愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1028
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1028

オール電化住宅のデメリットとは?お風呂をお得に使う対策法

オール電化住宅にした場合、給湯設備もガス給湯器ではなく、電気を使ってお湯を沸かすシステムに変わります。しかし、オール電化でのお風呂の使い勝手が気になる人もいるでしょう。そこで、オール電化が気になっている人やオール電化への切り替えを考えている人のために、お風呂に与える影響やデメリット、またそれらを解消するための対策法などを紹介します。

オール電化住宅でお湯を作る仕組み

“オール電化住宅では、ガス給湯器ではなく電気温水器やエコキュートなどでお湯を作ります。ガス給湯器は、給湯栓が開かれると自動的にバーナーが着火し、熱交換器を加熱することで瞬間的にお湯を沸かす仕組みでした。必要な時に必要なだけお湯を作れるので、湯切れの心配がありません。浴室やキッチンなど、複数の場所で同時にお湯が使えて、家族が多い家庭や来客がよく来る家庭でも使いやすいのが特徴です。

一方、オール電化住宅ではタンクに貯めた水をお湯に替えます。タンクには電気ヒーターなどが組み込まれており、水道をひねるとタンクの中で温められたお湯が流れて来るという仕組みです。タンクの容量は利用する人数によって変わります。1~2人で使うなら150~200リットル、2~3人なら300リットルほどの容量が必要です。4~5人で使うなら370リットル、5人以上なら460~560リットルほどのタンクを設置する必要があるでしょう。”

オール電化住宅の給湯設備1:電気温水器

“オール電化住宅では、給湯設備として電気温水器が使われることが多いです。電気温水器とはお湯を作る給湯器で、水を貯めるタンクに熱源となるヒーターが組み込まれています。ヒーターが熱くなることでタンクの中のお湯を沸かすという仕組みです。タンク内部の水は常に循環しているため、あまりお湯を使わなくても、水が腐る心配はありません。

なお、電気温水器は主に電気料金の安い深夜にお湯を沸かし、タンクの中に貯蔵します。保温機能のある電気ポットを想像すると分かりやすいでしょう。深夜の電気代は昼間と比べて約3分の1まで下がるため、大量にお湯を沸かしても光熱費が節約できるのです。また、ガス給湯器のように、不完全燃焼などのトラブルを起こす危険もありません。そのため、高齢者のいる家庭でも安心して使用できます。さらに、地震などの災害で水道が止まってしまったときも、タンク内に貯まっているお湯を非常用水として活用できます。”

オール電化住宅の給湯設備2:エコキュート

“エコキュートも、オール電化住宅で使われる給湯設備の1つです。エコキュートとは自然冷媒ヒートポンプ給湯器とも呼ばれます。一般的な電気温水器とは異なり、お湯を作る仕組みにヒートポンプという技術を取り入れているのが特徴です。電気温水器は貯湯ユニットだけでお湯を作りますが、エコキュートは貯湯ユニットの他にヒートポンプユニットも必要になります。ヒートポンプユニットは空気の熱を利用して、お湯を沸かすための機械です。水熱交換機や空気熱交換機、膨張弁、圧縮弁などが組み込まれています。

まず、貯湯ユニットが水を取り込み、温めたお湯を貯め込むところは電気温水器と同じです。一方、ヒートポンプユニット内では、取り込んだ空気で熱され、圧縮されて高温化した冷媒(CO2)が水熱交換機へ運ばれ、貯湯タンク内の水を温めます。熱を伝えた後の冷媒は膨張弁へ送られ、減圧された後に再び空気用熱交換器へ戻されるのです。ヒートポンプはエアコンにも使われている仕組みで、省エネ化に大きく貢献した技術です。そのため、エコキュートは一般的な電気温水器よりも少ない電気でお湯を作れます。

また、エコキュートには学習機能が備わっているものもあるのです。過去の生活スタイルからお湯の使用量などを分析し、使用する湯量だけを沸かします。さらに、給湯器のモニターやリモコンに使用した湯量を表示するタイプなら、より節約を意識して利用することも可能です。できるだけ電気代の少ない時間にお湯を沸かしたい場合は、沸き上げ時間を指定する機能を使うと良いでしょう。2001年に発売されて以降、エコキュートは省エネや節電を意識している家庭から支持を受け、広く普及しつつあります。”

導入コストが安いのは電気温水器

“エコキュートは光熱費こそ抑えられるものの、本体の価格は一般的な電気温水器よりも2倍ほど高いです。そのため、導入コストをできるだけ安くするために、電気温水器を選ぶ家庭もあります。設置にかかる費用は、機種や業者によって異なりますが、電気温水器なら安い機種で5万円ほど、高い機種なら20万円以上かかる場合もあります。一方、エコキュートは貯湯ユニットとヒートポンプユニットを設置する必要があるため、電気温水器よりも費用がかかります。たとえば、370リットルの貯湯ユニットを取り付けるなら、本体価格と設置費用を合わせて60万円ほど必要です。機種やタンクの大きさによっては100万円を超えるケースもあります。

また、エコキュートと電気温水器では、初期費用だけではなく維持費も高くなってしまうのが特徴です。電気温水器の平均寿命は13〜14年ほどですが、エコキュートは普及が始まってから間もないこともあり、十分なデータがありません。そのため、平均寿命がはっきりとしない状態です。しかし、電気温水器よりも構造が複雑なため、故障の確率や交換の頻度を高めに見積もっておいたほうが良いでしょう。できれば10年以内に故障した場合、修理・交換に対応してもらえる保証をつけておくと安心です。エコキュートを導入するなら、保証だけで年間3万円ほどかかると覚悟しておいたほうが良いでしょう。”

電気料金が安いのはエコキュート

“毎月の電気料金を安くしたいのであれば、電気温水器よりもエコキュートが適しています。一般的な家庭の消費エネルギーは、全国的な世帯平均が年間44GJ、そのうち給湯にかかるエネルギーが年間13.6GJです。光熱費はガスや灯油、電気などお湯を沸かす方法によって単価が異なります。このうち、最も光熱費が高いのは電気温水器で、年間13.6GJ消費した場合、電気料金は9万8000円もかかるのです。次に高いのがガス給湯器で、LPガスなら8万1600円、都市ガスなら5万300円です。灯油を燃料とする石油給湯器なら、年間3万4000円まで抑えられます。ただし、灯油の価格は常に変動するため、灯油が高くなれば光熱費も上がるでしょう。

しかし、エコキュートなら4万円弱まで光熱費を抑えられるうえ、灯油のように大きく変動する心配もほとんどありません。さらに、オール電化ならガスの基本料金を支払う必要がなくなります。ガスの基本料金は家族の人数やガスの種類によっても変わりますが、毎月1000~1500円程度が一般的です。オール電化にすると電力の消費量が増える分、アンペア数を上げる必要がありますが、それでも年間で1万円ほど基本料金を抑えられるでしょう。基本料金を含めた光熱費全体を比較すると、都市ガスなら年間2万300円から2万5300円ほど、LPガスなら年間5万1600円から5万6600円ほどお得になるという計算もあります。”

オール電化のデメリット:プラン次第で電気料金が高くなる

“オール電化住宅の大きなメリットは、光熱費を抑えられることです。しかし、一方でいくつかのデメリットもあります。そのうちの1つが、プラン次第で電気料金が高くなってしまうという点です。電気料金のプランにはさまざまな種類がありますが、オール電化住宅の場合、昼間は高く深夜は安いプランが一般的とされています。ただし、家族構成やライフスタイルは家庭によって異なるものです。さらに、5年後のライフスタイルと10年後のライフスタイルが全く同じとは限りません。時間が経つにつれて少しずつ変化していくこともあるでしょう。たとえば、昼間は高く深夜は安いプランなら、電気料金の安い深夜に1日分のお湯を沸かすことで、光熱費を節約できます。

しかし、ライフスタイルの変化によって家族が増えたり、昼間に多くのお湯を使ったりすると、お湯の沸き増しをしなければいけません。深夜以外にお湯を沸かすと割高になってしまうので、同じ料金プランでも光熱費は増えてしまうでしょう。逆に、お湯を使う量が減った場合も、使い切れなかったお湯を保温するために、余分な電気代がかかってしまいます。お湯の使用量は家族や来客の人数、平日と休日、季節などによって変化するものです。しかし、給湯器の交換や移動は簡単にはできません。電気料金を節約するには、ライフスタイルに合った給湯器と料金プランを選ぶことが重要です。”

オール電化のデメリット:水圧が弱い

“オール電化にすると、水圧にも変化が現れます。ガス給湯器の場合は瞬間的にお湯を沸かしながら給湯するため、水道圧の勢いが保たれたまま勢いよくお湯が出ます。一方、電気温水器は一旦タンクの中にお湯を貯めなければいけません。しかし、貯湯ユニットの耐圧には限界があります。そのため、減圧弁で水道水の水圧を減らしてから、貯湯ユニットへ取り込む必要があるのです。水道水の一般的な水圧は500KPa程度ですが、電気温水器の水圧は180KPaほどと、約3分の1まで弱まります。そのため、せっけんやシャンプーの泡を流すのに手間がかかったり、入浴時間やお湯の使用量が増えたりする場合もあるのです。浴室が2階にある場合、水圧がさらに低くなります。

ただし、使用法には個人差があるため、誰もが水圧が低すぎると感じるとは限りません。また、エコキュートには高圧給湯タイプや、水道直圧給湯タイプというガス給湯器と変わらない水圧で利用できる機種もあります。標準タイプよりも本体価格は高くなりますが、浴室が2階以上の高さにある場合は検討してみるのも良いでしょう。価格は安いものなら80万円ほど、高いものは100万円以上と、メーカーや機能によって幅があります。ちなみに、標準タイプのエコキュートは、本体価格の相場が50万円前後です。設置費用や保証の金額まで含めると、標準タイプの2倍以上の費用がかかることも覚悟しなければいけません。”

オール電化のデメリット:修理代がかかる

“電気温水器やエコキュートなど、オール電化住宅に用いられる給湯設備は、修理代金が高額になりやすい傾向があります。代金はトラブルの内容や給湯設備の状態によって異なりますが、1~6万円弱ほどかかる場合が一般的です。部品の交換だけなら数万円で済むこともありますが、給湯設備を丸ごと交換するとなれば、数十万円はかかってしまうでしょう。さらに、業者によっては出張費が発生する場合があります。ただし、保証の期間内であれば、無料で修理に応じてもらえるケースも多いです。給湯設備の故障には大きく分けて初期故障と偶発故障、摩耗故障の3種類があります。

初期故障とは給湯設備を設置してから1~2年目に発生する故障です。設置時の不具合や初期不良が原因で起こる場合が多く、必ずしも使い方に問題があるとは限りません。メーカーの無料保証期間によりますが、修理費用がかからないケースがほとんどです。偶発故障は給湯設備を使い始めてから3~8年ほど経過した頃に起こります。設備が安定してくると同時に、突発的な故障や偶発的なトラブルが起こりやすい時期でもあります。延長保証に加入していれば、この時期でも無料で修理してもらえる場合もあるでしょう。9~15年ほど経つと、給湯設備の寿命が近付き、摩耗故障が起こります。この時期は保証期間も過ぎており、パーツを交換しても別のトラブルが起きる可能性が高いため、取り替えや買い替えを推奨されるケースが多いです。”

オール電化のデメリット:湯切れする

“電気温水器やエコキュートは、タンクの中で沸かした湯を貯めておくシステムです。そのため、お湯を使い過ぎると湯切れしてしまうというデメリットがあります。一度お湯が切れてしまうと、再び沸かすまでお湯は使えません。しかも、お湯を沸かすには時間がかかってしまいます。万が一、日中にお湯が切れてしまった場合は、電気料金が高い時間帯にお湯を沸かさなければいけないため、電気代が余分にかかってしまいます。そのため、お湯を使う人数や季節に合わせて、臨機応変にお湯の量を調節しなければいけません。タンクの大きさと人数が合わず、毎日のように湯切れしてしまう場合は、給湯設備を交換する必要があるでしょう。

電気温水器もエコキュートも、設置するには基礎工事が必要です。さらに、タンクが大きくなるほど重く、設置する場所をとります。住宅の構造や広さによっては、設置できない場合もあるでしょう。家族の人数が6人以上の家庭や、頻繁に来客が訪れる家庭は、大容量の給湯設備でもお湯が足りなくなる可能性があります。さらに、豪雪地帯や寒暖差の激しい地域では、冬になると大量のお湯が必要です。そのため、少人数の家庭でも湯切れを起こすということもありえます。給湯設備を選ぶ際は、使用する人数だけでなく、最もお湯を使う季節の湯量も考慮しなければいけません。”

オール電化のお風呂対策:シャワーヘッドを変える

“給湯設備のデメリットは、対策次第で解消することも可能です。たとえば、水圧の弱さは、高水圧のシャワーヘッドに替えることでカバーできます。高水圧のシャワーヘッドは、通常のシャワーヘッドよりも水が出る穴が小さく、数も少ないです。そのため、お湯が穴から出る際の抵抗が強くなり、シャワーの勢いが増します。また、高水圧のシャワーヘッドは、一般的なシャワーヘッドに比べて当たる範囲が狭く、直線に水が出るという特徴があります。ただし、水の広がり方や水の勢いは、シャワーヘッドによってさまざまです。コンパクトなサイズのものから節水効果が高いもの、フィルターで塩素を除去するものなど、サイズや機能も異なります。

なお、シャワーの種類によってはヘッドの取り換えができないものや、アタッチメントが必要なものもあるので、慎重に選びましょう。シャワーヘッドの使い心地は、使う人によって個人差があります。高水圧のシャワーヘッドの使い心地を確かめてみたいという場合は、一度シャワーヘッドの穴を半分ほど塞いだうえで使ってみましょう。一般的なシャワーヘッドでも、水が出る穴が減れば、シャワーの勢いが強くなります。万が一、水圧が強すぎると感じたときは、水勢を調節できるシャワーヘッドを選ぶと良いでしょう。放射状に水が広がったほうが良いと感じた場合は、ヘッドが大きいものや水流のバリエーションを選べるものにするといった方法もあります。”

オール電化のお風呂対策:使用人数でタンクを選ぶ

“オール電化住宅でお湯を使う場合、湯切れも心配です。なるべく湯切れを起こさないようにするには、人数に合った容量のタンクを選びましょう。たとえ家族の人数を基準に容量を決めても、家族のライフスタイルや季節によっては、想像していたよりも多くのお湯を使う場合もあります。さらに、給湯設備を設置した当初よりも家族の人数が増えれば、それだけお湯の使用量も多くなるでしょう。あまりにも頻繁に水圧が弱くなったり、お湯が足りなくなったりする場合は、給湯設備の交換も視野に入れなければいけません。

給湯設備を交換する際は、まず使用している給湯器の注意書きや給湯器本体に貼られているラベルなどを見て、型式を調べましょう。型式には4桁の数字が書かれており、左側2桁の数字が給湯器の号数です。号数とは水道水の水温に25℃を足した温度のお湯を1分間に沸かせる量を示しています。号数には16号や20号、24号などの種類があり、号数が大きいほど出せるお湯の量が多いということです。たとえば、16号なら水温が5℃のとき、30℃のお湯を1分間で16リットル沸かせます。

号数は家族の人数やお湯を使う場所の数によって変わりますが、1~2人暮らしなら16号、2~3人なら20号、4~5人なら24号が一般的です。ただし、家族構成に関係なく、湯切れの心配がある場合は、使用している給湯器よりも号数が大きいものへ切り替えます。なお、号数は型式ではなく型番や品名に記載されていることもあるので、慎重に確認しましょう。”

オール電化のお風呂対策:追い焚きを少なくする

“適切な容量の給湯設備を選べば、水圧を強くしたり、電気料金を少なくしたりする効果が期待できます。しかし、さらに電気料金を節約したい場合は、追いだきや保温の回数を少なくしてみましょう。電気温水器にはフルオートタイプとセミオートタイプ、給湯専用タイプがあります。フルオートタイプとは浴槽のお湯張りや保温、追いだき、足し湯などを自動で行う機能がついたものです。セミオートタイプはお湯張りまでは自動ですが、足し湯や追いだきは自分で操作しなければいけません。

給湯専用タイプは給湯栓を開くことでお湯を張ります。蛇口に定量止水栓を設置すれば、自動でお湯張りも可能です。フルオートタイプは自動で追いだきや保温をしてくれる便利な機能がついていますが、一方で、ランニングコストがかかるという側面もあります。特に、追いだきや保温を頻繁に行うと、電気料金が高くなってしまうのです。節約のためにはできるだけ追いだきや保温を控え、温かいお湯が必要なときは足し湯を利用しましょう。”

オール電化のお風呂対策:昼間にお湯を貯めない

“オール電化住宅向けの電気代プランは、深夜の電気代が安くなるぶん、昼間の電気代が高くなります。そのため、日中にお湯を使い切ってしまうと、再びお湯を貯めて沸かす必要があるため、電気代が高くなってしまうのです。昼間に湯切れを起こさないよう、計画的にお湯を使いましょう。また、太陽光発電を取り入れるのも、電気料金を節約する方法の1つです。2012年7月に固定価格買取制度が制定されてから、家庭用の太陽光パネルは大幅に値下がりしました。

太陽光パネルを設置できる条件がそろっている場合は、太陽光発電と電気温水器の導入を同時に検討してみるのも良いでしょう。太陽光発電の電力で給湯設備の電力を賄えれば、さらにランニングコストが安くなる可能性があります。太陽光パネルの工事費用や施工にかかる期間は、パネルを置く場所や範囲によっても変わるため、一概には言えません。まずは専門業者に問い合わせて、見積もりをとる必要があります。関東地方や中部地方、関西地方で太陽光パネルの設置を考えているなら、ヒラソルに相談してみましょう。”

オール電化のお風呂対策:季節で設定を変える

季節によって給湯設備の設定を変えるのも、電気代を節約するコツです。暑い夏は入浴時間を短めにする、体が冷えやすい冬はゆっくりと湯船に浸かって温まるなど、お風呂の使い方は季節によって変わります。エコキュートを導入している場合は、メーカーごとに備わっている省エネモードを利用するのが手軽です。あまりお湯を使わない夏は省エネモードに設定するかわりに、冬はたくさんお湯を使えるように省エネモードを切るなど、季節によって設定を切り替えることで、無駄な電気代を減らせます。ただし、省エネモードを設定した結果、日中にお湯が足りなくなったり、頻繁に沸き増しが必要になったりする場合は、多めにお湯を沸かしたほうが節約になる場合もあります。

オール電化のお風呂対策:ピークカット設定を活用する

“オール電化住宅にする場合、電気料金プランを確認し、電気料金の単価が最も高くなる時間帯を把握しておくことも重要です。ピークカット設定ができる給湯設備なら、忘れずに設定をしておきましょう。ピークカットとは、時間帯によって電気料金が変わる料金プランです。水をよく使う時間帯に、あえて電気料金をあげることで、一定の時間帯に使用量が集中するのを防ぐ効果が期待できます。オール電化住宅なら、お湯を沸かす夜間に単価が安くなり、水の使用量が多い日中に単価が高くなるプランが最適です。

また、ピークカット設定をした場合の機能は、給湯設備の種類によって異なります。たとえば、エコキュートには貯湯ユニットの湯量が少なくなると、自動的にお湯を沸かす自動沸き増し機能が備わっている機種があります。しかし、ピークカット設定をすれば、電気料金が高い時間帯に自動沸き増しをしないようにできるのです。ピークカット設定ができる機種なら、忘れずに設定をしておきましょう。万が一、ピークカット設定ができない場合は、ピークになる時間帯よりも早めにお湯の残量を確認し、必要に応じて沸き増しをしましょう。特に、寒い日や来客が多い日など、お湯を多く使いそうな日は注意が必要です。”

まとめ

オール電化住宅のお風呂には、さまざまなメリットがありますが、デメリットがあるのも事実です。デメリットを解消しながら、快適にお風呂を使うために、ここで紹介した対策法を試してみましょう。

他にも読まれている記事

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる