愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1134
愛知県名古屋発!全国対応の太陽光発電
ヒラソルの施工実績がどんどん増加中!
現在
1134

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリット

太陽光発電システムは日の光を浴びてモジュールのシリコンの中の+とーの粒子の摩擦により直流の電気が発電します。そこからパワーコンディショナーに向かい交流の電気に変換し一般家庭で使える電気になります。
太陽光発電システムのメリットは自宅の屋根の空いているスペースに設置することによって効果が出るという事です。何もしなければ家の屋根を活用することは御座いません。某調査会社によると太陽光発電システムを設置することによって屋根裏の温度が夏場は-5°~-10°温度が下がり、冬場は+5°程温度が上がる調査結果が出ております。それにより家自体の温度が夏場は下がり冬場は上がり空調システムの電力の削減にもなります。
また、スレートの屋根自体に塗装が必要な自宅は直接日が当たる部分がパネルにより光が遮断されますので塗装が劣化するスピードも遅くなります。更に太陽光発電システムの設置する上で1番のメリットは電気を作り余った電力が売れるという事です。またモニタなどを設置する事により自宅の中で自家使用量や売電の数字が見れることにより電力への関心が高まり節電効果へ繋がります。
ヒラソルで設置頂いたお客様は現金の方であれば6~10年、ローンを活用された方であっても7~10年で回収出来ております。という事は、利回りで10%~13%の利回りで運用できているという事です。何もしなければ空いていた屋根を使って資産運用が出来るわけです。更に実物資産という事も有りインフレにも強く電気代が上昇した時でもさらに効果を発揮します。10年以内で資金回収が出来るにも関わらずメーカーのモジュールは25年、周辺機器の保証は15年と余剰買取制度は10年の売電単価保証、全量買取であれば20年の売電単価保証がついております。全世界で再エネ促進は加速しております。自分の自宅の電気は自分で発電すると。近い将来蓄電システムの価格下落により太陽光発電システム+蓄電システムにより更にメリットが期待できます。HEMSにより自宅の家電をインターネットを使い外出先からでも操作ができます。更に電気自動車の普及により太陽光発電システムで発電した電気で自動車を発電し、余った電気は蓄電池に充電します。このような近未来住宅にお住まいになるには太陽光発電システムを搭載しないと始まりません。天候や屋根の形状によってメリットは異なりますが一生電気を買い続ける生活よりも10年でシステム代を回収し、11年目以降は電気代を払わない生活どちらが良いでしょうか。

 

心から喜びを感じるビジネスマン(肥満)

 

太陽光発電システムのデメリット

まずは販売施工店選びを失敗し高額で設置されている方で10年以内で元が取れないという事です。また逆に過剰な相見積により粗悪な部材による工事や技術レベルの低い職人によって雨漏りまではいかずとも施工ミスや太陽光発電システムの系統がしっかりと組めていないことによる発電量の下落、販売施工店の知識の無さが抑制が掛かった場合の電力会社との交渉など挙げられるでしょう。自然災害保険に加入していたとしても、動物による損害は補償されませんので、近くに山や森・林などがある方や家によく鳥の巣・動物の巣がある方は鳥害工事をした方が良いでしょう。また周辺環境の再開発により自身の建物より高い建物の建設により日の光が遮られ発電量が下落してしまうケースもあります。購入した太陽光発電メーカーの倒産によりメーカー保証がなくなる可能性はゼロではありませんが、皆さんもご存じの通り太陽光発電メーカーは大手上場企業ですので社会的責任も考え、事業売却となり事業と保証が売却されるのが通常でしょう。また販売施工店の倒産により施工保証がなくなる事です。ですので、どこの業界でも同じだと思いますが太陽光発電システム市場の競争激化により地元の電気屋さんでは難しい傾向があり、三大都市圏で事業を展開されている所で選ぶお客様が増えております。
施工保証はあくまでマニュアル通り施工した事により使われますので、1番始めからマニュアル通りメーカーの施工IDを持った一流の職人に施工して貰えればそういった心配は無いですね。
ローンをお組になられた方で太陽光発電システムの支払いが出来なくなるかと心配される方もいらっしゃいますが、売電収入が入ってきますのでローンの支払いとは相殺できると思います。ですので団体信用生命保険無しでお組になられる方も多いです。テロ・戦争・水害・地震による損害はご自宅と同じように保証対象外になります。

物忘れが多い牛ガール

 

まとめ

世界的にも原子力発電所の廃炉や建設問題は大手上場企業の資産が全て吹っ飛ぶインパクトがあります。電力自由化に伴い電気代が安くなる事を想像しましたが、廃炉費用も新電力会社も負担することにより一般ユーザーの方が喜ぶ結果にはならないようです。再エネ発電促進賦課金は日本に住んでいる全ての電気購入者が負担しております。しかし住宅用太陽光発電システムが搭載できるお客様は持ち家で屋根が太陽光発電システムに向いている南・東・西(1寸以内の北面)のお客様のみ設置が可能です。始めにリスクを取ることにより将来的にメリットを取って頂けます。経済的観点から考えましても利回り10%以上の実物資産を所有することにより、再エネでの普及を促進できます。

 

大刀洗の平野と日輪

 

他にも読まれている記事

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる

いつでもお気軽にお電話ください

0800-600-1110 メールで問い合わせる