイプと給湯専用タイプがあります。お風呂を使うときの機能の違いによって分類されていて、オートタイプはお湯はりを自動で行えるのが特徴です。オートタイプはさらにフルオートタイプとセミオートタイプの二種類に分けることができます。フルオートタイプの場合にはお湯を沸かして温度を調節し、お湯はりを行ってくれますが、さらに保温をして数時間は一定の温度に保つことが可能です。湯量が減ってきたときには足し湯もして自動的に快適な状態を保たれるのが特徴です。追い焚きを行うことでお湯の温度をさらに上げることもできます。家族が多くて長時間に渡ってお風呂に入る時間がある場合には特に有用なのがフルオートタイプです。

セミオートタイプの場合には湯沸かしとお湯はりが自動でできるようになっていますが、保温や足し湯などは自動で行われません。高温差し湯で温度を上げながら湯量を増やしたり、足し湯で温度を維持したままお湯を足したり、追い焚きをしたりして自分で自由に湯量や温度を調節できる仕組みになっています。うまく機能を使うことで上手に節約したい家庭に向いているタイプです。どちらも利便性が高いですが、機能が優れているものほど導入コストもランニングコストも高くなりやすいので注意しなければなりません。

給湯専用タイプはお湯を沸かすだけの機能になっているシンプルな電気温水器です。追い焚きなどを行うことはできませんが、導入コストもランニングコストも低くなっています。便利な機能が必要かどうかに応じてどのタイプにするかを考えると良いでしょう。

ガスは劣化が早い?電気温水器とガス給湯器の違い

家庭ではガス給湯器を用いているケースが昔から多いので、ガス給湯器と電気温水器との違いを比較しておくと理解が深まるでしょう。電気温水器はエネルギーとして用いるのが電気なのに対して、ガス給湯器の場合にはガスを使用します。電気温水器は電熱線などを使って電気エネルギーを熱に変換して水を温めることによりお湯を作り出しているのが特徴です。それに対してガス給湯器はガスに点火して火を起こすことにより水を温めています。ガス配管が必要になるだけでなく、ガスの燃焼に伴って生じる煙や一酸化炭素などの除去が必要になるため、給排気のための配管も行わなければならないのがガス給湯器の特徴です。そのため、導入時にはより大きな工事が必要になる場合があります。また、メリットのところで挙げたように火を使うかどうかで安全性にも違いが生じています。

一方、電気温水器とガス給湯器には給湯の仕方にも違いがあります。電気温水器の場合には貯湯式が主流になっているので、タンクにお湯を保温して貯めておき、必要に応じてそのお湯を出すという形が基本です。それに対してガス給湯器の場合には瞬間式になっていて、水道管から流れてきた水を瞬間的に加熱して高温にして送り出しています。そのため、デメリットのところで挙げたように電気温水器の場合には水圧が低くなる場合がありますが、ガス給湯器なら安定した水圧を維持することが可能です。

また、電気温水器とガス給湯器には寿命にも少し違いがあります。一般的にはガス給湯器の寿命は10年〜15年程度ですが、電気温水器の場合には20年程度使用することが可能です。使用環境や使用量による差もありますが、長期的に見ると交換の手間も費用も少なくて済むのが電気温水器と言えます。

お湯を作る仕組みが違う!電気温水器とエコキュートの違い

エコキュートは電気代を節約できるシステムとしてしばしば注目されていますが、電気温水器との違いはあるのでしょうか。厳密にはエコキュートは電気温水器の一種ですが、お湯を作る方法に違いがあるので区別されています。エコキュートはヒートポンプシステムを使ってお湯を作る仕組みになっているのが特徴です。室外機を設置して空気を送り込み、コンプレッサーを使って空気を圧縮して熱を発生させています。そして、圧縮された空気の熱を水熱交換機に送り込み、貯湯タンクに入っている水を温めることでお湯を作り出しているのが特徴です。電力をそのまま熱エネルギーにする一般的な電気温水器とは異なり、空気を圧縮するというプロセスを上手に活用しているのがエコキュートです。電気代はエコキュートの方が安くなりやすいですが、導入コストでは一般的な電気温水器の方が低くなっています。また、室外機の設置が必要になるのでエコキュートの方がスペースを必要とするので導入を検討するときには注意が必要でしょう。

まとめ

電気温水器は他の温水器と違って火を使わないので安全性が高く、電力自由化のお陰でコストパフォーマンスも上げやすいのが魅力です。初めて導入するときには湯切れを起こすリスクがあるなどのデメリットもあることも考慮し、家庭の事情に合わせた機種の選択をするように心がけましょう。便利な機能が付いている機種も増えているので、使い勝手が良くてコスト面でも魅力のあるものを選ぶのが大切です。電気温水器を使うときには太陽光発電を導入すれば発電した電力を使用可能なので光熱費がかなり削減されると期待できます。電気温水器に興味を持ったときには太陽光発電も併用すると高いコストパフォーマンスを発揮してくれるので導入を検討してみましょう。

他にも読まれている記事

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる