愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1008
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1008

コスパが良い!カナディアンソーラーの特徴と保証内容

太陽光発電を導入するに当たって重要なのが、どのメーカーにするかということ。太陽光発電は安い買い物ではありませんし、細かい点まで詳しく確認してから設置を決めたいものです。

ここでは海外有名メーカーであり、2016年度顧客満足度世界第一位であるカナディアンソーラーの特徴と、その魅力的な保証内容を分かりやすくご紹介します。

カナダの太陽光発電メーカー!カナディアンソーラーとは?

まずはカナディアンソーラーの概要についてご説明していきましょう。

カナディアンソーラーはカナダに本社を置く、世界的に有名な太陽光発電メーカーです。設立は2001年と比較的若い会社ですが、その性能と保証内容で急速な発展を遂げています。導入実績は世界で100カ国以上。2016年度の出荷量は世界で第三位となっています。カナダに1カ所、中国に7カ所の生産拠点を設けることで、大規模な出荷体制を可能にしています。

また、カナディアンソーラーが凄いのは出荷量だけではありません。同じ2016年には顧客満足度調査で世界第一位になっているなど、質量ともに世界トップレベルの実力を持っています。まさに太陽光発電設備を代表する世界的なメーカーと言えるでしょう。

日本国内では2009年に日本法人が設立されており、2017年度の調査では出荷量国内第二位、国内住宅設置数は累計で10万棟達成と日本市場でも十分な存在感を発揮しています。また販売量だけでなく全国に300カ所以上のサービス拠点を設けており、アフターサービス体制を見ても日本有数。それだけではなく電話でも年中無休で問い合わせに対応と、十分な保証体制を整えて販売を行っていることが分かります。

カナディアンソーラーのメリット1.高効率の太陽電池

それでは具体的に、カナディアンソーラーのメリットについてご紹介していきましょう。

太陽光発電を導入する際に最も大事な指標といえば変換効率が挙げられます。変換効率とは太陽光パネルの発電性能を表す数字の一つであり、分かりやすく言えば「ソーラーパネル面積あたりの出力」と考えればよいでしょう。同じ屋根面積でも、変換効率が高ければそれだけ発電量も大きくなるわけです。

実はこの変換効率はメーカーによってバラツキがあり、最低では約14パーセントから、最高では約20パーセントとなっています。

カナディアンソーラーの太陽電池モジュールは業界トップレベル。代表的なモデルであるCS1V-265MSの変換効率は19.59パーセント。同じくCS1K-330MSの変換効率は19.86パーセントと、非常に高い変換効率を誇ります。

カナディアンソーラーの太陽電池が高い変換効率を持つ背景として、ホットスポットリスクを大幅に低減したことが挙げられます。ホットスポットとはソーラーパネル上に落ち葉や鳥のフンなどが影を作ってしまい、発電できない状況が長く続くことでパネルが発熱してしまうこと。これにより発電効率が下がってしまうことをホットスポットリスクというのですが、カナディアンソーラーでは電流値を低く抑え低温稼働させることによりホットスポットリスクを低減させることに成功しました。

何かあってからの保証ももちろん大切ですが、故障が起こる前に対策をしておくという同社の姿勢がよく分かるポイントです。

カナディアンソーラーのメリット2.安価

そうは言っても、導入の際にかかる費用が高すぎては意味がありません。

カナディアンソーラーの第二のメリットとして挙げられるのは、製品自体の価格が安いことです。変換効率が高いのに価格が安いということは、それだけ太陽光発電設備を導入した後の費用回収期間を短くできるということです。また、当然ながら売電収入も大きくなります。費用回収後も金銭面でのメリットが大きくなるわけです。

当然ではありますが、一般的には変換効率の高い太陽電池モジュールは値段も高くなりがちです。メーカーによって製品の特性は異なり、またご自宅の屋根の形状や面積などによって変わってくる面もありますので一概には言えませんが、同程度の変換効率を持つ太陽電池モジュールでは最安値レベルと言えるでしょう。

これはやはり、世界第三位の出荷量によるもの。生産量を増やすことで、製品単価を大きく下げることに成功しているのです。生産量が少ないメーカーの製品は、高性能であればあるほど価格も高くなりがちです。カナディアンソーラーの太陽電池モジュールは大変コストパフォーマンスに優れていると言えます。

カナディアンソーラーのメリット3.寒冷地にも強い

お住まいの地域によっては、せっかく太陽光発電を導入しても風害や雪害で設備が壊れてしまわないかという心配があるものです。しかしカナディアンソーラーのもう一つの特徴として、寒冷地の風雪害にも強い点が挙げられます。

豪雪地帯でも耐えられるように、積雪荷重強度は5400Paを保証。これは、1平方メートルあたり550キログラムの負荷までは重さに耐えられるということになります。建築基準法によれば雪の重さは1立方メートル当たり約200kgとされていますから、550キログラムの積雪というと2.5メートル以上の積雪まで耐えられる計算になります。

また風圧荷重は2400Pa。これはどれぐらいの数値かというと、風速が毎秒60メートル以上の風にも耐えられるだけの設計です。風速60メートルといえば、鉄塔が曲がってしまうレベルの大変な強風です。なお国際認証基準でも耐風圧設計は2400Paとなっており、カナディアンソーラーの基準が安心できるものであることが分かります。

これらの基準を保証しているのはやはり、カナダという寒冷地で誕生したカナディアンソーラーならではのこと。雪が多く自然環境が厳しい土地で実績を積んでいるからこそ、日本国内の寒冷地にも適合した製品を作り出すことができるのです。

カナディアンソーラーのメリット4.アフターメンテナンス可能

そうは言っても、買った時ばかりよくて後々の保証がないのでは安心できません。太陽光発電設備は法定の耐用年数でも17年と、長期間に渡って使うもの。電気は毎日使うものですし、長年使っていれば「故障かな?」と不安になってしまうことはあるかもしれません。しかしご安心下さい。カナディアンソーラーはアフターメンテナンスについても十分な体制を保証しています。

海外メーカーではありながら、カナディアンソーラーは日本国内に300カ所のサービス拠点を設けています。「海外メーカー製品だから、日本では修理できないのでは?」などという心配はいらないばかりか、他のメーカーに比べても十分なアフターメンテナンスを受けることが可能です。

修理やメンテナンスに関してはお客さま相談室に電話すればよく、お客様相談室は年中無休で9時から20時まで対応しています。仕事が忙しい方であっても、万が一の事態に備えて安心して太陽光発電設備を利用することができます。

このように、製品の性能だけではなくアフターサービスについてもしっかりしているのがカナディアンソーラーの素晴らしいところ。この体制が2016年度顧客満足度調査で世界ナンバーワンとなった秘訣だと言えるでしょう。

カナディアンソーラーのメリット5.保証内容が充実

コストパフォーマンス以外にも、カナディアンソーラーのもう一つのメリットとして、製品自体の保証内容が充実している点が挙げられます。

太陽光発電設備を導入するに当たっては、保証内容がどの程度充実しているかは重要な要素の一つ。万が一太陽光発電の設備にトラブルが生じても、保証内容が充実していれば安心できます。

海外メーカーということもあり、イメージとして保証内容に不安を感じるという方もゼロではないでしょう。ひょっとしたらカナディアンソーラーを検討している方の中でも、日本国内で製造された製品でなければ安心できないと思っている方もいるかも知れません。しかしカナディアンソーラーは保証内容が充実しており、国内メーカーと比べても引けをとらないどころか、業界最高水準と言ってもいいレベルの保証を提供しています。

では実際に、カナディアンソーラーが提供する3つの保証内容をチェックしていきましょう。

カナディアンソーラーの保証1.10年と25年

カナディアンソーラーが提供する保証の一番目として、製品10年保証と太陽電池モジュール25年出力保証が挙げられます。

太陽電池モジュールと太陽光発電システムの製品保証は10年間です。カナディアンソーラーの工場は自動車産業向けの品質管理基準であるISO:TS16949を太陽光発電モジュールメーカーとして初めて取得し、JISで定められた試験基準以上の厳しい試験を実施しています。そのため、大変厳密な基準をクリアした製品だけが出荷されています。しかしカナディアンソーラーでは万が一に備え、太陽電池モジュールと太陽光発電システムについては10年間の製品保証を行っているのです。

また、太陽電池モジュールについては10年の製品保証のほかに25年の出力保証が付加されています。最初の1年目に関しては97.5パーセントの出力が、25年目でも80.7パーセントの出力が保証されているのです。

先にも述べたとおり、太陽光発電については法定の耐用年数が17年と定められています。その中で、17年を大きく超える25年目までの期間に渡って出力保証を行うあたりに、自社製品に対するカナディアンソーラーの自信が表れています。なお出力保証25年と製品保証10年は、業界最長となっています。

カナディアンソーラーの保証2.災害補償制度

いくらカナディアンソーラーが製品10年保証と太陽電池モジュール25年出力保証をしてくれても、天災や不慮の人災が発生してしまう可能性はゼロではありません。ご自宅で火災保険に入られていても、保険の内容によって、また太陽光発電システムを設置するタイミングによっては、事故の時に火災保険が適用されない場合があります。それではいざ天災が起こった際に、ご自宅だけではなく破損した太陽光発電の撤去・再設置にも多大な費用がかかってしまいます。しかしご安心下さい。カナディアンソーラーではこの点も保証してくれています。

カナディアンソーラーの太陽光発電には、災害補償制度が用意されています。製品保証と太陽電池モジュール25年出力保証では対象外となる自然災害や事故などについても、万が一の際にカナディアンソーラーが補償してくれるのです。

補償してくれる内容は大きく分けて自然災害と人災。

自然災害では落雷や風災、ひょうや雪災、そして水災によって対象機器が破損した場合に、システム設置完了から10年間に渡ってカナディアンソーラーが補償を約束してくれます。また人災についても火災、爆発、物体の落下による破損や盗難などが発生してしまった場合にも、同様に補償を行ってくれます。太陽光発電のためだけにご自宅の保険を見直す必要がないのは便利で、また安心です。

カナディアンソーラーの保証3.エクストラ保証

そしてカナディアンソーラーにはもう一つ、エクストラ保証と呼ばれる特殊な保証があります。

これは有償ではあるものの、50kW未満の低圧システムを対象に、15年の製品保証を行ってくれるものです。もちろん50kW未満の低圧システムであれば製品10年保証と太陽電池モジュール25年出力保証がなくなってしまう、ということではありません。有償であれば、製品10年保証と太陽電池モジュール25年出力保証に付加してプラス5年の製品保証を行ってくれるということなのです。

なおご自宅用として設置できる太陽電池発電設備は、50kW未満に限られています。それを超えてしまうと電気事業法上は営利目的とみなされてしまい、「自家用電気工作物」になってしまうのです。つまり逆に言えば、ご自宅用として設置する太陽電池発電設備については、カナディアンソーラーが有償で15年まで保証してくれる、ということ。10年保証では不安が残るという場合には、15年保証を選択することも可能です。有償ではありますが、もちろん任意なのでご安心下さい。

まとめ

カナディアンソーラーは世界的に有名な太陽光発電メーカーです。そして単に有名なだけではなく、そのネームバリューはコストパフォーマンスの良さと充実した保証内容に裏打ちされたものであることが分かります。

太陽光発電設備は安い買い物とは言えません。また十年以上の長きに渡って使用するものでもあります。初期費用の安さに目がくらんでランニングコストが膨大になってしまったり、設置した後で発電効率の低さやアフターサービスが充実していないことに気付いても取り返しがつきません。

その点カナディアンソーラーであれば発電効率も業界トップレベルでコストパフォーマンスは抜群。また海外メーカーながら日本国内でのアフターメンテナンス体制も非常に手厚く、安心して設置することができるのです。100カ国以上で販売を行っており、世界顧客満足度ナンバーワンになった実績は伊達ではありません。ご家庭での太陽光発電設備は、ぜひカナディアンソーラーを検討しましょう。

他にも読まれている記事

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる